うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
昨日の診療から
JUGEMテーマ:健康

昨日受診してくれた患者さんと、とても興味深い会話をすることができました。

若い女性の患者さんです。
大学病院の精神科で治療されていました。
びっくりするような多剤併用で治療されていましたが、激しいパニック発作がほぼ毎日起こり、頻繁に救急車で運ばれているような状態でした。

栄養療法を行い、何度か増悪と改善を繰り返しながら、治療初期と比較すると確実な改善を示していました。

昨日の外来では、

『病気になる以前の感覚が戻ってきました』

と報告してくれました。
中学生時代に経験したいじめなどが原因の一つであったため、その感覚とは中学生の頃のものなのかもしれません。
具体的にどんなことなのかを訪ねてみると・・・

『血をみると、びっくりするようになったのです』

この患者さんは、いじめに会い、うつ症状やパニック症状が生じ、治療しても治らず、学校を辞め・・・友達は新しい進路にすすみ・・・
”自分は、存在する価値がない・・”
リストカットをするようになり、でてくる血をみることで自分の存在を確認していたそうです。血が自分を安心させホッとさせるものになっていたのです。

ところが、改善にともない減薬が始まると、以前の血にたいするイメージが戻ってきたということだったのです。
その他の様々な場面においても、これまでと異なる以前の反応がもどってきています。
資格をとるためにパソコンスクールに通いはじめていたそうなのですが(これもびっくりする改善です)、そのパソコンスクールの同じビル内にあるファーストフードの店に、中学時代にいじめられた、最も会いたくない人が働いていたそうです。
さすがにその晩には、軽いパニック発作がおこったそうですが、以前であればその発作がひどくなり長期に継続していたことは明らかです。

彼女の対応は、パソコンスクールを辞めたりしないと選択し、以前はいじめられていたのは自分が悪いからと思っていたのが、自分は悪くないかもしれない・・・と認識が変化しているそうです。

”血”は、”血”であって、反応はびっくりするもの。
”会いたくない友達”は、”会いたくない友達”であって、自分を卑下する存在ではないし、目の前に居ないのにドキドキする緊張の対象ではなくなってきたのです。

このような改善は、感覚を麻痺させることが主な作用である薬物療法では得られないものです。
脳がもどってきた という感じなのだと思います。
| パニック障害 | 23:50 | comments(7) | trackbacks(0) |


本日の診療から
JUGEMテーマ:健康

本日の診療で、他の心療内科でパニック障害と診断されていた20歳代の男性の患者さんが来院されました。

調子は、どうですか? という問い合わせに対して、
『調子、良いっすよ!』
『もう治ったって感じです』

もちろん、薬は全て使わず食事制限とサプリメントは継続されています。
使用するサプリメントも治療初期と比較してとても少量で済むようになっています。

カルテを見返してみると、平成18年1月が初診でした。
そのころは、ほぼ毎日訪れるパニック発作と身体のだるさ、頭痛、にきび、体重増加、お薬の多剤併用・・・・でした。そして当然仕事はできず、休職の状態でした。

治療期間は、3年以上にもなっています。
この長期間におよぶ治療期間で本当に調子が良くなり、仕事を含めた日常生活において、何も身体や心へ不安を覚えることなく生活ができる様になったのは、去年の暮れ頃からです。
それ以前に断薬には成功し、復職も済ませていました。

改善の経過には、段階があるようです。

・薬が無くても、あるいは少量でも、日常生活に支障がない
・仕事や学校などのストレスに対して耐えることが可能
・土日などは、自分の興味あるものに興味があり、時間を使うことができる
・仕事、学校などの生活を含め、拡大した日常生活に全く支障がない

簡単に言うとこのようなことだと思います。

あともうお一人の患者さんからも、とても興味ある改善の経過について話を聴くことができたので、また別の機会にお伝えしようと思います。

| パニック障害 | 23:25 | comments(2) | trackbacks(0) |


本日の診療から
JUGEMテーマ:健康

本日の診療で、他の心療内科でパニック障害と診断されていた20歳代の男性の患者さんが来院されました。

調子は、どうですか? という問い合わせに対して、
『調子、良いっすよ!』
『もう治ったって感じです』

もちろん、薬は全て使わず食事制限とサプリメントは継続されています。
使用するサプリメントも治療初期と比較してとても少量で済むようになっています。

カルテを見返してみると、平成18年1月が初診でした。
そのころは、ほぼ毎日訪れるパニック発作と身体のだるさ、頭痛、にきび、体重増加、お薬の多剤併用・・・・でした。そして当然仕事はできず、休職の状態でした。

