うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

新宿溝口クリニック

オーソモレキュラー栄養療法<br>導入医療機関一覧

リエンゲージメント

関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。

「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
携帯からアクセス
qrcode
大切な「塩分」の話とラジオ収録のお知らせ

JUGEMテーマ:健康

緊急事態宣言が緩和されてから数日が経ちましたが、皆さんいかがお過ごしですか?
新宿の街はほとんどのお店が再開している印象です。
百貨店などは入り口が一箇所になり消毒してから入店できるようになっていました。
マスクをしていない人も見かける事が多くなった気もしますが、それでもきちんと距離を取って並んでいたり、日本人の真面目さがみられますね。
新型コロナウイルスの完全終息は恐らく中々時間のかかる事と思います。
長期に渡る心配事やストレスは様々な形として体に影響するのでより多くの方が正しい健康の知識や食事などの情報を身に着けて欲しいと思います
漠然と不安やストレスを抱えるより、正しい理解や知識を持ってうまく付き合っていく事が大事になってくると思います。
長期戦になる今回の事態から疲れを感じている方は多いと思います、このブログを読んでくれている方や栄養療法に興味のある方は
疲れが続くいう事は副腎かぁとなると思いますが、副腎疲労には糖質コントロールやビタミンCなどが必要となってきます。
疲労や副腎疲労対策をしっかりしていていてもいまいち調子が戻らない時は実は『塩分』が大事になってきます。
塩分は基本的な脳の機能を発揮させるためにとても重要なのです。
血液中のナトリウム濃度の異常は、意識混濁などの精神状態などの脳の機能障害に直結してきます。
なので疲労時や意識が朦朧とする熱中症の時なんかにも塩分が重要になってきます。
そして塩分を摂る際には、マグネシウムとのバランスが大事になってくるので一緒にマグネシウムも摂る事を
お勧めしています。
よく昔は、疲れた時は梅干しを食べろと言われていました。まさにその通りなのです。
なかなか疲れが取れない時や熱中症には昔ながらのしょっぱい梅干しと水分をどうぞ!
そして先日、ラジオの収録がありました。
『枡田絵理奈のワンピースライフ』というFM愛知での放送となるのですがスカイプを使っての収録となりました。
この番組は女性のライフスタイルに関わる専門家に”いくつになっても可愛く生きる秘訣”を明るく真面目に語り合うというトーク番組がテーマで自分は新型コロナウイルス対策についてや現代に必要な食生活、多くの人が抱えているストレスや自律神経の乱れなどについてお話させていただきました。
6月21日(日)と6月28日(日)どちらも朝の9時〜9時30分に放送です。
radikoというアプリで中部地方以外の方も聞く事が出来るようですが公式サイトにアーカイブで載るようなのでこちらからも聞く事が出来ます。
公式サイトには放送後に載ると思うので少しタイムラグがあると思います。
| 副腎疲労症候群 | 20:08 | - | - |


栄養療法だけでは出来ない事

 

医師としてこれまで経験してきたどの治療よりも、効果的であり、改善の経過が薬と異なる事から、自分は栄養療法を選択して実践しています。

本当に素晴らしい改善や結果の数々を経験してきましたが、精神疾患を含めて、その他の病気でも、栄養療法が完全完璧とは全く思っていません。

 

時に、ほんの一握りですが血液検査の内容が良くなっているにも関わらず、症状が良くならないケースがあります。

栄養療法を取り入れる事によって、血液検査の結果は改善されとても良い方向に向かっている関わにも関わらず

なかなか幻聴が消えないという事が過去にありました。

なかなか改善されない息子さんの症状にお母さまも焦りや不安を感じていた事と思います。

そんな日々を送っていた息子さんを救ってくれたのはカウンセリングでした。

ある日、お母さまのご友人に「何であそこまでになってしまったの」と言われそこからとことん話を聞いて下さったそうです。
息子さんを毎日カンセリングしてくれ、お母さまのカンセリングもしてくれ、
息子さんはあれよあれよという凄い早いペースで良くなったそうです。

 

カウンセリングの重要性は栄養療法を始めてから身をもって経験し今もカウンセリングが必要な患者さんにはカウンセリングを受けるようお話ししています。

人によっては栄養療法のみで改善される方もいらっしゃいますが、栄養療法とカウンセリングなど他の方法を併用することで改善がみられる方もいます。

状態が改善する事が一番の目標ですから、その為にはどの方法でも構わないと自分は思っています。

そして、他の方法を取り入れる時に栄養がきちんと入っていることで他の方法の効果も出やすくなっていると思っています。

 

