うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
不妊治療と尿の色

JUGEMテーマ:健康


前回のブログで尿の色調の変化についてお伝えしました。
そのブログを読まれていた患者さんと診察中にとても興味深い会話ができたので紹介したいと思います。

その患者さんは、不妊治療をされていました。不妊治療の担当医からは、あまり状態がよくないので妊娠は難しいだろうと・・・そして「栄養療法を併用して妊娠体質を作る」ことにしたのです。
不妊治療への栄養療法にかぎらず、ほとんどの患者さまへビタミンB群はサプリメントで補うことをするのですが、この患者さまもビタミンB群をサプリメントで摂取して尿の色が黄色の蛍光色になったことに驚いていました。
そしてしばらく栄養療法を継続していたところ、なんと妊娠が成立!!先日の受診時は妊娠12週でした。少し前から尿の色が透明になっていたことに気がついていたときに、先日の尿の色調の変化についてのブログを読み、もしかしたら妊娠によってビタミンBの消費が格段に増えてしまい透明になったのではと気づき診察で報告してくれたのです。

妊娠初期に最も重要な栄養素は何ですかと質問されることがよくあります。自分は間違いなくビタミンB群だと答えます。妊娠初期には脳や腸が形成されますが、それらは神経の集合体。つまり大量のビタミンBが必要なのです。胎児は腸内細菌が居ないので、必要なビタミンBはすべてお母さんからの供給に依存しています。
栄養療法を行っているとビタミンB群が十分な状態で妊娠されると、つわりがほとんど起こりません。もしかするとつわりはビタミンBの不足を示す症状かもしれません。そしてビタミンB群がたっぷり供給された赤ちゃんはとても穏やかで良く眠って育てやすいのです。
妊婦さんへの正しい栄養指導が行われたら、産後うつも激減するし育児ノイローゼも減るでしょう。そしてなにより健康な赤ちゃんの発育につながり、アレルギーをはじめとする多くの乳幼児のトラブルの予防になるものと思っています。

| 不妊症 | 08:42 | - | - |


おめでとう
JUGEMテーマ:健康


このブログのコメントに嬉しいお知らせが届いていました。
最初は、体調不良の改善を目的に栄養療法に取り組み、その結果として思いもよらなかった”妊娠”を経験された患者さんが出産されたのです。

いただいた内容を抜粋して、皆さんにもお知らせしますね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私事ですが、12月○日に元気な女の子を出産しました。
初産だったにも関わらず、強い陣痛が来てから3時間で入院。
そこから4時間で出産。
助産師さんにも『教科書通りの出産だね』と言われたくらいの安産でした。
初乳もしっかりあげる事ができ、髪はフサフサで肌は驚くほどツルツルです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本当に嬉しいお知らせです。
栄養療法を継続されて妊娠、出産された患者さんからは、共通して出産が楽だった・・・という感想を聞きます。
中には、3人目の妊娠で初めて栄養療法を経験され、それまでの出産と比較して明らかに安産だったので、もう一人妊娠してもよいです!!と話された方もいらっしゃいました。

出産前に、初乳を赤ちゃんに飲ませることの重要性について話しをしていたので、しっかりとあげることができたようで本当に良かったです。お母さんの母乳成分は、日々変化してその時々の赤ちゃんに必要な栄養素の濃度に調節されています。初乳をあげることは、とてもよいことなのです。
そして予想通りにお肌もツルツルでよかったです。

コメントには、産後の体調の回復も驚かれるほど順調で、メンタル面でも影響をうけることなく赤ちゃんとかけがえのない時間を過ごすことができていることが書かれていました。

まずはおめでとうございます。
そして嬉しいお知らせをありがとうございました。
これからの子育てを楽しんでくださいね。

クリニックには、まもなく出産を迎える方が数名いらっしゃいます。
みなさん、栄養バッチリなのできっとこのような出産になると思います。

まだ嬉しい結果が得られない不妊症の治療で栄養療法を実践されている皆さんへ・・・いつ嬉しい知らせが来るか分かりません。そのときのために万全の身体にしておきましょう!!
きっと妊娠の経過もよく安産で、子育ても楽しくできると思います。
| 不妊症 | 00:11 | - | - |


妊婦さんと鉄
JUGEMテーマ:健康


昨日は、医師・歯科医師向けのセミナーで講師をしました。
内容は、血液駅検査データの読み方のアドバンス編というもので、特に貧血をどのように評価するかがメインテーマでした。
鉄の代謝を正しく理解することが、ある意味人の身体の状態を正しく知ることにつながります。
鉄は植物、細菌、もちろん人間も含めて地球上のほとんど生物にとって必要不可欠な分子です。ところが地球上の鉄は3価のイオンの形であり、生物が利用するのはとても困難な形になっています。様々な場面で生物は鉄の取り合いをしています。
人は、常に鉄欠乏の危険にさらされているので、一度吸収した鉄を大切に利用し身体の外へ意図的に排泄することはありません。それでも毎月月経を繰り返すことによって、女性はさらに鉄代謝の面では厳しい環境にさらされています。