治療期間は、3年以上にもなっています。
この長期間におよぶ治療期間で本当に調子が良くなり、仕事を含めた日常生活において、何も身体や心へ不安を覚えることなく生活ができる様になったのは、去年の暮れ頃からです。
それ以前に断薬には成功し、復職も済ませていました。

改善の経過には、段階があるようです。

・薬が無くても、あるいは少量でも、日常生活に支障がない
・仕事や学校などのストレスに対して耐えることが可能
・土日などは、自分の興味あるものに興味があり、時間を使うことができる
・仕事、学校などの生活を含め、拡大した日常生活に全く支障がない

簡単に言うとこのようなことだと思います。

あともうお一人の患者さんからも、とても興味ある改善の経過について話を聴くことができたので、また別の機会にお伝えしようと思います。

| パニック障害 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |


本日のカウンセリングから
JUGEMテーマ:健康

今日は、ある病院でのサプリメント外来での診療でした。
アンチエイジングや皮膚にたいするレーザー治療などを中心にしているクリニックなのですが、最近のサプリメント外来は糖尿病やうつ病の方などがいらっしゃるようになって来ました。

今日は、40歳代の女性の患者さまのカウンセリングでした。
これまでの経過をご紹介します。

30歳を過ぎた頃から、徐々に体重が増え始めた。それ以前は少し気をつけると体重を減らせたが、何をしても体重が減らなくなった。
△修虜△ら、かるい動機やめまい、顔のほてり感などを自覚するようになり”早い更年期”かと思っていた
ある日、いつもよりも強い動機とめまいを感じ、”死んでしまうかもしれない”と感じる恐れと不安を感じた。救急車で運ばれパニック障害の診断を受ける。
づ衞瑤始まり、2〜3ヶ月でよくなるだろうと思っていたが明らかな改善はなく薬が増えてきた。今は、パキシル・トレドミン・ソラナックス・マイスリーを飲んでいる。強い便秘になりマグネシウムの薬が常に必要。

以下は、問診からの情報です。

A.睡眠のリズムが取れない。
B.とてもリアルな夢で、痛いとかしびれるとか・・・感覚がはっきり感じながら夢を見ているので、寝ている気がしない
C.予想していない音に他の人よりもびっくりしやすい

今までの症状の経過や問診からの情報は、栄養面からの様々な情報を提供してくれます。
今後は、それらの症状からの情報と栄養面での関連などについて考えていこうと思います。
| パニック障害 | 21:36 | comments(5) | trackbacks(0) |


何度でも、何度でも・・
JUGEMテーマ:健康

今日は八重洲でパニック障害を治療中の患者さんが来院されました。
診察室へ入ってきての第一声が『先生、ゴメンなさい・・』でした。

どうしてゴメンなさいと謝ったというと、甘いものを我慢できていたのに、少し良くなったから食べ始めてしまったからでした。

最初の血液検査結果を説明するときに、糖質への依存がとても強いデータだったので砂糖の制限が治療上重要なので厳しく制限することを依頼しました。
検査データからその必要性を説明しても、大好きな甘いものを制限することの約束はなかなかできませんでした。
かなり厳しい口調で話した記憶があります。
そして『やってみます。がんばります!!』と選択してくれたのです。

なので今日、ゴメンなさいと言われたときにお話しました。

・溝口には謝る必要は全然ないこと。
・たとえ食事制限が守れなくても、再び診察へ来てくれて感謝していること
・本当は、『やってみます。がんばります!』と勇気を持って選択した、以前の自分に対してゴメンなさいと伝えるべきであること

などを話しました。
患者さんは、僕に厳しく言われたことが甘いものを制限するきっかけになったので、今日もまた怒られるかもしれないと思いながらも、自分を叱咤激励して欲しくて来院してくれたことなどを話してくれました。

