うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
月に一度の

JUGEMテーマ:健康

 

 

先日、月に一度あるクリニックスタッフとのミーティングがありました。
各スタッフからの近況報告はもちろんスタッフが患者さまの
改善に伸び悩んでいる事についての相談の時間もあります。
スタッフからの相談を受けたいくつかの患者さまの症状に
共通しているのは腸の炎症が深く関わっていました。
腸に炎症があるといくら食事でタンパク質や脂質をとっても上手く
吸収されないのは皆さんご存知かと思いますが、吸収できないだけではなく
アンモニアが発生する為、BUNが上がったりします。
腸内環境の大事さは常々皆さんにもお伝えしていますが本当に大事です。
日々の食事がとても重要になってきますから誘惑の多い飽食のこの時代にはじめはとてもきつく感じると思います。
自分もオーソモレキュラー栄養療法を始めたときは大の甘いもの好きだったので非常に辛い思いをしました。
今では殆どのお菓子を甘すぎるように感じるようになったのでここまでくれば大丈夫です(笑)
話は戻りますが、スタッフにより深く原因を理解をしてもらいたいので
紙に化学式などを書きながら説明をしました。
皆、熱心にメモをとり自身の知識をアップデートしてくれていました。
当クリニックの看護師は全員認定ONP(オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル)なので皆、
栄養や血液検査データの見方などはバッチリです。
それでも、学んできた事や経験してきた事以外の経過をたどる患者さまに出会います。
興味深いことでもあり、悩ましいことでもありますが、一度勉強したら終わりではなく、
むしろスタートであるオーソモレキュラー栄養療法は本当に奥が深い。
今、猛威を振るっている新型コロナウイルスでも中々効果のでる薬がないと報道でもいっていますね。
これを機に、いかに栄養が大事なのか気づく人が増える事を願っています。
それにしても今回の新型コロナウイルスには困ったものです。
対策としてスタッフ全員にオリーブ葉のサプリメントを支給し毎日飲むように指示しました。
皆さんも栄養強化してコロナに恐れず快適にお過ごしくだい。
| 日常 | 20:45 | - | - |


振り返る

 

 

 

ふとブログを書き始めたのはいつ頃だったかふと気になり振り返ってみると、2005年から書き始めていました。

かれこれ15年も書いているようです。

さらにこの頃の2月にはどんな事を書いていたかと思い見てみると

2月1日に「名誉ある賞!」というタイトルでブログを書いていました。

 

内容は、当時73歳の患者さまが膝に大量の水がたまり大好きなテニスが出来なくなっていた所、辻堂のクリニックを受診して頂き栄養療法を取り入れ見事にまたテニスができるようになったのです、さらに所属しているテニスクラブから、年間最多利用の賞をいただいた事を報告してくださった事への感謝の気持ちを書いていた内容でした。

 

年齢を重ねると昔とは変わっていく体の変化を感じる方は多いと思います。

多くの方が『年齢によるもの』どこかに痛みがあればそれらに関連する日常的にしていた『運動を控えなさい(止めなさい)』そして『お薬を飲んでください』と言われてしまう事が殆どかと思います。

そして多くの方が「歳だからしょうがない」となってしまいがちです。

 

自分より年上の方は特にお薬に信用を寄せている方も多くまた日々の食事を変えたり、サプリメントを飲むなどは受け入れにくい方が多いのも現実です。

そんな中、これまでの治療に疑問を持ち新しい方向に目を向けそして受け入れてくださった柔軟さに敬意を表します。

 

なぜ今日はこんな事を書いているのかというと先日、ご年配の方が通りがかりにクリニックの看板を見て気になったのでとクリニックにお越し下さった方がいらっしゃったのです。

自分は診察中だった為その方とはお会い出来なかったのですが、スタッフに栄養療法と書いてあったから気になってとお話ししてくださったようなのです。

きっと何かお悩みを抱えていて今の治療では満足のいく結果が出ていらっしゃらないのではないかと思います。

その日はスタッフに質問などをして帰られたそうなのでいつかお会いできるのを楽しみしている今日この頃です。

 

日々沢山の方にお会いし思うのですが新しい事を受け入れるのに年齢などは関係ないと改めて感じます。

そんな事を感じる事があり今日のブログとなりました。

自分も常に新しい事や色んな方の話を受け入れられるよう柔軟にしていないといけませんね。

 

※前回レビューを書かせていただいた「花粉症は一週間で治る!」が13刷目の重版が決定いたしました!

累計2万6000部になったそうです。沢山の方のお手元に届いていること大変嬉しく思います、読んで下さった方々本当にありがとうございます。これからも頑張ります。

 

 

 

 

| ひとりごと | 16:09 | - | - |


Amazonレビュー

 

今年もこの時期がやってきました『花粉』です。

元々、アレルギー持ちだった自分はもちろんオーソモレキュラーに出会う前はばっちり花粉症でした。

今はビタミンDをはじめ栄養と日々の食事のおかげで花粉が気になるこの時期も快適に過ごせるようになりました。

 

今年も沢山の方に花粉症を克服してもらいたと思い2018年に出版した

「花粉症は一週間で治る」のAmazonにレビューしていただいたコメントを幾つかご紹介したいと思います。

 

 

 

 

チョコパイさんレビューありがとうございます。

チョコパイさんのおっしゃる通り多くの方が食事や栄養で体が作られている事を認知しています。

それでも中々これまでの食生活を変えるのは、食べるものを変えるだけなのに簡単な事ではありません。

ご自身だけではなく息子さんの食事も改善してみようとチャレンジしてくださる事を

同じ子供を持つ身としてとても嬉しく思います。

花粉症だけに留まらず色んな悩みも気づいたらなくなっていると思います。

是非、楽しんで頑張って欲しいです。

 

