うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
熊本出張レポート

JUGEMテーマ:健康

 

玄米80%、グルテン20%で、美味しいパンを作ることは出来ました。

ところが、小麦グルテンが健康にとって負担になることを知りました。さらに小麦のアレルギーはときに命に関わる重大な問題であることを中九州クボタのスタッフの方々は認識しました。

 

グルテンフリーという表示は、海外では10〜20ppm以下であるときに許可されています。

グルテンによって影響が生じるのは、10ppm以上であることが多いため、最近では10ppm以下をグルテンフリーとすることが増えてきました。

ここで下町ロケットのモデルにもなったクボタさんは、良い意味での”くそ真面目”ぶりを発揮します。

どんなに倉庫や工場を清掃しても、製造ラインの機械を洗浄しても、100%グルテンフリーの玄米パンや玄米パスタの原料を作ってみると、10ppm以下であっても必ずグルテンが検出してしまいます。市販されているグルテンフリーのパンやパスタも抜き打ちで検査すると、やはり基準値以下であってもグルテンが含まれていることが分かったのです。

 

そこでクボタさんの対応は・・・・

倉庫、工場、製造ラインの全てを新しく作ってしまったのです。

これが2018年のことでした。

小麦を入れたことがない倉庫倉庫です

厳格な衛生管理でした久々厳格な衛生管理

管理部長の井上さんが説明してくれました管理部長の井上さんが説明してくれました

 

その後、スムーズに100%グルテンフリーのパンやパスタが作れたのか・・・苦難の道のりだったそうです。

玄米を粉末にして米粉にして原材料にしようとしたところ、粉にする過程で高熱になる過程もあり、その結果として酸化が急激に進んでしまいました。これではせっかく玄米がもっている栄養面での優れた性質を失ってしまいます。

次に考えたのがペースト状に加工することでした。

つねに水とともに玄米を粉砕することで、温度を45度以下に保つことが可能になりました。

ところがペースト状になるため抵抗が強く、有名なドイツ製の機械でも対応ができません。いろいろ調べたところ、食品加工とは全く関係のない業種の粉砕機を用いることで8ミクロンの粒子までサイズを小さい玄米粉を含んだペーストができました。

一般的な上新粉で30ミクロンなので、この玄米ペーストに含まれる玄米粉がいかに小さいか分かります。

 

これでやっとパンやパスタの材料となる玄米ペーストができあがりました。

ところが、美味しいパンやパスタをこの材料が作ることが出来ないのです。

 

この先は、また次のブログで紹介します。

 

 

 

| ひとりごと | 21:38 | - | - |


熊本出張レポート

JUGEMテーマ:健康

 

下町ロケットというテレビドラマでは、トラクターを作る真面目な企業が取りあがられていました。

そのドラマのスポンサーにもなっていましたが、トラクターのクボタがモデルになっているようです。

 

今日は、日帰りで熊本にある中九州クボタさんを訪ねてきました。

中九州クボタさんは、真面目にお米や野菜などを作っています。

中九州クボタの西山社長さんから、なぜトラクターのクボタがお米や野菜を作ることになったのかお話をお聞きすることができました。

 

輸入小麦によるパン食の普及によって、日本のコメ消費量が激減し半分以下になってしまっている。その結果、使われない水田が石川県の面積以上になってしまった。以前は、毎年秋になると黄金色に色づいた瑞穂の風景がどこでも見られたのに、今は見ることができない。

もし美味しい玄米パンがつくれれば、使われる水田が増えるのではないか・・・。

そのために熊本玄米研究所を作り、美味しい玄米パンの制作にとりかかかりました。

その当時は、コメの消費量を増やすことが目的だったため、玄米80%・グルテン20%でパンを作り、とてお美味しいパンができあがりました。

そしてグルテンによる健康への影響が知られるようになり、完全グルテンフリーのパンやパスタの制作に取り掛かります。

 

 

| ひとりごと | 23:09 | - | - |


ビタミンAって?

JUGEMテーマ:健康

8月2日にビタミンって??

というタイトルで、ビタミンという単語が生れた経緯についてお伝えしました。

発見の歴史から、ビタミンA⇒B⇒C⇒D⇒E と見つかった順番で命名されました。ところが、その後にそれぞれが単一の物質でないことが分かります。そのときに、ビタミンという名称を止めれば良かったのですが・・・いまでも使われていることが誤解の根本だと思っています。

 

昨日、オーソモレキュラー療法の実践医でもある、ひめのともみクリニックの姫野先生がレギュラーで登場されている『主治医が見つかる診療所』を見ていました。

 

たしか、夏を乗り切るために重要な栄養素は、ビタミン”エース”という呼称でビタミンA・C・Eが紹介されていました。

そしてそれらの栄養を多く含んでいる食材として、パプリカが紹介されていました。

 

パプリカに含まれるビタミンA??

きっとβカロチンのことでしょう。

 

ビタミンAと呼ばれる栄養素としては・・・

 

・βカロチン

・レチノール

・レチナール

・レチニルエステル

・レチノイン酸

 

おもに緑黄色野菜に含まれるβカロチンは、体内に吸収されるとビタミンAに変換されるのでビタミンAに含まれることが多いのです。ところが、βカロチンには単独で重要な作用があり体内でのビタミンAへの変換は少なく海外の栄養学の教科書などではビタミンAに含まれていません。

 

一般的には、レチノールを狭義のビタミンAとし、それ以外のレチナール、レチニニルエステル、レチノイン酸まで含む場合には、広義のビタミンAとしています。

 

おもに魚の内臓や魚油に含まれているのがレチノール、レバーなどの動物性食材に含まれているのがレチニルエステルです。

レチニルエステルは、ビタミンAとしての活性がないエステル体で、体内でのレチノールの貯蔵形態になります。

 

体内では、レチノールが一部活性を有し、おもにレチナールとレチノイン酸が生物学的活性を有する形態です。

特にレチノイン酸は、強い活性をもっているため副作用がありますが、一般的な食材にはレチノイン酸は含まれていません。合成のビタミンAサプリメントには、レチノイン酸が含まれています。

 

ここまで書いて、ポイントがずれてしまったかも・・・と感じています。

つまり、ビタミンAってなに?

