うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

新宿溝口クリニック

オーソモレキュラー栄養療法<br>導入医療機関一覧

医師・歯科医師向けセミナーのご案内

関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。

「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
携帯からアクセス
qrcode
日曜日はベーシックセミナーでした。

JUGEMテーマ:健康

今日はベーシックセミナーの日でした。

通常であれば、会場で開催し皆さんの顔を見ながらセミナーをするのですが、今回はオールWeb配信でのセミナーでした。

このベーシックセミナーを始めた十数年前は、透明のシートに直接書いた資料をスクリーンに投影してセミナーをしていたのですが、今では直接会わずに、さらにライブ配信でセミナーが出来る時代になりました。

 

ベーシックセミナーでは、オーソモレキュラーの基礎となる鉄代謝・タンパク質代謝そして、血糖コントロールについて深く話していきますが、オーソモレキュラーでもう一つ大切な事は栄養の至適量は個人により大きく異なる事、そして生活環境や食生活の変化により個人の中でも、至適量が変わってくるという事です。

 

例えば、自分は普段、ビタミンDを5000IU摂っているのですが、今は10000〜15000IU程度摂っています。

それは今の自分を取り巻く環境の変化により必要量が増えていると考えているからです。

 

ビタミンDといえば、ビタミン学会のある部会で聞いたのですが、ついこの間まで立ってよちよちと歩いていた赤ちゃんが、次の日には立ち上がらなくなりハイハイに戻ってしまった、お母さんが抱っこして立たせても、くにゃっと座り込んでしまう赤ちゃんが増えているそうです。

 

そんな赤ちゃんを調べてみると、足の骨がぐにゃっと湾曲しているそうです。

まさにビタミンD欠乏症の『くる病』が現代においても起きているのです。

 

くる病は、大気汚染が深刻だった産業革命時のイギリスで発見された欠乏症ですが、産業革命は実に18世紀半ば〜19世紀という事は、1760年〜1840年という事になります。

今から約180年以上も前に流行した病気が、栄養の不足はないと言われている現代で、増加傾向にあるという驚きを隠せない現実があります。

現代のビタミンD欠乏は、女性の日焼けに対する意識の高さと何より魚を食べなくなった事にあります。

今は外出も控えている方が多いのでさらにビタミンD不足が加速するのではないかと予想しています。

 

そんな雑談(実際にはカメラに向かって話しているのですが(笑))を踏まえながらセミナーを進めていきました。

今回も沢山の方にご参加いただき大変に感謝の気持ちでいっぱいです。

限られた時間の中で少しでも多くの事を学んで頂きたいという気持ちが今回も強く出てしまい、最後の血糖コントロールまでたどり着きませんでした(笑)

残りは今回のセミナーの動画を編集する時に上手くくっつけてみようと思います。

 

そして、実はセミナーの前日に新しい本の執筆が終わりました。

完成したらまた皆さんにご報告します。

きっと今の時代にぴったりな内容となっているはずです。

 

| ひとりごと | 12:32 | - | - |


オーソフードスタイルと糖質制限や様々な食事療法との違い

JUGEMテーマ:健康

自分は、オーソモレキュラー栄養療法専門のクリニックを始める前はペインクリニックを開設していました。

その治療法は体のどこかに痛みを持っている患者さんに対してブロック注射などをして痛みを緩和するものです。

もちろん痛みの原因はなくなっていないので痛みは繰り返し起こってしまいます。

多くの対症療法はこれを繰り返すのですがオーソモレキュラーに出会った当初は何とも不思議な気持ちになる事が多かった事を思い出します。

 

例えば、鬱で悩んでいた女性患者さんが、栄養療法で薬を飲まなくても良い状態になり、これまで考えてもみなかった「結婚したい」「子どもがほしい」という気持ちが出てきたりするのです。

また、抗がん剤や放射線、手術で元気がなくなっているがん患者さんも、高濃度ビタミンC点滴を行うと段々肌の色艶が良くなってきます。すると奥さんが、私も一緒に治療して欲しいとおっしゃるんです(笑)

がんの治療で「私も一緒にやりたい」なんて他の治療法では考えられない事だと思います。

オーソモレキュラーに出会って、これまでに味わった事のない医師としての充実感や、やりがいをこの治療で感じさせてもらいました。

ご夫婦でニコニコしながら点滴をしている姿を見ると、医師としてこの治療法に出会って本当に良かったなと思います。

 