 

 

 

素浪人さんレビューありがとうございます。

食事もサプリメントも実践していただき花粉症の症状も改善され嬉しく思います。

花粉症だけでなく皮膚症状まで改善されたようです。

花粉症、アトピー、アレルギーなど皮膚のトラブルは根本は同じ原因なのがよく分かりますね。

これからも快適に過ごしていただきたいです

 

 

 

 

 

やんずさんレビューありがとうございます。

ご自身だけでなく周りの方にもすすめて頂きありがとうございます。

周りの方も改善がありうれしく思います。

改めて栄養の凄さを感じます。

 

 

他にも本をお読みいただいた方々、レビューを書いてくださった皆さんに深く感謝しております。

少ししかご紹介できずに申し訳なく思っているのですが感謝の気持ちを持って全て読ませて頂いています。

 

皆さんの言葉ひとつひとつが自分の勇気と活力となっています。

これからも沢山の方々が幸せにそして快適に過ごしてもらえるよう頑張っていきます。

 

週末は福岡に出張にいってきます。

 

「花粉症は一週間で治る」Amazon↓

https://www.amazon.co.jp/dp/4865811397/

 

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

 

 

| 花粉症 | 20:43 | - | - |


姫野先生、米井先生と。

JUGEMテーマ:健康

 

2日はONPの二回目の通学講座でした。

 

今回はひめのともみクリニック院長の姫野友美先生と

同志社大学 生命医科学研究所アンチエイジングリサーチセンター

糖化ストレス研究センター教授の米井嘉一先生にご登壇いただきました。

 

姫野先生には「医療技術者に於けるコミュニケーション技法」について講義していただきました。

これからの医療は医者のいう事に従うのではなく

患者さん自身が考え納得し決断しそして行動に移す時代。

特にオーソモレキュラー栄養療法では患者さん自身の考え方や努力がとても重要になってきます。

 

つい医者という立場から少し上からの接し方をしてしまったり

患者さんが抱えている病状だけに注目してしまい患者さん自身に向き合えていない何て事も医療の現場ではある事ではないかと思います。

 

医療とは

病院に来て医師やスタッフの顔を見ると安心する存在でなければならない。』

 

患者さんの抱えている病状を改善させるのは当たり前で

さらに安心感を与える存在、、、

医療は体を癒し心も癒す究極のホスピタリティなのかもしれません

 

どちらもしっかりと実現出来るようこれからも成長していきたいですね。

 

米井先生には「糖化ストレスとその対策」について講義していただきました。

糖化の専門家の米井先生ですからそれはそれはものすごい講義でし

米井先生の研究結果が載っているスライドはとても貴重な内容ばかりで

講義を聞かせて頂いている間自分も沢山メモを取りました。

 

またそのスライドの数も素晴らしくあの数のスライドを時間内で納めてしまう

先生は本当に素晴らしかったです。

 

糖化についてはまたの時に書ければと思います。

 

最後は模擬カウンセリング

知識や食事の摂り方をただ説明してもそれが押し付けや威圧感があっては

患者さんの行動には結びつかないと姫野先生の講義でもありました

 

栄養指導をしていく中で一番大事なのは、患者さんが自分の話を受け入れてくれる信頼関係が出来ているかです。

模擬カウンセリングには認定ONPの島野眞澄さんに登場していただき

カウンセリングの様子を受講生の皆さんに見ていただきました。

 

スーパーカウンセラーの島野さんの話し方は患者さんに対して嫌悪感を与えず終始和やかな雰囲気で理想的です。

 

3月の通学講座では実際に皆さんにカウンセリングをロープレしてもらいます。

経験の数だけ自信がつく。

素晴らしい栄養のスペシャリストがどんどん増えていきますように

 

あ、自分の本が中国語に翻訳されました。

これを含めて4冊目?だったかな。

中国は新型肺炎で大変な事態になっていますね。

中国には栄養不足の他にも色々と問題がありそうですが少しでも早

オーソモレキュラー栄養療法が広まる事を願っています。

 

 


 

| 日常 | 23:25 | - | - |


新しく書籍が出版されました。

JUGEMテーマ:健康

新しく本を書きました。

 

2011年に出版した

〜図解でわかる最新栄養医学〜『うつ』は食べ物が原因だった!の最新版です。

2011年に出版したこの本は何度も増刷する事となり沢山の方に読んでいただきました。

 

今回は「脳」「腸」「ホルモン」について出来るだけ分かりやすく加え

バージョンアップしています。サイズも小さくして持ち運びやすくなりさらに便利になりました。

 

自分のブログを読んで下さっている皆さんはご存知と思いますが

血糖値の乱れやたんぱく質不足はうつに限らず多くの症状に関わっています。

題名にはうつと書いてありますが

うつや気持ちに不安をかかえている方だけではなく

健康に興味があったり、すでに不安を抱えている方など

どなたにでも読んでもらいたい内容となっています。

 

今回の本も沢山の方の元に届き一人でも多くの方のお役に立てる事を願っています。

 

そして、自分が院長を務めている新宿溝口クリニックのInstagramができました。

Instagramでは日々のクリニックの様子や皆さんの役に立つ情報をのせていく予定です。

自分もたまに登場するので是非フォローをお願いします!

 

Instagramアカウント

@shinjuku_mizo_cl

 

新刊書籍(Amazon)

https://www.amazon.co.jp/dp/4413231465/


 

※レビュー投稿お願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| その他お知らせ | 21:09 | - | - |


| 1/256PAGES | >>