うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

新宿溝口クリニック

オーソモレキュラー栄養療法<br>導入医療機関一覧

医師・歯科医師向けセミナーのご案内

関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。

「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
携帯からアクセス
qrcode
養成講座募集しています!

JUGEMテーマ:健康

今年も、最新のオーソモレキュラー栄養療法を学べる養成講座が開講します

 

「健康」で人生を全うするという事は永遠のテーマですが、最近は以前にも増して健康への意識が高まっています。

 

自分が代表理事を務めている社団法人で行っている養成講座へも、今年も多くの方からお申込みを頂いています。

お申込みを頂いた皆さん、ありがとう御座います。

そしてまだまだ常識にはなっていない栄養療法を学ぼうと一歩を踏み出した勇気を誇りに思って頂きたいと思います。

 

医師や医療に関わる人だけでなく、当たり前のようにみんながオーソモレキュラー栄養療法を知っていて自身に不調が起きた時にもっと治療の選択の自由がある事をしっていて欲しいという思いから、一般の方も学ぶ事が出来るコース(ONE養成講座)も用意しました。

 

ONE養成講座を作ってからは、一般の方はもちろん、エステティシャン、ネイリスト、美容師、幼児教育関係の方など様々な業種の方々に受講して頂いています。

 

直接、病態に関わる事はなくても、肌や爪、髪のトラブルを改善を栄養療法で改善していく事で、全身の健康状態も良くなる。

こんな療法すごいと思いませんか?(笑)

 

オーソモレキュラー栄養療法に出会ってから二十年経ちますが、今も体と栄養の関係には魅了され続けています。

歴史は古いけど最新の栄養療法、是非ご興味のある方は受講してみてください。

 

今年の締め切りは9月末日まで。

 

https://www.orthomolecular.jp/training/

 

 

 

| その他お知らせ | 19:09 | - | - |


募集開始

JUGEMテーマ:健康

代表理事を務めている一般社団法人の養成講座が募集開始しました
養成講座にはプロフェッショナルと一般の方でもしっかりと学べるエキスパートの二種類を用意しています。
どちらも栄養のプロを育成するために作った養成講座です。
最近では、TVだけでなくネットからも健康や栄養に関する多くの情報が溢れています。
これらの情報には科学的に疑問を持たざるを得ないものも多くあるのですが、一番、懸念を感じるのは、栄養量に個体差がある事を考慮されていないという事です。
実際には、栄養の必要量には大きく個人差があり、欠乏症の症状が出ていなくても栄養が足りていない事で起る症状があるという事です。
オーソモレキュラー栄養療法では『人は食べ物でできている』という考えがベースにあります。
この事は誰も否定ができない事実であり、自分の身体は食べ物によって構成され動かされています。
そしてこれは未来の自分をつくる事にも繋がり、自分にとって最適な食事へ変える事は、未来の自分を変える事ができることを示していると思っています。
おかげさまでこの養成講座を受講してくださる方も年々増え、初めは医療従事者の方に向けて作った養成講座ですが、一般用のエキスパートを作ってからは、エステやスポーツトレーナー、そして家族の健康を守りたいと主婦の方まで広い方が受けて下さるようになりました。
特に仕事で生かそうと思っている方には、患者さんやお客様から、「疲れがとれるサプリメントを紹介してほしい」と言われたら、何をお勧めしますか?そして、「それはどうして疲れがとれるのですか」と聞かれたときに、作用機序を説明する事ができますか?
患者さんやお客様は、人の健康に関わる医師・看護師・薬剤師そして健康に関わっている職業の人達を、栄養の知識が豊富だと思っています。ところが、自分の大学時代の講義を振り返ってみても、食や栄養に関する講義は乏しく、現代の栄養に関する膨大な情報を正しく評価し、専門家としてアドバイスする事は中々困難な事だと感じています。
オーソモレキュラー栄養療法で用いる主役はもちろん食事とサプリメントなので、医師だけでなく人の健康に関わる様々なチームが必要になります。
栄養素のもつ薬理作用を理解することにより、適切な指導が可能となるのです。
実際、私がカナダのビクトリアにこの治療を確立したホッファー医師を訪ねたとき、必要な栄養素の作用や予想される変化については、サプリメントを販売する薬局の薬剤師が説明していました。
この養成講座を受講してくださる多くの方が、従来の投薬や治療法そして溢れている健康法に疑問や限界を感じた方だと思います。
身体に吸収された栄養素がどのように作用して病気の改善に役立っているのか、オーソモレキュラーを学んでいくと、人の身体が本来持っている精密なホメオスタシスが介在する事に気づかされ、感動する事でしょう。
沢山の事を学んで欲しい気持ちからプロフェッショナルはもちろんエキスパートもテキストはどうやら中々の内容のようです(笑)
今年も沢山の方に頭を抱えて頂き栄養の素晴らしさと向き合ってもらいたいと思っています。
| その他お知らせ | 08:20 | - | - |


