うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
8月の一般講演会についてのお知らせ

JUGEMテーマ:健康



毎年8月末に東京で一般の方々がこの治療や栄養の大切さを知る機会として一般向けの講演会を開催してきました。
今年は事情により東京での講演会を行わないことにしました。

北海道でこの治療に古くから取り組まれていた患者さんと電話カウンセリングを行いました。
その患者さんは、栄養療法に取り組まれた数年前は精神科から山のような種類と数のお薬が処方され、ほぼ寝たきりのような状態でした。
遠方での栄養療法を始め、北海道へ新幹線が開通する2015年には元気になって新幹線で東京へ行って、新宿溝口クリニックを受診しようと目標を立てられたそうです。

実際には、新幹線が開通する数年前には症状がとても良くなり飛行機を使って新宿まで受診できるようになっているのですが、今年の東京での講演会に参加することを楽しみにしてくれていたそうです。
毎年継続してきた講演会だったので、他にも参加することを楽しみにされていた方がいらっしゃるかと思います。
今年はありませんが、東京でも栄養の大切さを知っていただく機会になる講演会は必ず開催しますので、その時には是非参加してください。

今年は東京での講演会はありませんが、8月11日の祝日には香川県高松市におじゃまして講演して来ました。
お盆の休日にも関わらず600名を超える多くの方々に参加いただきました。
暑い中、ホールまでおいでいただいた皆さま、ありがとうございました。

そして8月21日日曜には岩手県北上で講演会が開かれます。
http://www.orthomolecular.jp/info/seminar20160821/

8月21日日曜 開場12時30分 講演13時〜15時  北上市文化交流センター さくらホール 入場無料
問い合わせ 0197-72-7228(さやかクリニック) 

主催は、さやかクリニック(〒024-0001 岩手県北上市飯豊20-123-1)http://www.sayaka-cl.com/ さんです。院長先生の齋藤さやか先生は、この治療をご自分とクリニックのスタッフ全員で実践されていて、多くの患者さんの改善の実績を作られています。さやか先生もご講演されるので、実はとても聞くのを楽しみにしています。

ここでは『栄養は人生を変える!』というタイトルでお話をします。
栄養療法に出会って、医師としての人生が大きく変わりました。
また栄養療法を実践されて、本当に人生が変わったと感じる多くの患者さまがいらっしゃいます。
そんなお話をするつもりです。
お近くの方は是非参加してください。

そして8月27日には埼玉県川越市で講演会です。
さらに8月28日日曜には医師向けのセミナーが品川で・・

そして9月10日には鹿児島で医師向けの講演、
さらに9月11日日曜は福岡で一般の方々向けの講演会です。
http://www.orthomolecular.jp/info/seminar20160911/
タイトルは女性の未来は食事で変わる!
未来が食事で変えられたら、なんと嬉しいことでしょう。でもそれはかなり可能です。
そんな可能性をお伝え出来たらと思います。

各開催地で参加いただける方、是非とも声をかけてくださいね。
皆さまにお会いできることを楽しみにています。


| ひとりごと | 12:47 | - | - |


家族セミナー7/23
明後日に迫った7月23日(土)北田義夫先生の講演会の告知記事が北田先生のブログにアップされました。

http://sinnri-expert.com/492.html

「慢性的な家族の心の課題を解決するには:自分で引き受ける」という記事の中で、下記の明後日のセミナーのテーマについて説明してくださっています。

/////////////////////////////////////////////////////////////

家族セミナー『家族の中に悪者を作っているうちは、家族の課題が解決しない本当の理由とは』

2016年7月23日(土)15:00〜16:30

新宿溝口クリニック 4階セミナールーム

参加費:家族当たり1,000円 ※何人参加されても(当日受付にて)

定員 30名

お問合わせ 03-3350-8988 新宿溝口クリニック

http://www.shinjuku-clinic.jp/seminar/family

/////////////////////////////////////////////////////////////

皆さま、お誘いあわせの上、是非ご参加ください。

JUGEMテーマ:健康



| クリニックからのお知らせ | 19:03 | - | - |


不妊治療と尿の色

JUGEMテーマ:健康


前回のブログで尿の色調の変化についてお伝えしました。
そのブログを読まれていた患者さんと診察中にとても興味深い会話ができたので紹介したいと思います。

その患者さんは、不妊治療をされていました。不妊治療の担当医からは、あまり状態がよくないので妊娠は難しいだろうと・・・そして「栄養療法を併用して妊娠体質を作る」ことにしたのです。
不妊治療への栄養療法にかぎらず、ほとんどの患者さまへビタミンB群はサプリメントで補うことをするのですが、この患者さまもビタミンB群をサプリメントで摂取して尿の色が黄色の蛍光色になったことに驚いていました。
そしてしばらく栄養療法を継続していたところ、なんと妊娠が成立!!先日の受診時は妊娠12週でした。少し前から尿の色が透明になっていたことに気がついていたときに、先日の尿の色調の変化についてのブログを読み、もしかしたら妊娠によってビタミンBの消費が格段に増えてしまい透明になったのではと気づき診察で報告してくれたのです。