ここ数年、新宿のクリニックでは、他の施設で不妊症の治療をしている患者さんが、栄養状態の改善を目的に受診されることが多くなりました。通常の不妊治療に栄養療法を加えることによって、妊娠することができた患者さんの数が増えてくることによって、やはり妊娠が成立するためには良好な栄養状態が必要なんだろう・・・と感じています。

その栄養状態のなかでも、鉄代謝の改善は妊娠成立には良い影響を与えます。
妊娠中は、月経がなくなるにもかかわらず多くの妊婦さんが妊娠中には貧血になり鉄剤の補充が必要になってしまいます。妊娠によって消費される貯蔵鉄は500mgと言われています。血清フェリチンの値とすると、理論上60〜70に相当します。つまり妊娠は、その期間は月経による出血がないにも関わらず、普通では利用しない貯蔵鉄を大量に消費することなのです。
ところが9月8日のシンポジウムで講演された大宮レディースクリニックの出居先生のデータでは、不妊症で治療する患者さんの86%の方がフェリチン50未満であることを示しています。妊娠によって減少するフェリチンが60〜70であることを考えると、不妊症の患者さんのフェリチンが50未満であることが問題であることを理解していただけると思います。

さらに母体が鉄欠乏である場合には、低体重出産が増えることなどは古くから報告されています。
また妊娠中の鉄欠乏が産後のうつ、不安、認知機能の低下などと深い関係があることが報告されています。
そのほかにも、子どもが鉄欠乏の場合には、精神神経系の発達に支障が生じることなども古くから知られています。

妊婦さんにとって鉄がいかに重要であるか、セミナーでなんどもなんども強調して話しました。
休み時間にある先生が面白い話をしてくれました。ギリシャ神話では、これまでの歴史で金の時代、銀の時代、銅の時代が終わり、現在はなんと鉄の時代として伝えているとのことでした。
人の栄養摂取が、狩猟採取から農耕中心に変化したことによって鉄欠乏は人類共通の栄養の問題と海外の教科書には書かれています。

そしてもっとも大きな問題は、現在の日本の参考基準値を用いると鉄欠乏が正しく評価されないということであると思います。

| 不妊症 | 00:19 | - | - |


9月8日講演会 ドクター紹介:その3
JUGEMテーマ:健康


9月8日の無料講演会では、できるだけ多くの診療科ドクターに参加してもらえるようにしました。
今回は、不妊治療の分野で栄養療法を応用し目覚しい成果をあげている医師に参加してもらえることになりました。

参加ドクター: 出居 貞義 先生

医院名: 大宮レディースクリニック
住 所: 〒330-8669 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル14F
TEL: 048-648-1657
FAX: 048-648-1658

大宮レディースクリニックの出居(いでい)院長は、不妊治療の分野では以前から有名な先生でした。
不妊治療の分野でいち早く栄養療法を取り入れられ多くの患者さまへ実践されています。
詳細については、大宮レディースクリニックのホームページにある専用ページを参考にされると良いです。

出居先生のすごいところは、不妊治療に訪れる患者さんの年齢が35歳以上である割合が94%と非常に高いにも関わらず、延べ妊娠件数が2011年には埼玉県で2番目に多い515件。
さらに驚くことは、全妊娠に対する一般不妊治療の割合が76%になっていることです。
一般不妊治療とは、タイミング法や人工授精による不妊治療のことで、より自然に近い妊娠が得られる不妊治療ということができます。
35歳以上の患者さんが多いにもかかわらず一般不妊治療での妊娠が可能な背景に、栄養療法があると出居先生はお話されています。

不妊治療はマスコミでも大きく取り上げられ注目されている医療分野です。
講演会の当日では、従来のホルモンを中心とした不妊治療と栄養療法を併用した不妊治療の違いなどについてお話が聞けるかもしれません。

今回のシンポジウムでは、特に注目される講演になると思います。
| 不妊症 | 00:30 | - | - |


不妊治療でのいろいろ
JUGEMテーマ:健康


新宿溝口クリニックの栄養療法では、不妊治療のお手伝いが密かな得意分野です。
いつも感じるのですが、なんとなくブームがあるようです。

このところうれしいニュースが立て続けです。

その中でも・・・・

ある不妊治療中の御夫婦のカウンセリングにて・・。

不妊治療を始めたところ、御主人が無精子症であると言われたそうです。
そして奥さんも妊娠のためにはいくつかの問題点が不妊治療の主治医から指摘されていました。
栄養アプローチは、奥さんを中心に。
御主人には、クリニックの亜鉛をおすそ分けというかんじで細々と飲んでいただいていました。

奥さまの疲労感や様々な症状が改善してきたと同時に、いままでゼロだった御主人の精子が出てきたそうです。
検査するたびに、2匹(?)・4匹・8匹とどんどん増えていきました。
不妊治療の主治医からも、これなら体外で行けるかも知れない・・・・と。

そこで先日のカウンセリングでは、奥さまから御主人の更なる改善方法はないかと相談されました。
もちろんあります。
そこでいくつかのアドバイスをしました。
きっと数も質も改善すると思います。