新型コロナウイルスと静岡県

JUGEMテーマ:健康

新型コロナ対策としてなにかできることはないかな・・・と情報を集めていました。

一般的なウイルス感染対策などについては、すでにブログなどで紹介していますが、今回は少し違った内容だったのでお伝えしようと思います。

今回の内容の多くは、個人の考察や見解が含まれています。エビデンスがないとか、飛んでも情報だとかのご批判があると思いますが、自分でできる何かについての参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

新しいウイルスや細菌などの感染症の対策としては医療の分野ではワクチンや治療薬の開発がもっとも重要で効果が期待できます。一方オーソモレキュラー栄養療法では、栄養素やハーブなどの効果で免疫を上げて感染症に対応します。

この論文は、新型コロナウイルス(COVID-19)に対する、フィトケミカルを含んだ何種類かの分子の作用についての研究でした。

 

https://www.researchgate.net/publication/340542254_Potential_of_Plant_Bioactive_Compounds_as_SARS-CoV-2_Main_Protease_Mpro_and_Spike_S_Glycoprotein_Inhibitors_A_Molecular_Docking_Study

 

いくつかの栄養素や機能性分子の作用について書かれていましたが、経口摂取することで高い効果を期待できるのがカテキンでした。緑茶に多く含まれる成分で、従来から抗ウイルス作用や強い抗酸化作用があることがわかっているものです。

 

そこでこれまでの日本における人口10万人あたりのCOVID-19感染者数と緑茶消費量を調べてみました。

 

https://todo-ran.com/t/kiji/13498

https://uub.jp/pdr/q/covidjinko.html

 

緑茶消費量(2018年)  1位 静岡県、 2位 三重県、 3位 鹿児島県

10万人当たりの患者数(4月17日) 静岡県 41位、 三重県 37位、 鹿児島県 45位

 

患者数が少ない鹿児島県などは、クラスターが発生してしまうとこの順位はすぐに変動してしまうと思います。ところが静岡県は、感染者がでても濃厚接触者からの陽性になるのがとても少ないことが知られています。

 

さらに先ほどの論文では、ヘスペリジンとノビレチンの効果についても書かれていました。これらの分子はミカンなどの柑橘類の皮に含まれているものです。静岡はみかんの産地であり消費量も県別では3位。とくにこれらの分子は、早摘みの“青みかん”に多いことが知られています。静岡の皆さんは、おいしい青みかんを食べる機会も多いことでしょう。

静岡県は、初期に患者数が増えた愛知県と患者数が多い神奈川県に挟まれ、都市人口も多いため感染リスクが高い県であると思います。

静岡県が人口10万人あたりの患者数で47都道府県中41位であることには、お茶やみかんに含まれる物質が関係しているかもしれませんね。

| その他お知らせ | 21:20 | - | - |


新しく書籍が出版されました。

JUGEMテーマ:健康

新しく本を書きました。

 

2011年に出版した

〜図解でわかる最新栄養医学〜『うつ』は食べ物が原因だった!の最新版です。

2011年に出版したこの本は何度も増刷する事となり沢山の方に読んでいただきました。

 

今回は「脳」「腸」「ホルモン」について出来るだけ分かりやすく加え

バージョンアップしています。サイズも小さくして持ち運びやすくなりさらに便利になりました。

 

自分のブログを読んで下さっている皆さんはご存知と思いますが

血糖値の乱れやたんぱく質不足はうつに限らず多くの症状に関わっています。

題名にはうつと書いてありますが

うつや気持ちに不安をかかえている方だけではなく

健康に興味があったり、すでに不安を抱えている方など

どなたにでも読んでもらいたい内容となっています。

 

今回の本も沢山の方の元に届き一人でも多くの方のお役に立てる事を願っています。

 

そして、自分が院長を務めている新宿溝口クリニックのInstagramができました。

Instagramでは日々のクリニックの様子や皆さんの役に立つ情報をのせていく予定です。

自分もたまに登場するので是非フォローをお願いします!