栄養療法は食事の内容も大切というのはこのブログでも何度もお伝えしていますが、よく糖質制限などと間違われる事があります。

オーソモレキュラー栄養療法でお伝えしている食事は「オーソフードスタイル」です。

 

オーソフードスタイルとは

 

1.タンパク質、ビタミン、ミネラルの確保

2.脂質の重要性とバランス

3.血糖コントロール

4.食物繊維による腸内環境整備

5.アレルゲンへの対応

6.アルコール、カフェインの明と暗

7.加工食品、食品添加物への留意

 

この7つのコンセプトで成り立っています。

 

患者さんへ説明するときは「主食でおなかを満たさずに、おかずでおなかをいっぱいに」とお伝えしています。

「糖質制限」と聞くと、主食を抜くことだけをイメージされる方が多いと思います。

また、「お肉だけ食べれば良い」、「野菜にも糖質が含まれるので食べなくても良い」といった断片的に広まってしまった情報もあります。おかずメインでおなかを満たすことで、タンパク質やビタミン、ミネラル等不足しがちな栄養素を補う食事だと理解をして頂きたいと思います。

「食事では十分な栄養が摂れないのでは?」という声が聞こえてきそうですが確かに食事から摂れる栄養では理想的な状態を達成するための必要量には到底届きません。

ですが、その少しでも自然の形で含まれている事が消化や吸収にとても大きく関わっていきます。

 

オーソという名前には「最適化」というニュアンスが含まれます。

オーソフードスタイルは栄養や血糖を最適化する食事といえます。

また、脂質のバランスを最適化することで、私たちの身体の色んなトラブルが良い方に向き始めるきっかけを作ります。

 

そして腸内環境もとても大切ですね。どんなに良い栄養を取っても、吸収できなければ改善には繋がりません。

糖質制限で食物繊維の糖質まで気にして制限をしてしまう方がいますがこれは本末転倒になってしまいますね。

「食」は体を作る科学的な部分だけではなく、楽しみや文化という面も持ち合わせています。

栄養の素晴らしさや重要性を知った上で、自分の嗜好や体調に合わせて食事を楽しみながら調整していける方が増えていけば良いな思います。

| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 16:52 | - | - |


タンパク質と脂肪酸組織

JUGEMテーマ:健康

オーソモレキュラー療法を治療に取り入れる際に、食事内容の改善とサプリメント飲んでもらうのですが、ほとんどの方にタンパク質を多く摂ってもらうよう指導をします。

ついサプリメントに集中しがちですが、今回は動物性タンパク質について書いてみようと思います。

よく、「牛肉は脂がよくないから食べない方がいい」「鶏肉の方がいい」など色々と聞きますが、よく口にする豚肉、牛肉、鶏肉を、アミノ酸のかたまりであるタンパク質としてみると、どの肉もアミノ酸組成に大きな違いはありません。つまり、タンパク質としての性質には大差がないのです。

そしてこのアミノ酸組成は、人間のアミノ酸組成にも近く、植物性タンパク質と比較して利用効率が高い食材です。

では、豚、牛、鶏の違いは何でしょうか? それは含まれている『脂肪酸組成』です。

 

豚肉、牛肉と比較して鶏肉は、リノール酸を多く含んでいます。つまり鶏肉は、ω6系(n-6系)リッチな肉であるといえます。

ω3系(n-3系)の脂肪酸の有効性が知られ、ω3/ω6をできるだけ高く保つことを推奨されていることを考えると、鶏よりも牛や豚を多めにすることが、科学的に理にかなっています。

 

そして脂肪酸の視点から見ると、背の青い魚に勝るタンパク源はありません。

必須脂肪酸の組成が強く関与している生活習慣病、がん、アレルギーの患者さんには重要な考え方になります。

次に大切なことは、タンパク質の必要量を満たすということです。

成長期だけでなく、病気を治したり、アンチエイジングのためには、通常よりも多くのタンパク質が必要になります。

個人差があるのですが、一般的に健康な成人男性でおよそ1日60gのタンパク質が必要と言われていますが、病態改善やアンチエイジングには、それ以上のタンパク質が必要になるのです。

 

多くの患者さんは、健康なときと比較してタンパク質の必要量が多くなります。

なので、タンパク源としては利用効率のよい動物性タンパク質と積極的に摂って欲しいのです。

そして十分なカロリーを摂らないと、食べたタンパク質の多くがカロリー源として消費されてしまいます

食事指導をする上で、必要なカロリーとタンパク質の摂取が最重要になるのです。

 

