うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
慢性疲労症候群が再び
慢性疲労症候群は、以前の厚生省でも研究班が作られ国費を使って実態調査や原因究明、治療法の開発などが調査研究されていました。

今回も、ヤフーのニュースで再度注目されていることを知りました。

慢性疲労症候群 厚労省が実態調査へ (朝日新聞デジタル)

9月3日に発売された自分の著書、

「疲れ」がとれないのは糖質が原因だった (青春新書インテリジェンス)

では、疲労=疲れ という症状について様々な角度から解説しています。
厚生省の慢性疲労症候群の研究班でも副腎疲労や脳のグリコーゲン不足などについては触れられていなかったと思います。

今回の実態調査では、低血糖症や潜在性の鉄不足、さらに副腎疲労や脳のグリコーゲン不足などを、慢性疲労症候群という病態を作るひとつの可能性として取り上げてくれることを期待します。

JUGEMテーマ:健康



| 慢性疲労症候群 | 08:42 | - | - |


特集「疲労の診かた」
JUGEMテーマ:健康

僕が編集委員をしている「治療」(南山堂)とういう雑誌があります。
この雑誌は、一般的な内科系の臨床医が読むものとしてはトップクラスの発行部数です。その「治療」の今月号の特集は、”疲労の診かた”でした。

慢性疲労症候群というカテゴリーが作られ、厚生労働省の研究班まで形成され様々な角度から研究されました。
その結果として多くの知見が集積され、疲労という病態について飛躍的に理解が深まりました。その結果として、幾つかの治療方針が示され、強い疲労感に苦しむある一定の割合の患者さんたちは良好な改善を得ることができました。

今回の特集に目を通してみましたが、それぞれの専門分野からの疲労の考察と対策が示されており、全体を包括したようなものはありませんでした。

疲労をエネルギー(ATP)産生の低下としてとらえれば、当然として栄養の代謝全体のトラブルと考えることが必要と思います。
ビタミンCの専門家は、脂肪のβ酸化障害によるATP産生障害を強調し、免疫や内分泌の専門家は、ホルモンの異常などを強調します。

このブログで取り上げている精神疾患の患者さまの多くは、幻聴やうつ、パニック発作などの典型的な症状と、強い疲労感の合併を訴えます。
またお子さんの登校拒否という現象にも、身体のどうしようもない強い疲労感が主な原因であることが多いのです。

総合的な栄養状態の評価と、その問題点にたいする総合的な栄養アプローチは、疲労と言う症状の改善にとても有効なアプローチではないかと思っています。
| 慢性疲労症候群 | 01:24 | comments(1) | trackbacks(0) |


慢性疲労症候群と無反応性低血糖症
今日は、八重洲の患者さまの検査データの解析レポートを作っています。

その中で、20歳代の男性の患者さまについてお伝えします。
この方は、とにかく強い疲労感で長い期間悩み、多くの医療機関を受診されました。それぞれで、

問題なし  自律神経失調症  抑うつ反応  うつ病

などと診断され、それぞれに治療されていたそうですが、どれも効果がありませんでした。そしてネットで調べ、自分は慢性疲労症候群ではないのか??と思ったそうです。
そして、このブログで慢性疲労と低血糖症について知り、近くの心療内科で3時間の糖負荷検査を行ったそうです。

その結果は、3時間の経過中に血糖値が90以上の上昇することが無かったそうです。

ところが、その心療内科の医師は、血糖が上がらないことの問題を指摘しませんでした。
我々医師は、糖負荷検査は糖尿病の診断にもちいる検査であり、血糖が上がらないということがなぜ上がらないのか?それにはどのような問題があるのか?全く無知と言っても良いでしょう。