勝っても負けても良いのです。
何度でも何度でも、とにかく土俵に上らなくては始まらないのです。
土俵に上がるということをしなくては、決して生き生きとした達成感はないのです。
この患者さんの場合には、甘いものを我慢できたら勝ちで、食べてしまったら負け・・・ただそれだけの単純なゲームです。

患者さんによって、上がらなくてはならない土俵はいろいろとあると思います。

勝負がどちらでも、土俵に上がり続けること。
それが大切なのだと思いました。

土俵に上がるために、僕の激励が必要であったら、たとえ負け続けていても来てくれたら嬉しいことです。


| パニック障害 | 23:10 | comments(8) | trackbacks(1) |


パニック発作と鉄欠乏
JUGEMテーマ:健康

明らかな原因がなく、突然訪れる、
・不安・恐れ、動悸・・・・など。

これらの症状は、パニック障害と診断されることになります。
症状はときに強く発作的に起こるために、死への恐怖をともなうこともしばしばです。
そのため、強い発作を経験した患者さんは、

『またあの発作がおこったらどうしよう・・・』

当然ですが、心配になり不安を持つようになります。
そして強い発作が起こった状況は、不安を予感させるために似たような場面をさけることになります。

本日、カウンセリングした患者さまは、パニック障害の診断でパキシルというお薬を服用していたことがある方です。
症状は典型的なパニック発作です。
栄養療法を始めて、約10ヶ月が経過しとても良好な経過です。

初診時と治療6ヶ月後の検査データでは、多くの項目で改善を確認することができたのですが、特に印象的だった変化は身体の中に貯めてある鉄分=貯蔵鉄の量を反映するフェリチンの変化でした。

初診時  フェリチン 7.5
6ヵ月後 フェリチン 12.7

変化は数値上では、とても少ないものです。
また検査データについてくる基準範囲でみると、フェリチンの基準範囲は・・・
フェリチン基準値 4〜64.2
ですので、初診時も6ヵ月後も基準範囲に入っています。
そのため、初診時でさえも通常の判断基準では異常値にならないため鉄の補充も行われず、鉄欠乏によって起こっている症状を『パニック発作』とひとくくりにしてしまい適切な治療が行われないばかりか、抗精神病薬の治療が始まります。

ちなみに僕のフェリチン値は、270です。
栄養のアドバイスをしている女子のマラソン選手にも200以上になるように鉄補充のアドバイスを行います。

鉄の過剰は、フリーラジカルの発生源となるためそんなフェリチンは良くないのでは?

どこからかそんな声が聞こえてきそうです。
との疑問への答えは別の機会にでもするとして・・・鉄の代謝を理解すると、治療6ヶ月後のフェリチン12.7でも大問題です。

別の見方をすると、フェリチンが12.7まで上昇しただけで様々な症状が改善し日常生活の快適さが増していることに驚きを覚えます。
もし僕がフェリチン20以下になってしまったら、きっと布団から起き上がることができないでしょう・・・。女性は強しです?!

もちろんパニック障害の原因が鉄欠乏だけであるなんて乱暴なことは言いません。
この患者さんも、鉄欠乏、ビタミンB群の不足、そして低血糖症と、いくつもの代謝の問題がそんざいしていました。
そして症状の発症には、精神的なストレスが関係していたことも事実です。

これらの栄養面の問題点を解決し、そしてストレスマネージを行い、良好な状態を維持しさらに向上できる生活習慣を身に付けることが本当の治療ということができると思うのです。
| パニック障害 | 16:37 | comments(1) | trackbacks(0) |


東京ディズニーランドデビュー
JUGEMテーマ:健康


本日は、9年前にパニック障害の診断を受け、その後は通常の投薬治療を継続されていた患者さんの来院がありました。
2回目の検査データについてのカウンセリングです。

9年前にパニック障害を発症。
娘さんは、ちょうど10歳だそうです。
つまり、娘さんが1歳そこそこのときにパニック発作を発症。投薬が始まります。
投薬治療においても本質的な症状の改善はありませんでした。

・外へ出られない
・電車に乗れない
・人ごみはダメ
・並んだりできない・・・

娘さんは、どんどん成長します。
友だちとの会話でディズニーランドのことが話題に出たりすると、
『ディズニーランドに連れて行って!』
と言われていたそうです。
上記のような状態では、とてもディズニーランドは無理です。