妊娠初期に最も重要な栄養素は何ですかと質問されることがよくあります。自分は間違いなくビタミンB群だと答えます。妊娠初期には脳や腸が形成されますが、それらは神経の集合体。つまり大量のビタミンBが必要なのです。胎児は腸内細菌が居ないので、必要なビタミンBはすべてお母さんからの供給に依存しています。
栄養療法を行っているとビタミンB群が十分な状態で妊娠されると、つわりがほとんど起こりません。もしかするとつわりはビタミンBの不足を示す症状かもしれません。そしてビタミンB群がたっぷり供給された赤ちゃんはとても穏やかで良く眠って育てやすいのです。
妊婦さんへの正しい栄養指導が行われたら、産後うつも激減するし育児ノイローゼも減るでしょう。そしてなにより健康な赤ちゃんの発育につながり、アレルギーをはじめとする多くの乳幼児のトラブルの予防になるものと思っています。

| 不妊症 | 08:42 | - | - |


メンタルヘルスセミナー 6/18
ブログ管理者よりお知らせです。
明日に迫った6月18日(土)北田義夫先生の講演会の告知記事が北田先生のブログにアップされました。

http://sinnri-expert.com/482.html

「分かっているのに行動出来ない理由は・・・」という記事の中で、下記の明日のセミナーのテーマについて説明してくださっています。


/////////////////////////////////////////////////////////////

メンタルヘルスセミナー『外から見られる自分を過剰に意識することで心が悲鳴を上げるメカニズム』

2016年6月18日(土)15:00〜17:00

新宿溝口クリニック 4階セミナールーム

参加費:2,000円 (当日受付にて)

定員 30名

お問合わせ 03-3350-8988 新宿溝口クリニック

セミナー詳細:http://www.shinjuku-clinic.jp/seminar/mental

北田先生のブログ「家族総合支援室」:http://sinnri-expert.com/
 

/////////////////////////////////////////////////////////////

JUGEMテーマ:健康


| クリニックからのお知らせ | 09:51 | - | - |


尿の色とビタミンB
JUGEMテーマ:健康


先週末は横浜で日本抗加齢医学会が開かれました。アンチエイジングという観点から様々な発表がある大きな学会です。前回のブログでお伝えした在宅医療と同じパシフィコ横浜が会場だったので2週連続のみなとみらいでした。
在宅医療での講演が終わり、水曜日には川越での講演、そして先週末の土曜は、評議委員会への出席、指導士向けシンポジウムの座長と講演、腸内アプローチのセミナー、そして夜にはミニセミナーに余興(?)、翌日曜日には300名定員の会場に立ち見の方も含めて500名が参加したランチョンセミナー、さらに夕方からは品川に移動して糖質制限サミット、そしてその懇親会・・・かなりのハードスケジュールでした。

自分は患者さんにお飲みいただいているビタミンBコンプレックスを毎日4〜8カプセル服用しているので、いつの尿もきれいな黄色の蛍光色です。ところが先週の土曜と日曜は、4カプセル追加しても尿は透明でした。つまりこのところのスケジュールは、自分の食事とサプリメントから供給されるビタミンBの量を上回る消費量だったことが考えられます。増量したままを継続して水曜日からようやく自分にとって普通の黄色の蛍光色の尿になりました。

ビタミンBのサプリメントを飲んで尿が黄色になることは悪いことではありません。ビタミンB2がしっかりと体内で活性化されて作用しているということを示しています。ビタミンB2は脂質がエネルギーとして使われるための必須のビタミンなので、ビタミンBのサプリメントを服用しても尿が透明であるということは、脂質が上手く使えず効果的にエネルギーが作られない可能性があります。糖質をとらないと元気が出ない・・・と感じている方は、むしろビタミンB群を尿が蛍光色で黄色になる量まで摂取してみると調子がよくなるかもしれませんね。

Check
| ひとりごと | 08:44 | - | - |


| 1/241PAGES | >>