さらに脂肪酸の比率を考慮すると、肉としてはリノール酸の少ない豚や牛を中心にし、できるだけ青身の魚も食べることが重要です。肥満気味であったり、脂質異常症などの場合には、EPAをサプリメントで摂取することをお勧めするのがとても重要になります。

また、胃腸の調子が落ちていて、肉を増やすと不快になる場合には、消化酵素の併用も重要です。

大根おろしや酢、レモンを絞ったりするのもいいですね。

 

2015年度版から、「厚生労働省の日本人の食事摂取基準」では、タンパク質に関して、従来よりも多くの摂取を勧める表現になりました。

 

適切なタンパク質代謝の維持は、病態の改善に必須の条件なのです。

いかに食事指導が大事かが分かるかと思います。

| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 12:30 | - | - |


募集開始

JUGEMテーマ:健康

代表理事を務めている一般社団法人の養成講座が募集開始しました
養成講座にはプロフェッショナルと一般の方でもしっかりと学べるエキスパートの二種類を用意しています。
どちらも栄養のプロを育成するために作った養成講座です。
最近では、TVだけでなくネットからも健康や栄養に関する多くの情報が溢れています。
これらの情報には科学的に疑問を持たざるを得ないものも多くあるのですが、一番、懸念を感じるのは、栄養量に個体差がある事を考慮されていないという事です。
実際には、栄養の必要量には大きく個人差があり、欠乏症の症状が出ていなくても栄養が足りていない事で起る症状があるという事です。
オーソモレキュラー栄養療法では『人は食べ物でできている』という考えがベースにあります。
この事は誰も否定ができない事実であり、自分の身体は食べ物によって構成され動かされています。
そしてこれは未来の自分をつくる事にも繋がり、自分にとって最適な食事へ変える事は、未来の自分を変える事ができることを示していると思っています。
おかげさまでこの養成講座を受講してくださる方も年々増え、初めは医療従事者の方に向けて作った養成講座ですが、一般用のエキスパートを作ってからは、エステやスポーツトレーナー、そして家族の健康を守りたいと主婦の方まで広い方が受けて下さるようになりました。
特に仕事で生かそうと思っている方には、患者さんやお客様から、「疲れがとれるサプリメントを紹介してほしい」と言われたら、何をお勧めしますか?そして、「それはどうして疲れがとれるのですか」と聞かれたときに、作用機序を説明する事ができますか?
患者さんやお客様は、人の健康に関わる医師・看護師・薬剤師そして健康に関わっている職業の人達を、栄養の知識が豊富だと思っています。ところが、自分の大学時代の講義を振り返ってみても、食や栄養に関する講義は乏しく、現代の栄養に関する膨大な情報を正しく評価し、専門家としてアドバイスする事は中々困難な事だと感じています。
オーソモレキュラー栄養療法で用いる主役はもちろん食事とサプリメントなので、医師だけでなく人の健康に関わる様々なチームが必要になります。
栄養素のもつ薬理作用を理解することにより、適切な指導が可能となるのです。
実際、私がカナダのビクトリアにこの治療を確立したホッファー医師を訪ねたとき、必要な栄養素の作用や予想される変化については、サプリメントを販売する薬局の薬剤師が説明していました。
この養成講座を受講してくださる多くの方が、従来の投薬や治療法そして溢れている健康法に疑問や限界を感じた方だと思います。
身体に吸収された栄養素がどのように作用して病気の改善に役立っているのか、オーソモレキュラーを学んでいくと、人の身体が本来持っている精密なホメオスタシスが介在する事に気づかされ、感動する事でしょう。
沢山の事を学んで欲しい気持ちからプロフェッショナルはもちろんエキスパートもテキストはどうやら中々の内容のようです(笑)
今年も沢山の方に頭を抱えて頂き栄養の素晴らしさと向き合ってもらいたいと思っています。
| その他お知らせ | 08:20 | - | - |


