うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
【2017年8月20日(日)オーソモレキュラーサイカイアトリーのセミナー報告】
今日は先日開催されたセミナーの報告をしたいと思います。


今回のセミナーは、オーソモレキュラーサイカイアトリーというタイトルで、精神科心療内科領域における栄養療法についてとりあげました。


心療内科領域は、我らが姫野友美先生にご講演いただき、実際の症例の改善経過と栄養療法はいかに医療経済的に見てもメリットが大きいかについてお話しいただきました。


そして今回のセミナーは、何といっても国立精神・神経医療センター神経研究所疾病研究第三部 部長の功刀浩先生をメインスピーカーにお招きしたことです。
功刀先生は、精神科専門医であり国立研究機関のリーダーのお一人です。


オーソモレキュラー療法は、多くの医師に知られるようになっていますが、功刀先生のような精神科専門医でしかも国立の研究機関のリーダーのような立場の医師には、まったくと言って良いほど受け入れられていないと思います。

事実、ある大学の精神科教授は御著書のなかで、栄養療法で増悪した患者として”溝口さん”という方を登場させ、暗に栄養療法と自分にたいする批判的なご意見を示されています。


そんな状況でも、今回のセミナーにご登壇いただけたのは本当に画期的なことなのです。


また今回のセミナーでは、東京医大のメンタルヘルス科准教授の市来先生に座長をお願いしました。

市来先生には、新宿で月に2回外来を担当していただいている頼りになる精神科のスーパードクターです。
そしてなんと市来先生は、僕の高校時代の同級生でもあり、研究時代に功刀先生が指導医だったという経緯もありました。

写真は、大学の准教授である市来真彦先生、国立機関の中心的なドクターである功刀浩先生、そして心療内科学会の評議員である姫野友美先生との貴重な記念写真です。


JUGEMテーマ:健康



| 医療セミナー報告 | 09:49 | - | - |


【8月6日 MSSアドバンスセミナー報告】
2004年から継続している血液検査データの読み方のセミナーが8月6日に品川で開かれました。

今回は、基礎的なセミナーを受講していただいた方々が対象のアドバンスセミナーでしたが100名にもなる多くの方々に参加いただきました。

小さな集会場のようなところからスタートした勉強会が、このように多くの方々に集まっていただけるようになったことだけでも感謝です。



さて今回は、一筋縄では解釈が困難なデータをどのように読み取っていくかについて、新しいアプローチを組み立てました。

あくまでも患者さんのつらい症状を改善させるための情報を集めるのが検査なので、ただ検査データの問題点を修正するだけでは治療にはなりません。

オーソモレキュラー療法によって、絡み合った問題をほぐし、バランスのとれた状態にするために。
 ATPが円滑に作り出される
◆.織鵐僖質の消化・吸収・利用・排泄 が順調である
 血糖値がコントロールされている
ぁ‥瓦陵用や運搬が滞りない

これらを個々に評価し改善へのアプローチを組み立てる。
そして病態を複雑にし、改善の妨げになる状態
  ̄蠑匹寮気靴ど床舛搬从
◆〇晴愁好肇譽后薪化ストレスの評価と対策
 膜障害の理解と対策

これらが複雑に絡み合った患者さんのデータをもとに解釈とそのアプローチについても参加された皆さんとともに作り上げました。



参加いただいた先生方にも積極的にお答えいただきながら、自分にも新しい発見があるとても有意義なセミナーでした。
認定ONPの皆さんも医師・歯科医師向けのセミナーですが参加してもらい、ともに積極的に質問に答えてもらいました。
半年かけて学んだ知識をフル活用して、実際のマスクがかかった患者さんの病態の評価についてスキルアップしてもらえたと思います。



次は、8月20日です。
いよいよ、この夏のイベントのひとつ
国立精神神経医療研究センターの気分障害先端治療センター長である、功刀 浩先生と、ひめのともみクリニックの姫野友美先生をお招きしての、オーソモレキュラーサイカイアトリーのセミナーです。
精神科領域研究の第一人者をお招きしてのオーソモレキュラーのセミナーは、おそらく日本で初めてだと思います。

一人でも多くの専門医に知っていただきたい考え方なので、自分も気合を入れて資料を作ろうと思っています。


JUGEMテーマ:健康

| 医療セミナー報告 | 13:40 | - | - |


【生田先生とのセミナーを終えて】
7月23日(日)は当クリニックに併設しているセミナールームにて
生田哲先生をお招きしてのセミナーでした。





普段使っている空間だったからか、それとも参加いただいた皆さんの雰囲気によるものだったのか・・・とてもリラックスして話すことが出来ました。

内容は、自分が栄養療法に出会った経緯から新宿で栄養療法専門クリニックを作ったきっかけなども雑談形式で話しました。

実は、2003年新宿溝口クリニック開設の頃、栄養療法など全く知られず、オーソモレキュラーなどという単語はグーグルで検索しても日本語ではヒットしなかったかもしれません。
それほど知られていなかったのです。