脳と腸が深く関わっている事から感情や気持ちも栄養や腸内環境で作られていますが、栄養状態が改善されても、感情が豊かで人との関わりが大事な人間だからこその不思議なのかもしれないですね。

 

そして、お子さんの精神的なトラブルは特に親との関わり方などで大きく改善される事が多いのです。

特に精神的なトラブルは本当に一人一人合う治療法が違うと日々感じています。

栄養療法は食事の改善や、サプリメントを回数分けて飲んでもうらうので精神的にしんどい時期には食べたり飲んだりする事が難しく感じる時があります。

そんな事を経験しても栄養療法に取り組んでくださる全ての方に日々、感謝と敬意の気持ちでいっぱいです。

そして、それでも続けようと思わせくれる結果を出してくれる栄養の力は本当に素晴らしいです。

 

元患者さんで精神疾患で投薬治療を受けていた所、栄養療法と出会い元の自分を取り戻し今では就労移行支援事業所で支援員として働いています。
支援員の鈴木さんという方が元患者さんです、自分の体ともうまく向き合ているようですね。
鈴木さんの働いている事業所のブログです、良かったら読んでみてください。 

 

久々にコロナネタから離れました(笑)

そろそろ梅雨になり体調をキープするのが難しくなる人もいると思います。

そんな時は無理せず焦らずに。

| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 16:58 | - | - |


そろそろ養成講座が始まります。
代表理事を務めている社団法人の講座の募集開始がいよいよ近くなってきました。
例年であれば、4月頃から説明会を開催しているのですが、今回は新型コロナの感染を考慮し開催を中止していました。
自粛解除が見えてきたのでもう少し落ち着いたら、窓全開の人数を少なくして開催しようかと社団スタッフと話していました。
今回は、説明会の様子を撮影して動画で説明会の様子を見て頂けるようにしようかと思っています。
新型コロナのおかげで動画配信する案が上がりこれまでより、遠方で説明会に来られない方、時間の都合が合わない方にもオーソモレキュラー栄養療法とはどんなものなのか、講座を受けた後どのように生かしているのかなど色々とみて頂けると嬉しいなと思っています。
また、新たな仲間に出会えることを今から楽しみにしています。
そして、今回の新型コロナで免疫力の差が症状の差につながるという事がニュースなどにも取り上げられ、これまで栄養の話などした事のなかった人から免疫力!など聞くようになりましたね、そのまま乳製品を沢山食べるようにならない事を祈っています。(笑)
クリニックのインスタグラムにも新型コロナが流行してから質問やコメントを頂くようになりました、インスタグラムを担当しているスタッフは、日々増えていくフォロワーさんの数や反応が嬉しく、沢山の方の役に立てるよう投稿する内容をいつも考えています。
そんな事もあり栄養療法の業界的にはいい方向になってきたなと感じています。
自分が評議員をしている抗加齢学会が会員向けに発行しているマガジンに新型コロナウイルスに対しての情報を一部公開しています。
全編はかなりのボリュームですが一部公開部分は読み切れる長さなので是非ご参考に
| - | 21:49 | - | - |


コロナ対策として新型集団免疫の薦め


先日、打ち合わせがありました。

実は今、新たに出版する本の為に日々、執筆に励んでいます。

どんな内容かはまだ内緒なのですが、きっと今の時代に必要とされている情報、または、必要になっていく情報になるのではないかと思っています。


打ち合わせは青春出版さんのいつものメンバーとでした、「アベノマスク届いた?」とある意味で流行語のようになってしまったフレーズも会話に出てきながら、打ち合わせというより知人とお茶をしているようなリラックスした雰囲気で打ち合わせがで出来ました。

早く皆さんにお知らせ出来るように執筆頑張ります。


さて、前回のブログの最後に柳澤先生の記事のリンクを貼り付けていますがその中に、集団免疫の事が書かれています。

自分たちが幼少の時は、風疹やおたふく風邪など、感染している友達がいたりするとあなたももらってきなさい!とわざわざうつされに行った経験ありますよね?

一緒にさっさと感染して済ませてしまいなさい!という事ですが、まさにこれが集団免疫です。

昔から、生活に馴染んでいる集団免疫ですが、今、集団免疫をやれと言われても日々の報道を聞いている皆さんは中々の勇気や恐怖心がある事だと思います。

現代の栄養失調は、大分昔前から既に始まっていて、自分の幼少時代も既に栄養失調の時代でした、現代はさらに栄養失調が進んでいる印象なので、昔のようにあまり問題なく集団感染が成立する事は難しいのではないかと思います。