『Crude(天然)なPrecursor(前駆体)』である理由

JUGEMテーマ:健康

このブログでも何度もお伝えしていますが、オーソモレキュラー栄養療法では、治療で用いる栄養素はできるだけ天然物か天然に存在するものに近い組成で調整したものを使います。
栄養療法で最も大事な事は『Crude(天然)なPrecursor(前駆体)』である事です。
つまり、栄養素(サプリメント)は活性化されていない状態の、天然に近いバランスで補充することが重要なのです。
さらに栄養療法では、いわゆる国の定めている一日あたりの摂取量を大きく上回った量を摂ってもらうのですが、多くの方が水溶性の栄養素に関しては、尿から排泄されるので過剰症の心配はないと認識していますが、脂溶性ビタミンは過剰症が心配と感じている方が多くいらっしゃると思います。
栄養の専門家でもこのように理解していることが多いと思います。
脂溶性の栄養素といえば、ビタミンA・D・E・Kなどが脂溶性ビタミンと言われます。
それぞれ薬理作用を有しているので、病態改善のために処方薬として使われることも多くあります。
薬剤なので保険が適用されとても良いのですが、ビタミンなどの作用を薬剤として期待して合成するときには、CrudeなPrecursorとは真逆でなければ、薬剤として認められないのです、『天然ではなく活性化されている』という事です。
例えば、脂質代謝障害や循環改善を目的に処方されるビタミンEについて、具体的に見てみましょう。
処方で使われるビタミンE製剤の一つである『ユベラN』と天然のビタミンEに含まれるα-トコフェロールはどう違うのか。
トコフェロールは、クロマン環にイソプレノイド側鎖が結合したものが基本構造になります。
イソプレノイド側鎖にも生理活性がありますが、クロマン環のフェノール性-OH基が抗酸化作用としては重要な役割を持ちます。
ビタミンEの代表的な生理作用である抗酸化作用は、この-OH基の水素原子が引き抜かれることによって生じます。
つまり-OH基の水素が引き離され醋酸がエステル結合しているユベラやニコチン酸がエステル結合している『ユベラN』には
天然のビタミンEのような強い抗酸化作用は期待できないという事になります。
抗酸化作用についてはエステル化によって著しく減弱します。
また、α-トコフェロールは天然のビタミンEの一つですが、処方可能なビタミンE製剤は、すべてdl-α-トコフェロールという合成されたものだけが処方可能となります。
天然のビタミンEには、トコフェロールとトコトリエノールの2種類があり、それぞれにα・β・γ・δの4種類の同族体があるため合計で8種類存在します。
つまり天然のビタミンEは8種類の同族体として存在していることになります。
そしてそれぞれが調和して作用している事がとても重要なのです。
単独で尚且つ合成されているビタミンEはとても不自然な形と言えます。
今回の新型コロナで多くの方に知られる事になったビタミンDも同様に、天然では活性をもたない又は、活性が低い前駆体として数種類が混じり合い存在しているのです。

ビタミンD3製剤は薬剤の分野では、古くから骨粗鬆症の治療薬として利用されてきました。
その場合には、活性化されたビタミンD3である1,25-(OH)2-D3に近い構造になります、
そのため副作用として高カルシウム血症が生じやすく異所性石灰化などの原因となり注意が必要です。

天然の魚油などに含まれるビタミンD3は、25-(OH)-D3であり活性をもたない前駆体です。
前駆体として摂取し、必要な組織や細胞に運搬されその場で必要な量だけが活性化されるため、副作用を心配することなく摂取することができるのです。
ビタミンDはシイタケやキクラゲに含まれていることは知られていますが、古くから人がビタミンDを摂取していたのは、魚の内臓だと考えられています。
魚を食べる機会が減ってきた現代でビタミンDがたりている方はほとんどいません。
これまで多くの患者さんのビタミンD濃度を診て来ましたが、お一人だけサプリメントの服用なしで血中のビタミンD濃度が十分にある方がいました。
その方は、毎日毎食たくさんの魚を何十年も食べている方でした。
魚の脂にはビタミンDだけでなくビタミンA、EPA、DHAなどが多く含まれています。
それらが相乗的に作用している事からCrude(天然)を重視する場合には、ビタミンDの原材料は魚油であることが望ましいのです。
誤解の多い脂溶性ビタミンですが過剰症について書かれているもののほとんどが合成されたビタミンについて書いてあるものばかりです。
また、合成されたビタミンも含みビタミンEやビタミンAなどの総称になっている事も混乱を招く問題だと思っています。
Crude(天然)なPrecursor(前駆体)であれば何も心配はいらないのです。
| サプリメント | 08:58 | - | - |


| 1/261PAGES | >>