その結果は明白でした。
新宿溝口クリニックを受診される患者さんは、1ヶ月に4〜5人。
医院を倒産と言って良いのか分かりませんが・・・まさに危機的状況でした。
そんな状況を救ってくれたのが、お会いしたこともない生田哲先生だったのです。

生田先生の名著『心の病は食事で治す(PHP新書)』のなかで新宿溝口クリニックを紹介してくれたのです。
本当に、そのおかげで新宿溝口クリニックは存続することができ今があるのです。

そんな生田先生とのコラボセミナーは大盛況でした。
生田先生のぶっちゃけ話は、ぶっちゃけ話なのですが科学でした。



さて、次は8月6日のドクター向けセミナーです。
血液検査データの読み方、アドバンス編です。
今回は、より実践的により深くを目標に資料をリニューアルです。
すでに80名ほどの参加者がいらっしゃると聞いています。

”翌日の診療から役に立つ!!”
を目標に朝から夕方までのワンデーセミナーがんばりますよ!!

JUGEMテーマ:健康




| 栄養療法(オーソモレキュラー療法) | 15:48 | - | - |


明日は生田哲先生との講演会

JUGEMテーマ:健康


明日は、クリニックのセミナールームでの講演会です。
新宿御苑はちょっと遠いかな・・・と思ったのですが満員御礼。今日のブログを見て興味をもっていただいても残念ながら参加いただけません。ごめんなさい。

生田先生は、新宿溝口クリニックにとって、とてもとても大切な方です。
いまこのクリニックがあるのも、あるいはオーソモレキュラーや栄養素の重要性がここまで知られるようになったのも生田先生の活動があったからと思います。

そんな生田先生とのコラボの講演会、とても楽しみです。

生田先生から、できるだけ参加してくれた方々とコミュニケーションしたいというご要望をいただきました。そのためセミナーのスケジュールでも質疑応答の時間を長くつくりました。

またONPの方々にもボランティアとして参加していただき会場のセッティングのお手伝いや、参加いただいた方々への栄養相談をしていただきます。

20名と限定になってしまいますが、講演会の後には近くのお店で懇親会も予定しています。

明日も暑くなると思いますが、そんな暑さも吹き飛ばす熱気ある楽しい講演会にできればと思って資料も完成しました。

参加いただける皆さんは、気を付けて来てくださいね。
そして今回参加できなかった方々には、このブログやフェイスブックなどでお知らせします!!
| 栄養療法(オーソモレキュラー療法) | 09:28 | - | - |


【7/9(日)オーソモレキュラー療法 ベーシックセミナーレポートその 糖代謝について】
ベーシックセミナーで取り上げた最後のポイントは糖代謝の評価です。

日本では血糖値のトラブルは糖尿病のみと認識されているので、糖尿病でなければ糖代謝は問題なしとされています。

低血糖が身体にとって支障があることは知られていますが、低血糖になるのはインスリノーマという膵臓の腫瘍を伴うまれな病気か、インスリンやSU剤を用いた治療中以外には起こらないと考えられているのです。

ところが海外では糖尿病も含めた血糖値の調節障害をdysglycemiaと表現し、それが精神障害の主な原因であると認識されています。

日本では機能性低血糖症という表現で知られるようになりました。
機能性低血糖症という表現は血糖値が下がりすぎる低血糖の状態が問題と認識されてしまいます。

しかし、機能性低血糖症の問題は血糖値が急激に上昇したり低下したり、あるいは上昇すべき時間帯に上昇しないことも含みます。
つまり、本来変化すべき血糖値の変動が起こらないことを示す表現です。

ベーシックセミナーでは、まず医師にはよく知られている糖尿病の診断基準を示しました。
そしてついに本年報告された論文を紹介しました。
        
          
それは、HbA1cと空腹時血糖を用いて評価しても糖尿病患者を減らすことは出来ないという内容です。
血糖値のコントロールを正しく評価するためには、日中に繰り返し起こる血糖値スパイクを知ることです。

そのためには5時間の糖負荷検査をしたり、24時間持続で血糖値を測定できるリブレなどで評価が可能です。
特にリブレを用いると食材による違いや食べ方の影響、そしてストレスによる血糖への影響なども容易に知ることができるようになりました。

血液検査は、空腹時のワンポイントでの検査なので食後の血糖値スパイクを知ることが困難です。
ところが1.5−AGという項目を加えると情報量がぐっと増えます。ただし、ここでも基準値をベースにした判断では多くを見逃します。

セミナーでは多くの実際のデータを紹介し、空腹時のワンポイント採血で血糖値スパイクを予想する実習もおこないました。

1.5-AGは今年参加した人間ドックに関係する学会で講演をした時に追加することを提言した検査項目です。

この項目を加え正しく評価することによって将来的な糖尿病の発症を減らせるだけで無く、脳梗塞や心筋梗塞などの血管病変の予防と精神症状の改善にもつながることになるでしょう。

JUGEMテーマ:健康



| 医療セミナー報告 | 19:37 | - | - |


| 1/246PAGES | >>