そして今日レポートを作ったのは、その患者さまの総合的な栄養状態のレポートです。
検査結果のポイントは以下のごとくでした。

遊離脂肪酸の上昇
空腹時インスリンの異常高値
カリウムの低値
痩せ型であるにも関わらず、脂肪肝を疑うデータ
血糖値は正常


低血糖症を良く理解し、この治療法を勉強しているドクターであれば、このようなデータの問題点を理解し、正しいアドバイスをくれたことでしょう。

ところが、通常の検査データの読み方だけを行っているドクター(僕も9年前までそうでしたが・・・)は、上記の問題点がどうして起こっているのか理解することができないと思います。

これまで苦しまれていた、どうしようもない疲労感。食事後に襲ってくる不快な症状、それでいて何かを食べなくては維持ができない・・・

そんな症状の原因がはっきりしました。
今後にどのように症状とデータが改善するか楽しみです。
| 慢性疲労症候群 | 14:57 | comments(7) | trackbacks(0) |


慢性疲労と鉄欠乏から
慢性疲労症候群と診断されるような症状の多くに、鉄欠乏が関係する可能性があることをお伝えしました。
鉄はエネルギー産生においてとても重要な働きを示すので、低体温や冷えなどの原因になりますし、反対に微熱を継続させることの原因にもなります。

しかし、鉄欠乏の状態では多くの神経精神症状が生じることが知られています。
これからお伝えする様々な症状は、鉄欠乏がある場合には起こりうる症状ですが、その症状があるからといって必ず鉄欠乏があるというものではなく、また鉄欠乏があると必ず現れる症状というものではありません。

・易興奮性 ・集中力の低下 ・頭痛 ・易疲労性(慢性疲労)・抑うつ感情

などがあります。
要するに、イライラしやすくなり、家事などに集中しにくくなる。
頭痛を頻繁に自覚し、すぐに疲れ、時にうつ傾向。

鉄欠乏のお母さんに対して栄養アプローチを行うと、子供のいたずらなどの些細なことでイライラしなくなり、

「お母さん、優しくなった!!」

とお子さんから好評のこともありますが、

「怒らないから、お母さん変・・・」

と意外なコメントをいただくこともあります。子供たちは、これぐらいのいたずらだったら、お母さんはどの程度の反応をするかということを知っていて、確かめているのかもしれません。
| 慢性疲労症候群 | 23:07 | comments(1) | trackbacks(0) |


慢性疲労とミトコンドリアの機能について
慢性疲労症候群についてこのブログで取り上げ始めたときに、ビタミンB群の機能について触れました。
ビタミンB群は、エネルギーの基質となる糖質、脂質、タンパク質からATPといわれる私達の活動のためのエネルギーを産生するために必要不可欠な栄養素です。

このビタミンB群が多く消費されATPを産生する場所がミトコンドリアという細胞にある器官です。多くのエネルギー(ATP)を産生しなくてはならない組織、たとえば肝臓とか筋肉とかの細胞は、ミトコンドリアが多く含まれています。
これらの肝臓や筋肉などの組織は、他の組織に比較して赤いのは、ミトコンドリアが多く細胞に含まれるためです。
そしてこのミトコンドリアに多く含まれる酵素にチトクローム酵素があります。このチトクローム酵素は、鉄を含む酵素の代表的なものです。
くどくなりましたが、要するにATPを大量に産生しなくてはならない組織が赤いのは、鉄を含むチトクローム酵素を大量に含むからなのです。

もうお分かりのことと思いますが、疲労に打ち勝ち活動的であるために必要なエネルギーの産生場所であるミトコンドリアは、代謝のいたるところでビタミンB群を消費し、鉄を含む酵素の活性によって機能するということなのです。

新宿や八重洲のクリニックに、すでに慢性疲労症候群といわれたことがある患者さまや、いろいろな情報によって慢性疲労症候群と自ら疑い受診される患者さまの多くが、女性であることが、鉄欠乏と強い疲労(慢性疲労)に深い関係があることを示唆するものと思います。

ブログでもたびたび取り上げた精神疾患の診断マニュアルであるDSM-犬任癲普通の精神科医が読まない後半部分には鉄欠乏製貧血と精神症状について記載があります。
しかし、現状ではヘモグロビンや赤血球数などで貧血(鉄欠乏)を診断することになっているので、実際の鉄欠乏を見落としてしまうのです。
| 慢性疲労症候群 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |


慢性疲労とビタミンC
慢性疲労症候群の治療にはビタミンCの大量療法が有効であるとされています。

大量と言っても1日3〜4gの摂取ですので、新宿や八重洲では、日常患者さま方へ処方している通常使用量ですが・・・。
いきなり余談になりますが、ビタミンの大量療法という言葉を良く聞きます。この大量という言葉にともなう印象が、さまざまな不安を作るようです。

『そんなに摂って大丈夫なのですか?』
『蓄積して、沈着しちゃうんじゃないですか?』
『おしっこに出てしまって意味がないのではないですか?』

これらのコメントは、大量という表現が悪さをしているかもしれません。
至適量の投与と表現を改めて欲しいものです。

さて本題に入ります。

慢性疲労症候群の治療にビタミンCが有効といわれている理由は、ビタミンCの活性酸素の除去によるものであると言われています。

慢性疲労のメカニズムとしてエネルギー産生障害というこれまでのブログの内容からビタミンCの持つ作用と疲労に対する効果を見直してみることにします。

私たちの日常活動で必要となる最低限のエネルギーは基礎代謝と言われるものです。この基礎代謝に必要なエネルギー(ATP)は、糖質・脂質・タンパク質から作られます。しかし実際には、脂質由来のATPが40%を占めるといわれています。
つまり日常生活を最低限送るためには、脂質をしっかりと代謝してATPを産生しなくてはならないということになるのです。
脂肪は、糖質のように効率よくエネルギー産生のサイクルに入ることができません。
エネルギー産生の主な場所であるミトコンドリアに入るために、カルニチンというアミノ酸を必要とします。

このカルニチンというアミノ酸は、私たちの体内で合成できるアミノ酸です。
体内で合成するために必要なアミノ酸で大切なものはメチオニンという動物性タンパクに含まれるアミノ酸です。
ビタミンCは、体内でカルニチンを作るために最も重要な経路に関係する重要な栄養素なのです。

こうして考えると、ビタミンCが疲労に効果があるのは、単純に活性酸素の除去によるものではなく、脂質からエネルギーを作る過程で必要不可欠な栄養素であるためと考えることができるのです。
| 慢性疲労症候群 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |


慢性疲労と低血糖症
新宿や八重洲のクリニックでは、5時間の糖負荷検査を行っています。

空腹時に決まった量のブドウ糖が含まれた飲み物を飲んでいただき、その後5時間にどのように血糖値やホルモンが変化するかを見るものです。

血糖曲線にはいくつかのパターンがあり、それぞれが精神症状を説明するものであることは、このブログで繰り返しお伝えしてきました。

低血糖症のなかで、無反応性低血糖症というタイプがあります。
ブドウ糖を摂取しても、正常で見られる血糖の適度な上昇がなないタイプです。
別名『慢性疲労タイプ』です。

昨日のブログでも説明したように、糖質はもっとも効率よく血糖を上層させる食材であるために頻繁に摂取され、それが自律神経を乱す原因になります。

『無反応性低血糖症=慢性疲労タイプ』

の場合には、糖質を摂取しても摂取しても、有効な血糖の上昇が得られません。そのために、甘いものを摂取し続けるようになってしまったり、あるいは重度に深刻な疲労感を覚え、あたかもうつ病のような症状を呈することになります。

血糖値が少々しない理由は、いくつかあるのですが、いずれも通常の抗精神病薬などで対応できるものではありません。
血糖調節異常の原因についての詳細は、5時間糖負荷検査を行い評価することができる医師に診断してもらう必要があります。

このような病態では、基本的に糖質の代謝障害が存在しますので、タンパク質や脂質などの効率のわるい栄養素の代謝によってエネルギー(ATP)を産生するように栄養アプローチを組み立てます。