柳澤先生の記事にも書いてありますが、

ただ集団免疫するのではなく「健康的集団免疫の獲得」が抗体を獲得するにあたって大事だと言っています。

多くの人達が栄養不足により免疫が弱い現代で集団免疫は、一歩間違えれば感染によって重篤化、あるいは死に至る事もあります。

大事な事は、感染した時に抗体ができるようウィルスと戦える免疫、すなわち十分な栄養状態を維持している事です。


国として集団免疫を実施したスウェーデンも、集団免疫と同時に、国民への栄養指導をしていれば死者数を減らすことができたのではないかと思います。

過半数が高齢者の方でしたがそれでも十分な栄養を補っていればきっと違ったと思います。


| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 11:09 | - | - |


新型コロナの治療に関して

JUGEMテーマ:健康

 

新規感染者数のピークが過ぎ、徐々に自粛解除へ向かい始めました。

ここ新宿でも、今日からランチ営業の飲食店が増えはじめ街にもすこしだけ活気が戻ってきました。

これからは、感染拡大を再燃させないこと、そして高い確率で予想される第2波の流行にそなえることが大切と思います。

 

これまでのように3密を避け、手洗いマスクは当然必要でしょう。

そして各国の新型コロナ感染症にたいする情報が多くでるようになり、それらの情報には私たちが応用できることがいくつもあります。

 

結核の罹患や上気道感染との関係、さらにはがんの患者さんの予後にも関係しているビタミンDが、今回の新型コロナウイルス感染症の予後とも深くかかわっていることがわかりました。

https://aru.ac.uk/news/vitamin-d-linked-to-low-virus-death-rate-study

 

そして最近のニュースでは、インターロイキン6が高くなり・・・とか、サイトカインストームが起こり重症化する・・・とか、聞きなれない単語が出てきていると思います。

このサイトカインストームという現象は、新型コロナウイルスだけではなく急激に病態が悪化しICUなどの設備が整った状況で治療しなくては生命の維持が困難に陥ってしまう状況です。そのため、新型コロナウイルスに感染した場合の重症化を防ぎ、その結果としてICUへの入室を減らし医療崩壊を起こさないためにもサイトカインストームを起こさないことが大切なのです。

そこにもビタミンDが関係しているということが報告されました。

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.04.08.20058578v3

 

新型コロナウイルス感染症への治療薬としてニュースでも聞くようになってきたのがアクテムラというお薬です。

この薬は、インターロイキン6(IL−6)の発現を強力に抑制します。そのためサイトカインストームに陥らず重症化を防げるのではと期待されています。実はこの薬もアビガン同様に日本の研究者によって開発され日本の製薬会社が作っている慢性関節リウマチですでに多くの患者さんへ使われているものなのです。

オーソモレキュラー栄養療法法を学んでいるドクターであれば、IL−6が関係している病態であればビタミンCが効くはずだと思われると思います。事実、諸外国ではビタミンCの点滴を治療のプロトコルに入れ始めてきました。

このようなニュースは日本ではなかなか知ることができないばかりか、このブログもとんでも情報を流していると非難されてしまうかもしれませんね。

https://isom-japan.org/article/article_page?uid=MdDVl1585887709

https://isom-japan.org/article/article_page?uid=SfEnT1589013443

 

IL−6は常に私たちの体では生成されていますが、通常では免疫の働きで強い炎症やサイトカインストームにならないように調整されています。肝臓ではIL−6の刺激により多種の炎症性タンパク質が合成され、さらに炎症の増悪を引き起こすことになります。肝臓への血流で重要な門脈で腸管からの血液が流れる血管です。

腸内のビタミンCが不足すると腸管からのIL−6が増え、肝臓における炎症性タンパク質の合成が刺激されることが動物実験で示され、また人でも血液中のビタミンC濃度が低いと血中のIL−6濃度が高くなることも以前から知られています。

 

長くなってしまいましたが、今後の第2波に備えるためには感染してからでは遅いのです。

ビタミンDやビタミンCの血中濃度を上げておくために、

 

いまから3密をさけ紫外線を浴びましょう!!

シラスやシシャモなど丸ごと魚をレモンを絞って食べましょう!!

 

そしてこれらをサプリメントで摂っておくのもきっと有効なはずです。

街には人がいなければと思います。

先日、久しぶりにクリニックにきてくれた患者さんは、新宿通りが伊勢丹もビックカメラもマルイも閉まっているのでゴーストタウンのようでしたと言っていました。

 

早く活動が再開でき、第2波が来てもできるだけ影響がないように自分たちでできることを心がけましょう!!

 

 

【日本オーソモレキュラー医学会会長 柳澤先生が今後の新型コロナとの付き合い方などについて執筆して下さっています。】

https://isom-japan.org/article/article_page?uid=qrB581589465025

| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 16:14 | - | - |


| 1/260PAGES | >>