娘さんから、ここ数年はディズニーランドへのお願いは無かったそうです。

しかし先日、ついに娘さんを連れて東京ディズニーランドへデビューしたそうです。
娘さんも、栄養アプローチによって徐々に改善している母親の様子を見ていて、お願いするなら今だと思ったのでしょう。
お母さんとの念願がかなったのでした。

この患者さんのデータ上の問題点は、
・激しい鉄欠乏・・・妊娠、出産、授乳と連続したストレスが原因でしょう。通常の貧血検査だけでは、不足の程度は知ることができません。

・ビタミンB不足・・・多くの神経伝達物質の脳内での合成に必要不可欠な栄養素です。特に不足することによって、容易に興奮系の物質が増えることになります。動機、頭痛、不安、手足の痺れなどを引き起こします。

・タン白代謝の低下・・・いわずと知れた栄養療法の基本の基本は、タン白質の代謝改善です。この部分は、何としても改善しなくてはならないのです。しかもビタミンB不足では、タン白質の代謝は改善しません。

・血糖調節異常・・・・吸収が早い糖質を摂取すると、血糖の乱高下がはじまりホルモンの過剰分泌が起こります。その結果は、パニック発作といわれる様々な症状を急激に引き起こすことになります。

検査データは、いっぱんてきには参考基準範囲の中で変化がありました。参考基準値は栄養療法をするときにはあまり参考にならないのです。
このことについては、先日のビタミン学会でも発表したのですが、基準範囲が代わることは無いので、個人個人が認識を持たなくてはならないのです。

子供は、親の状態を結構冷静に観察しています。
今回は、娘さんからの依頼がなければ現状でディズニーランドのような状況の場へ足を運ぶことは無かったと思います。
パニック障害の方は、苦手な場面になかなか足をはこぶことができません。
栄養状態が改善し日常生活での支障がなくなっても特別な苦手な場面はダメなのです。それには成功体験を重ねる必要があるのです。

この患者さんには、適切なアドバイザーでありサポーターが居るので、今後の改善は勇気が必要でしょうが、早いのではと思いました。

| パニック障害 | 20:43 | comments(5) | trackbacks(0) |


パニック障害の患者さんの経過(トライアンドエラー)
JUGEMテーマ:健康


今日は辻堂での診療日です。
以前、このブログで紹介したパニック障害の患者さんの2回目の検査結果をお伝えする日でした。
3ヶ月前のブログで『検査結果が楽しみです!』と表現して皆様からいろいろとコメントを頂いた方です。

検査結果は、とても良好な改善経過を示していました。
○鉄欠乏の改善
○ビタミンB群の不足の改善
○ナイアシン不足の改善
○亜鉛不足の改善
○タン白質の代謝改善
いずれも完全な状態ではないものの、3ヶ月前と比較して別人のようなデータでした。
必要なサプリメントも大分減りました。

症状の変化も大変すばらしいものでした。
3ヶ月前にあった、不安や焦りをうかがった顔貌は影を潜め、目に輝きがもどりとても良い笑顔が診察室で見られるようになっています。

以前は、車の運転ができず、外出は大事だったのですが、今では車の運転も問題ない状況だそうです。
ただ先日、車専用のバイパス道路を走行していたときに、胸のざわつきや手指のしびれや冷感などがでてきたそうです。

パニック障害の患者さまは治療経過で、苦手な場面をひとつひとつ克服して行く作業が生じてきます。
その時にはトライアンドエラーを繰り返すことになるのです。
”やっぱり高速道路はダメだった・・・”
そしてまた一般道路でしばらく運転を挑戦。そのしばらく後に、また高速道路の運転にトライする時期が来るのです。
こうして日常生活の幅や楽しみを拡大していきます。

今日の患者さんは、とても良好な経過をたどられているのですが、心配なことがあります。それは一時期頑張って控えていた甘いものを、最近になり少し食べ始めているということです。
またドカ〜ンと発作が起こる前に、可能な限りの制限に取り組んでいただきたいと思いました。
| パニック障害 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |


不安症状と鉄欠乏と神経伝達物質
JUGEMテーマ:健康


今日のカウンセリングは、長期間にわたり栄養療法を継続してくれている方が多くなりました。
その中で、重度の栄養障害が強い不安症状の原因になっていたことが考えられる女性がいらっしゃいます。これまでのデータの推移と症状の変化について、脳内の神経伝達物質の合成過程から考察してみることにします。

38歳 女性の患者さんです
おととしの受診時には、不安神経症の診断で日中に抗不安薬、寝る前に入眠剤を服用していました。
投薬によっても症状の改善は無く、睡眠も浅い状態でした。電車中でパニック症状も出ていたため、パキシルを処方された時期もありましたが、副作用が強く飲み続けることはできなかったそうです。

新宿のクリニックを受診される前に多くの医療機関を受診されていたので血液検査も受けていたのですが、異常を指摘されたことはありませんでした。
栄養面から見て問題となる検査データは以下のようなものでした。

AST  17
ALT  11
Hb  11.8
MCV  81
MCHC 29.2

これらのデータは、通常の検査データの見方では正常と言われるものばかりです。
この検査に、貯蔵鉄量を反映するフェリチンを加えて測定すると、とても充当kな鉄欠乏が存在することが分かりました。
通常、このようなデータの場合には、コレステロールの合成が低下し、低コレステロール傾向になるのですが、この患者さんは総コレステロールもHDLコレステロールも充分な値でした。
これまで多くの患者さまへ栄養療法を行っていますが、状態が悪いときにもコレステロールの値が保たれている方、栄養療法によってコレステロールが容易に上昇する方などは、この治療で効果を得やすいような印象があります。

次回は、症状とデータの変化について、そしてその変化によって脳内の神経伝達物質の生合成がどのようにバランスが取れたのかを考察しようと思います。
| パニック障害 | 23:06 | comments(5) | trackbacks(0) |


検査データの続き
パニック障害で受診された患者さんの検査データについての一部を前回に解説しました。
本日は、その患者さんが来院されましたが、まだ改善傾向を認めず、動悸などの多くの身体症状が出現し、それにともなって不安な症状も出ていました。

これまでの強い症状のときも薬は使わずに来た方なので、可能であれば薬剤は用いずにいることがベターであり、相談いただいた症状も決して心配な大きな病気があるものではないことを説明しました。

さて今日は亜鉛の欠乏についての諸々の症状をお伝えしましょう。

亜鉛というミネラルは、生物にとって最も重要なミネラルと言うことができるかもしれません。
亜鉛は細胞が分裂するためのきっかけを作る働きがあります。つまり亜鉛がなければ、細胞分裂が行えないのです。怪我をしても新しい皮膚が作られません。怪我をしなくても、皮膚、粘膜、爪、髪の毛・・・これらの組織の質が落ちてくるでしょう。

また多くの酵素のはたらきに深く関係しますので、様々な機能が低下することになります。そしてとても大切なこととして、血糖値を調節するために重要なホルモンであるインスリンの構成成分になるだけでなく、インスリンの分泌の調節にも深く関与します。

インスリンは血糖調節の主役と言ってもよいホルモンであり、食欲の調節に関係することにもなります。
摂食障害の半数以上に亜鉛欠乏が関係するという論文もあり、食事や摂食行動に関係するものです。
そして、インスリンは脂肪を合成することにも関与するため、分泌のトラブルがあるときには、とても太りやすくなってしまうのです。

またインスリンが直接交感神経を刺激するため、イライラがしょうじたり、インスリンの過剰分泌によって血糖が下がりすぎると交感神経が過緊張してときに攻撃的になってしまったりすることもあります。

亜鉛欠乏と皮膚のトラブル、特にアトピー性皮膚炎とも深い関係があることも皮膚科の一部の医師にも注目されています。

亜鉛の作用についてはまだまだ大切なことがあるのですが、とりあえずこの程度にしておきましょう。
次はタンパク質の代謝低下や鉄欠乏についてですね。
ネタ切れなのか、いままでの繰り返しの話題も増えました。なにか新しいことを書くつもりですのでお付き合いください。

| パニック障害 | 23:10 | comments(15) | trackbacks(0) |


| 1/4PAGES | >>