という質問には、すぐには答えられません。

ビタミンAって過剰摂取の危険性や副作用の心配があるのですか???

という質問にも、すぐには答えられません。

 

これらの質問に、みなさんならどのように答えますか??

 

この先は、また後日。

 

あすから、新宿溝口クリニックは夏休み後の診療開始です。

スタッフもきっとリフレッシュして元気に出勤してくれるでしょう。

患者さんとご家族へ全力でサポートさせていただきます。

令和元年の後半もよろしくお願いいたします。

| ひとりごと | 16:09 | - | - |


今日はベーシックセミナー

JUGEMテーマ:健康

 

今日は、品川港南口のホールでベーシックセミナーでした。

医師、歯科医師、そして認定ONPの皆さんを合せて150名以上の大勢の方々が参加してくれました。

外は暑い暑い・・・ホールはクーラーが効いているところで10時〜17時の長丁場。

 

ベーシックセミナーでは、血液検査データの読み方の基本的な考え方を理解していただくことを目的に資料を作っています。

テキスト

特に鉄代謝、タンパク質代謝、血糖調節の3分野にしぼっています。

なぜかというと、この3つの分野のトラブルを正しく評価すると、多くの臨床のトラブルにたいしてアプローチが可能となります。

このベーシックセミナーは、2004年から始めているのですでに15年。

細かい字には老眼鏡も必要になってしまいました・・・・

それでも多くの先生方や認定ONPの皆さんが、貴重な日曜日の時間を割いて参加してくれるのでがんばります!

 

 

今日は、初めて参加いただくドクターがとても多かったので、検査データの評価についてマイクを向けて質問しながら進めることも多くなりました。参加いただいた先生方には、急にマイクを向けてしまい失礼しました。諸先生方には、積極的に参加していただきましてありがとうございました。

ドクターが分からない質問も認定ONPの方から答えていただくこともあって、こちらとするとちょっと嬉しかったです。

また機会があったらセミナーへ参加してくださいね。

 

| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 22:08 | - | - |


ビタミンって?

JUGEMテーマ:健康

 

明後日のベーシックセミナーには、150人を超える方々が参加されると聞き驚いています。

とくに初めて参加されるドクターが多いということで、この考え方に興味をもっていただけるかどうかの機会なので緊張もあります。

15年以上、医師向けのセミナーを継続していますが、ここ数年は自分の話を学会などでも聞いたことがないドクターも参加されるようになり栄養療法の裾野の広がりを感じてます。

 

さて、先日おこなわれた第一回日本オーソモレキュラー医学会総会で話したビタミンについての内容をこのブログでもお伝えしようと思います。

 

ポイントは、ビタミンが発見された歴史が今日のビタミンの誤解を招くことになったということです。

 

ビタミンAってなんですか??

 

と突然きかれたらどのように答えますか?

 

脂溶性ビタミンで、蓄積されるので過剰症には気を付けて、妊婦さんには奇形のリスクがあがるので・・・とか、いろいろと思い浮かぶかもしれません。

 

ビタミンAの発見の歴史を振り返ってみましょう。

 

1906年イギリスの生化学者ホプキンズが、精製した餌では白ねずみに発育不全が生じ、牛乳を加えることによって急速に発育することから、牛乳には未知の栄養素があると予言しました。

1915年アメリカのマッカラムらが、牛乳内の未知なる栄養素には、脂溶性成分と水溶性成分があるとし、それぞれを脂溶性因子Aと水溶性因子Bと名付けました。

 

これらがのちのビタミンAとビタミンBとなるのです。

のちに研究が進み、ビタミンBにはビタミンB1,2,6,12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸・・・・などが発見されることになります。

 

1919年イギリスのドラモンドは、古くから知られていた柑橘類に含まれる抗壊血病因子を証明し、水溶性因子Cとしました。これがビタミンCです。

 

この後、抗脚気因子の呼び方であった Vitamine の e をとって Vitamin とし、それまで命名された脂溶性因子AをビタミンA、水溶性因子BとCをそれぞれビタミンB、ビタミンCと呼ぶことにしたのです。

 

犬のくる病に肝油を与えるとくる病が治るため、くる病もビタミンAの欠乏症と考えられていた。

1922年アメリカのマッカラムは、肝油を加熱・通気することによってビタミンA成分を取り除いてもくる病が治癒することから、抗くる病因子をビタミンDとしました。」

 

おなじ1922年アメリカのエバンスは、それまで発見されたビタミンA,B,C,Dを含む餌でラットを飼育すると、ラットが習慣性不妊になることを発見。小麦胚芽を加えることで妊娠が成立することから、その物質をDの次の物質としてビタミンEと名付けました。

 

このような経緯で発見されたビタミンですが、すでにお伝えしたようにビタミンBには多くの物質が含まれています。

その他のビタミンも実は単一の物質ではなく多くの混合物であることが発見されます。

そしてそれらを構成する単一の分子が相互作用を有していることも理解されてきました。

 

ところが、なぜかビタミンはA~Eの呼び方がいまでも用いられ誤解を招くことになっているのです。

この先は、また後日にしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 15:40 | - | - |


| 1/253PAGES | >>