 

Instagramアカウント

@shinjuku_mizo_cl

 

新刊書籍(Amazon)

https://www.amazon.co.jp/dp/4413231465/


 

※レビュー投稿お願いいたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| その他お知らせ | 21:09 | - | - |


明日の朝、皆さんにお目にかかれるかも・・

JUGEMテーマ:健康


先週、TBS「ビビット」に、「新型栄養失調」というテーマで生出演してきました。その内容は、前回のブログをご覧ください。前回は、生放送の生出演だったので、事前のお知らせが出来なかったのですが、ご覧いただいた方がちらほら声をかけてくれました。ありがとうございます。

これもご縁でしょうか。映像で皆さんにお目にかかる機会が続いています。次は、明日。3月5日(火)同じくTBSの朝の情報番組「あさチャン」です。朝5時25分から8時までの早朝番組なので、これまた皆さん忙しい時間かと思いますが、7時20分頃から、よろしければチャンネルを合わせてみてください。映像でチラリと栄養の情報をお知らせできる、かもしれません!

http://www.tbs.co.jp/asachan/
| その他お知らせ | 19:31 | - | - |


TBS「ビビット」に生出演してきました

JUGEMテーマ:健康


以前から取材を重ねてくれていた「ビビット」さんに、今日生出演してきました。朝8時からの番組なので観た方は限られてたかなぁ〜。
ちなみに自分の出演は朝8時50分から約15分間でした。


今回は『新型栄養失調』という概念がテーマでした。
新型栄養失調は、病名でもなく、一般的に同意がある定義もありません。ですが、血清アルブミン値が基準値内であっても低値であることは一つの目安になります。つまり、タンパク質の不足状態が『新型栄養失調』の大きな側面であることは確かです。

取材では、クリニックを利用している患者さんが協力してくれました。このような時に協力してくれる患者さんがいることがとても嬉しいですし、感謝の気持ちでいっぱいです。顔を出さない出演にしても、貴重な時間を使って協力していただけるのです。

患者さんは取材時に、過去の辛かった症状についてインタビューを受けることになりました。
初診時の症状は、カルテを遡ってみるととても重症な症状ばかりでした。受診する診療科によっては、自律神経失調症とされるかうつ病とされるか・・。そんな症状でしたがコツコツと栄養療法を継続いただき、今では元気に仕事をこなしています。なんと先日聞いた話によると、フルマラソンに出場するほど体力もついているとのこと。そこまで改善しているのです。

今回も貴重な機会になりました。
テレビを通して、食事や栄養の重要性についてお伝えできたなら嬉しく思います。

PS:こちらは、事前収録の模様です

| その他お知らせ | 16:50 | - | - |


2/11(月・祝)公開講演会(千葉)満員御礼&11月にも講演することになりました

先日ブログでもお知らせした2月11日(月・祝)千葉ペリエホールにて『中高年の心と身体をより健康にする栄養〜オーソモレキュラー栄養医学の紹介』としてお話しする予定ですが、有難いことに大変沢山の方々にお申込みを頂き、増席したものの最大定員数を超えてしまったそうです。(受付は既に締め切り済)

       

そして席の都合上、70名ほどの方をお断りせざるを得ない状況になっているそうで、該当する方にはこれから主催側より順次連絡が行くとのことでした。

  

  

たくさんの方にオーソモレキュラー について興味を持って頂けることは大変嬉しいことです。


11月23日(勤労感謝の日)の次回の県民公開講演会でもお話しすることになったので、是非そちらの方にお申込み頂けたらと思います。

(募集開始時期などはまだ未定ですが、分かり次第お知らせします)

  

今回参加出来なかった方はもちろんのこと、参加して下さった方にも是非また来ていただけると嬉しいので、まずは1回目の来月の講演会、気合を入れて準備したいと思っています。

   

お問い合わせは

主催の千葉県柔道整復師会までよろしくお願いします。

Tel) 043-265-0356

Fax) 043-265-0366

Mail) syadanchiba@poppy.ocn.ne.jp

   

  


| その他お知らせ | 08:40 | - | - |


2/11(祝)千葉県民公開講演会にて講演します。(参加無料)

来月2月11日(月・祝)午後2時より千葉ペリエホールにて、県民公開講演会(参加費無料)に『中高年の心と身体をより健康にする栄養〜オーソモレキュラー栄養医学の紹介』(千葉県柔道整復師会主催)というタイトルでお話しすることになりました。

   



約300名入るホールとのことですが、
元旦の新聞折込の千葉県民便りに掲載されたこともあり、既に沢山の方にお申込みを頂いているようです。

  