強い疲労感を訴えると、心療内科を紹介され薬漬けの始まりになることが多いので、このブログでも積極的に取り上げるようにします。
| 慢性疲労症候群 | 20:58 | comments(2) | trackbacks(0) |


慢性疲労を考える
厚生省の研究班が定めた『慢性疲労症候群の診断基準』は、その条件が厳しく満たされることが少ないため、この病名が廃れてしまったような感があることをお伝えしました。

欧米ではも少しゆるい基準であるため、多くの患者数が報告されています。
厚生省の診断基準を満たすか満たさないかは別にして、強い疲労感を訴える患者さまはとても多く、特に統合失調症やうつ病と診断された方の多くは、強い肉体的な疲労感を訴えます。

血液検査データでも、一般的な評価法である肝臓や腎臓の機能を見るだけは、疲労の原因を推測することができません。そのために、疲労を強く訴える場合に心療内科の受診となり投薬中心の治療が始まるのです。
分子栄養学的な血液検査データの読み方を1年にわたり医師向けの雑誌『ジャミックジャーナル』に連載してきましたが、ことしの3月で連載も終わってしまいます。
幸いなことに、このブログも多くの医師が読まれていることをいろいろなところで言われますので嬉しい限りですが、今後はどのように医師向けに情報発信しようかと考えています。

さて本題の慢性疲労についてです。
疲労がエネルギーの不足とすると、私たち人間のエネルギーであるATPの産生障害が大きな原因として考えられます。
ATPは、古典的な栄養学で言われるところの3大栄養素である、糖質、脂質、タンパク質が代謝される過程で生じる物質です。このATPがどれだけ効率よく産生されるかということが大切になります。

統合失調症やうつ病の方々の多くは、甘いものや糖質(米・パン・麺なども含む)を好んで摂取される方が多くいらっしゃいます。
これらの物質を好んで食べる原因のひとつに、血糖調節異常(低血糖症)が関係することは確かですが、別のことも原因として考えられます。

3大栄養素は、糖質も脂質もタンパク質も、最終的には同じ経路に組み込まれ、代謝をうけATPを産生します。
しかし、ATPを産生する経路に入るまでは、3大栄養素はそれぞれ異なる道筋を通ります。
脂質やタンパク質は、その複雑な構造を分解し、ATPを産生する経路に入るまでに、多くの代謝を受けます。その代謝経路には、ビタミンB群が深く関与するのです。
糖質は、3大栄養素の中で、もっとも効率よくATP産生の経路へ入ります。つまり余分なビタミンB群を使わないでエネルギー産生ができるのです。

低血糖症やエネルギー産生の効率のよさなどから、多くの精神疾患の患者さまが甘いものを好んでいるのかもしれません。
| 慢性疲労症候群 | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |


疲労を考える
昨日のブログで紹介した『慢性疲労症候群』は、厚生労働省の研究班が発表した診断基準が実情に合わないために、いつのまにかブームが去ったかのように、その病名を耳にすることが少なくなってきました。

このブログでは、研究班が作成した基準に合うか合わないかということを議論するつもりはありません。

疲労とはなにか?
慢性疲労の原因はなにか?
慢性疲労の対策はなにか?

これらの点について、分子栄養学的に考察していこうと考えています。

『あ〜ぁ、疲れたぁ〜』

こんな言葉をつかうときは、きっと慢性の疲労ではないでしょうね。
その言葉を言う前の行動によって感じる感覚だと思います。

私たちは身体を動かすとき、物を考えるとき、PCを入力するとき・・・・思考や行動には常にエネルギーが必要になります。
このエネルギーを作るために必要な物質が、常に体内に貯蔵されていたら、日常生活で起こりうる行動などは、難なくこなすことが可能なはずです。

例えば、駅の階段を早足で昇る。
約束の時間に遅れないように、早足で歩く。

上記のことは、日常生活でよく遭遇する場面ですが、このようなちょっとした運動負荷でも強い疲れを感じたり、意図的に階段や早歩きを避けたりしている人もいます。
そのような方々は、日常生活に余裕がありませんね。ぎりぎりでやっているといえるでしょう。しかし、日常生活は問題なくすごしているのです。