そして、先日。
40歳代の患者さんで、不妊治療歴は数年を経過しています。
栄養療法を併用し始めて、ちょうど1年を過ぎました。
この間に、実は一度妊娠が成立。
しかし心拍が確認される前に流産してしまったのです。
その時の落胆振りは、一緒に泣いてしまいそうなほどでした。
でも多くの患者さんが教えてくれています。流産したあとは、また妊娠しやすいことを!!
やはりどうしてもそのことを伝えたくて、数ヶ月前のカウンセリングでは、希望を持つように伝えました。

その後、流産の2ヵ月後に行った最初の体外で見事妊娠が成立。
さら今回は、9週まで順調に育っているそうです。
もう少しで不妊治療のレディースクリニックは卒業だと言われたそうです。
つわりがひどくてサプリが飲めないと言われましたが、吐いてもいいから飲んでくれと励ましました!?

そして地方にお住まいの患者さん。
出産されて5ヶ月目で栄養検査の結果カウンセリングでした。
栄養療法をしながら生まれてきた赤ちゃんは、ニコニコほがらかであまり泣きません。夜も良く寝てくれるので子育てにともなう苦痛がとても少ないのです。
おばあちゃんにも、あなたは子育てがとても楽な方よ〜と言われたそうです。
ママになった患者さんから、

『とにかくかわいい、かわいいという気持ちで子育てができて幸せです。』

とうれしいコメントをいただきました。
年齢を考慮するとすぐにでも二人目をと考えているが、検査データでの栄養状態ではどうですか??ときかれました。
いつでもOKな状態でした・・・これはすばらしいことです。


そしてもうお一人。
体の不調の改善を目的に栄養療法を開始。
症状やデータの改善がえられたころに、妊娠が成立。
そして出産し授乳が始まりました。

いろいろな情報から、授乳中のサプリメントの摂取に不安があり、全てのサプリの摂取を中止したところ徐々に体調が不良となったそうです。
そしてビタミンB群とヘム鉄の摂取を再開。
するとご本人の体調は改善したのですが、以前のように尿が黄色にならない。
ところが母乳をのんでいる赤ちゃんの尿は黄色に変化したというのです。
女性の体のすごさだと思います。
自分よりも母乳に優先して栄養素を分布させているのでしょう。
赤ちゃんの尿が黄色くなることは、全く問題ないことや授乳中にしっかりと栄養素を補充することのメリットについてを説明しました。

今日、御紹介した患者さんの経過から、人の身体が持つ可能性の大きさを感じます。
栄養素を補充すると、まず優先的に必要な部位に届けられ機能を向上させます。それが完了すると優先順位が低いところへ分布するようです。
| 不妊症 | 23:21 | comments(1) | trackbacks(1) |


不妊治療と栄養
JUGEMテーマ:健康


新宿のクリニックには、不妊症でお悩みの方が来院されます。
クリニックとしてもあまり情報発信している分野ではないのですが、訪れる患者さんは後を絶ちません。

僕の診察室のパソコンには、”妊娠成功患者さんリスト”というリストがあり、妊娠成功のお知らせを聞くとそのリストへ名前が加わります。

この春は、ちょっとした妊娠ラッシュでした。
クリニックを受診いただくたびに、少しずつお腹が大きくなりママの雰囲気がでてくる変化を見せていただくことは通常とは違った喜びが感じられるものです。

妊娠が成立しないまでも、これまでの不妊治療よりも一歩も二歩も前進した患者さんも多くいらっしゃいました。

『採卵できても、1個で質が悪く受精しなかった状態から、3個も卵子が取れてどれも凍結できる良いものだった』
とか
『体外受精しても、すぐに分割が終わってしまっていたが、戻すことができた』

などなどです。

これらの変化は、それまで行なってきた不妊治療の延長では、なかなか得られない変化です。
妊娠が成立した後の母体の検査データの急激な悪化というか変化を考えると、不妊治療には最初から栄養アプローチを併用するのが良いといつも思うのですが・・・上手く行かない方々しか相談にいらっしゃいません。

そんな中、先日はちょっと質の違った変化の報告をいただきました。
それは、御主人の方の変化です。
つまり、精子の質が著しく向上したというのです。

精液量・精子数・運動率・奇形率 いずれの項目も改善傾向があり、特に重要な運動率の向上と奇形率の低下が著しかったのです。
来院してくれた奥さんには、男性の改善は女性と比較して単純で簡単なものであることをお伝えしました。
御主人は、この変化を聞いてすごく喜ばれたそうです。
やっぱり自然界の雄として、この変化はとてもうれしいことだなぁ〜と思います。

この御夫婦にももうすぐ良い知らせが来るのではないかなぁ〜と感じながら話を聞いていました。

不妊治療は通常の病気の治療とは異なる大変さがあります。
そして栄養療法でお手伝いをしていると、どの病気でも感じられる人間の身体のすばらしさを不妊治療でも感じるのです。条件(栄養状態)を整えてあげると、驚くような成果がでてきます。
根気よく取り組んでいきましょう。
| 不妊症 | 00:56 | comments(2) | trackbacks(0) |


| 1/1PAGES |