中高年世代になっても老いを感じずに
心身ともに健康な身体でいるために出来ることは何かについてお話ししようと思っています。

当日は書籍販売、サイン会もあるそうです。

お問い合わせ・お申し込み先は
ハガキまたはFAX、Eメールで下記までお願いします。

〒260-0843
千葉県中央区末広3-21-6
(公社)千葉県柔道整復師会
Tel) 043-265-0356
Fax) 043-265-0366
Mail) syadanchiba@poppy.ocn.ne.jp

  



お席に限りがありますので、参加ご希望の方は早めのお申込みをよろしくお願いします。

自分も祝日返上で頑張ります!
千葉県在住以外の方も参加できるそうなので、皆さん是非千葉まで足を運んでもらえると嬉しいです。

| その他お知らせ | 20:12 | - | - |


新年のご挨拶

JUGEMテーマ:健康

遅くなりましたが、新年のご挨拶です。

   

昨年は、多くの患者さまにクリニックを利用いただきました。 

また一般の方々から、ONP,ONEのみなさん、そして全国でオーソモレキュラー栄養療法を実践いただいている先生方にもセミナー、講演会などでとてもお世話になりました。 

   

クリニックは少し長いお休みをいただきまして、1月7日より通常の診療業務を行っております。 

  

本年も、新宿溝口クリニックにおける栄養療法およびオーソモレキュラー療法についてよろしくお願いいたします。 

   

本年も変わらずクリニックを受診していただく患者さまへの診療とともに、食事など栄養の大切さを様々なチャンネルを通してお伝えしていきたいと思っています。

  

自分は2020年には、この考え方が日本で一般的になっているということを目標として活動してきました。

ここ数年、医師だけでなく様々な分野の方々より栄養の重要性について情報が提供されるようになり、自分もそれらから勉強させていただくことも増えてきました。 

   

まさに、2020年には心や体の不調を感じた時に、まず食事や栄養について見直し自らアプローチしてみる。 

そして自宅から30分以内のどこかにオーソモレキュラー療法を実践している医療機関があり相談することができる状況になっているかもしれません。 

その目標に向けて今年も活動していきたいと思います。 

  

今後のもろもろについてお伝えしますね。

   

◎ 1月17日 母校福島県立医科大学大学院でちょっと講義 

   

◎1月20日 ONP第5期の受講生188名のみなさんとと終日セミナー 

   

◎1月23日 統合医療展 ビックサイトにて講演 2回  

※一般の方々参加可能です 

   

◎2月3日 ONP第5期の受講生188名のみなさんと終日実践セミナー 

   

◎2月11日 千葉県民公開講座 「中高年の心と身体をより健康にする栄養」

参加費無料 14時〜 申し込み問い合わせ 043-265-0356 syadanchiba@poppy.ocn.ne.jp 

(また詳細は別途お知らせしますね)

   

◎2月17日 医師向けベーシックセミナー 

   

 3月以降もスケジュールいっぱいです! もしよろしければ参加可能なものに来てください。 

   

出版の方も、いくつかの分野について同時進行中です。 

またかよ〜と思っても、是非ともお読みください。 それぞれ、ちゃんと新しいことも違うことも書いていますので!! 

     

写真は元旦明けにゴルフ場から見えた富士山です。今年もどうぞよろしくお願い致します。

   

| その他お知らせ | 17:17 | - | - |


11月18日沖縄一般講演会とロカボフェスのお知らせ

1118日(日)沖縄医療講演会のお知らせ】

  

1118日(日)、ドクターズチームでご一緒している宗田マタニティクリニックの宗田先生と、じねんこどもクリニックの今西先生と共に沖縄での一般講演会でオーソモレキュラー療法についてお話しすることになりました。

    

そして同日、テンプス那覇ポケットパークにてロカボフェスが開催予定です。


   

講演会チケット料金にはワンフードワンドリンクが混みで3,000円ののことです。

     

  

ロカボフェスには沖縄ジュンク堂さんも出店され、ドクターズ本含め著書の販売とサイン会も開催される予定となっています。

     

自分は今月、今までになかったジャンルの新刊の発売を予定していますので沖縄の皆さんにもそれをお届けできたらと思っています。

また詳細は近日中にブログにてお伝えできればと思っています。

   

   

チケットは明日10日水曜日から発売です。

沖縄在住、近郊の皆様にぜひいらして頂けたら嬉しいです。

  

  

お問い合わせは、ぬちぐすい医療講演実行委員会(070-3801-9072  午前10時〜午後17時)までよろしくお願いします。


| その他お知らせ | 18:40 | - | - |


| 1/2PAGES | >>