また次の機会では、このような日常生活+ほんの少しのαなのに、それが負担という状態を考察しようと思います。
| 慢性疲労症候群 | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) |


慢性疲労症候群
”慢性疲労症候群”

少し前は、このように診断されたと言う患者さまが多くいらっしゃいました。
最近は、この病名がつけられていて来院される方は減ってきています。
病気が減ってきているのではなく、この病名への医師の注目度が下がっているということが出来るでしょう。

そもそも○○症候群(△△症)という傷病名は、あてにならないというのが僕の考え方で、はっきりとした原因がなく、多くの症状を訴えられるときに・・・・

メニエール症候群
自律神経失調症
パニック症候群(と言われたこともありました)
慢性疲労症候群

などど病名を付けます。
最近は、メタボリックシンドロームという概念が広く国民に知れるようになりましたが、これまで高血圧、糖尿病、高脂血症などと個別に扱われていた疾患を、1つの病態へまとめるために病名をつけるのには賛成ですが、通常の○○症候群は医師としてはお手上げですよ〜〜と言うものかもしれません。

さて表題の慢性疲労症候群は、1980年代からアメリカで提唱された疾患の概念です。
診断基準は、精神疾患の診断と同じく、特徴的な症状をあてはめていく方法がとられています。日本でも、厚生省の研究班が結成され国費をつかって研究されました。
その研究期間中は、医学雑誌などで頻繁に目にしていたので、慢性疲労症候群と診断される患者さまが多くいらっしゃいました。しかし、研究班が解散し、雑誌やマスコミなどで病名を目にしなくなってきたので、これまでどおりにうつ病などと診断されることが多くなっています。

以下に厚生省の研究班がまとめた診断基準を書きます。この基準が厳しいために、日本ではアメリカよりも患者数が少ないように見える統計があります。
このブログでは、分子栄養学的に慢性疲労症候群のメカニズムを考察し少しずつお伝えしようと思っています。

●.厚生省慢性疲労症候群(CFS)診断基準
A.大クライテリア(大基準)
1. 生活が著しく損なわれるような強い疲労を主症状とし、
少なくとも6ヵ月以上の期間持続ないし再発を繰り返す(50%以上の期間認められること)。
2.病歴、身体所見、検査所見で別表*に挙けられている疾患を除外する。
B.小クライテリア(小基準)
ア)症状クライテリア(症状基準)
(以下の症状が6カ月以上にわたり持続または繰り返し生ずること)
1.徴熱(腋窩温37.2〜38.3℃)ないし悪寒
2.咽頭痛
3.頸部あるいは腋窩リンパ節の腫張
4.原因不明の筋力低下
5.筋肉痛ないし不快感
6.軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感
7.頭痛
8.腫脹や発赤を伴わない移動性関節痛
9.精神神経症状(いずれか1つ以上)
光過敏、一過性暗点、物忘れ、易刺激性、混乱、思考力低下、集中力低下、抑うつ
10.睡眠障害(過眠、不眠)
11.発症時、主たる症状が数時間から数日の間に出現
イ)身体所見クライテリア(身体所見基準)
(少なくとも1カ月以上の間隔をおいて2回以上医師が確認)
1.微熱
2.非浸出性咽頭炎
3.リンパ節の腫大(頸部、腋窩リンパ節)
◎大基準2項目に加えて、
小基準の「症状基準8項目」以上か、
「症状基準6項目+身体基準2項目」以上を満たすと「CSF」と診断する。
◎大基準2項目に該当するが、
小基準で診断基準を満たさない例は 「CSFの疑いあり」とする。
◎上記基準で診断されたCSF(「疑いあり」は除く)のうち、
感染症が確診された後、それに続発して症状が発現した例は「感染後CSF」と呼ぶ。
*別表は省略。除外する疾患は、既知の器質的疾患とうつ病と考えてよい。
| 慢性疲労症候群 | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) |


| 1/1PAGES |