うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
【2017年8月20日(日)オーソモレキュラーサイカイアトリーのセミナー報告】
今日は先日開催されたセミナーの報告をしたいと思います。


今回のセミナーは、オーソモレキュラーサイカイアトリーというタイトルで、精神科心療内科領域における栄養療法についてとりあげました。


心療内科領域は、我らが姫野友美先生にご講演いただき、実際の症例の改善経過と栄養療法はいかに医療経済的に見てもメリットが大きいかについてお話しいただきました。


そして今回のセミナーは、何といっても国立精神・神経医療センター神経研究所疾病研究第三部 部長の功刀浩先生をメインスピーカーにお招きしたことです。
功刀先生は、精神科専門医であり国立研究機関のリーダーのお一人です。


オーソモレキュラー療法は、多くの医師に知られるようになっていますが、功刀先生のような精神科専門医でしかも国立の研究機関のリーダーのような立場の医師には、まったくと言って良いほど受け入れられていないと思います。

事実、ある大学の精神科教授は御著書のなかで、栄養療法で増悪した患者として”溝口さん”という方を登場させ、暗に栄養療法と自分にたいする批判的なご意見を示されています。


そんな状況でも、今回のセミナーにご登壇いただけたのは本当に画期的なことなのです。


また今回のセミナーでは、東京医大のメンタルヘルス科准教授の市来先生に座長をお願いしました。

市来先生には、新宿で月に2回外来を担当していただいている頼りになる精神科のスーパードクターです。
そしてなんと市来先生は、僕の高校時代の同級生でもあり、研究時代に功刀先生が指導医だったという経緯もありました。

写真は、大学の准教授である市来真彦先生、国立機関の中心的なドクターである功刀浩先生、そして心療内科学会の評議員である姫野友美先生との貴重な記念写真です。


JUGEMテーマ:健康



| 医療セミナー報告 | 09:49 | - | - |


【8月6日 MSSアドバンスセミナー報告】
2004年から継続している血液検査データの読み方のセミナーが8月6日に品川で開かれました。

今回は、基礎的なセミナーを受講していただいた方々が対象のアドバンスセミナーでしたが100名にもなる多くの方々に参加いただきました。

小さな集会場のようなところからスタートした勉強会が、このように多くの方々に集まっていただけるようになったことだけでも感謝です。



さて今回は、一筋縄では解釈が困難なデータをどのように読み取っていくかについて、新しいアプローチを組み立てました。

あくまでも患者さんのつらい症状を改善させるための情報を集めるのが検査なので、ただ検査データの問題点を修正するだけでは治療にはなりません。

オーソモレキュラー療法によって、絡み合った問題をほぐし、バランスのとれた状態にするために。
 ATPが円滑に作り出される
◆.織鵐僖質の消化・吸収・利用・排泄 が順調である
 血糖値がコントロールされている
ぁ‥瓦陵用や運搬が滞りない

これらを個々に評価し改善へのアプローチを組み立てる。
そして病態を複雑にし、改善の妨げになる状態
  ̄蠑匹寮気靴ど床舛搬从
◆〇晴愁好肇譽后薪化ストレスの評価と対策
 膜障害の理解と対策

これらが複雑に絡み合った患者さんのデータをもとに解釈とそのアプローチについても参加された皆さんとともに作り上げました。



参加いただいた先生方にも積極的にお答えいただきながら、自分にも新しい発見があるとても有意義なセミナーでした。
認定ONPの皆さんも医師・歯科医師向けのセミナーですが参加してもらい、ともに積極的に質問に答えてもらいました。
半年かけて学んだ知識をフル活用して、実際のマスクがかかった患者さんの病態の評価についてスキルアップしてもらえたと思います。



次は、8月20日です。
いよいよ、この夏のイベントのひとつ
国立精神神経医療研究センターの気分障害先端治療センター長である、功刀 浩先生と、ひめのともみクリニックの姫野友美先生をお招きしての、オーソモレキュラーサイカイアトリーのセミナーです。
精神科領域研究の第一人者をお招きしてのオーソモレキュラーのセミナーは、おそらく日本で初めてだと思います。

一人でも多くの専門医に知っていただきたい考え方なので、自分も気合を入れて資料を作ろうと思っています。


JUGEMテーマ:健康

| 医療セミナー報告 | 13:40 | - | - |


【7/9(日)オーソモレキュラー療法 ベーシックセミナーレポートその 糖代謝について】
ベーシックセミナーで取り上げた最後のポイントは糖代謝の評価です。

日本では血糖値のトラブルは糖尿病のみと認識されているので、糖尿病でなければ糖代謝は問題なしとされています。

低血糖が身体にとって支障があることは知られていますが、低血糖になるのはインスリノーマという膵臓の腫瘍を伴うまれな病気か、インスリンやSU剤を用いた治療中以外には起こらないと考えられているのです。

ところが海外では糖尿病も含めた血糖値の調節障害をdysglycemiaと表現し、それが精神障害の主な原因であると認識されています。

日本では機能性低血糖症という表現で知られるようになりました。
機能性低血糖症という表現は血糖値が下がりすぎる低血糖の状態が問題と認識されてしまいます。

しかし、機能性低血糖症の問題は血糖値が急激に上昇したり低下したり、あるいは上昇すべき時間帯に上昇しないことも含みます。
つまり、本来変化すべき血糖値の変動が起こらないことを示す表現です。

ベーシックセミナーでは、まず医師にはよく知られている糖尿病の診断基準を示しました。
そしてついに本年報告された論文を紹介しました。
        
          
それは、HbA1cと空腹時血糖を用いて評価しても糖尿病患者を減らすことは出来ないという内容です。
血糖値のコントロールを正しく評価するためには、日中に繰り返し起こる血糖値スパイクを知ることです。

そのためには5時間の糖負荷検査をしたり、24時間持続で血糖値を測定できるリブレなどで評価が可能です。
特にリブレを用いると食材による違いや食べ方の影響、そしてストレスによる血糖への影響なども容易に知ることができるようになりました。

血液検査は、空腹時のワンポイントでの検査なので食後の血糖値スパイクを知ることが困難です。
ところが1.5−AGという項目を加えると情報量がぐっと増えます。ただし、ここでも基準値をベースにした判断では多くを見逃します。

セミナーでは多くの実際のデータを紹介し、空腹時のワンポイント採血で血糖値スパイクを予想する実習もおこないました。

1.5-AGは今年参加した人間ドックに関係する学会で講演をした時に追加することを提言した検査項目です。

この項目を加え正しく評価することによって将来的な糖尿病の発症を減らせるだけで無く、脳梗塞や心筋梗塞などの血管病変の予防と精神症状の改善にもつながることになるでしょう。

JUGEMテーマ:健康



| 医療セミナー報告 | 19:37 | - | - |


【7/9(日)オーソモレキュラー療法 ベーシックセミナーレポートその◆船織鵐僖代謝について〜】
実際の臨床でオーソモレキュラーを応用するのに最も重要であると言えるのがタンパク質代謝の改善です。   
    
    
そのためベーシックセミナーでは、タンパク質代謝を評価する分野には時間をかけました。(雑談が長かったと言われそうですが・・・)
  
栄養学の教科書などでは、タンパク質の必要量は体重1kgあたり1〜1.5g/日であると記載されることが多くあります。
実際にクリニックでも一つの目安としてこの量に該当する食品を紹介したりします。
   
    
ところが、タンパク質の必要量は個人差が大きく、年齢や運動量にも大きく影響を受けます。
さらに、総摂取カロリーに大きく依存するので、一般的に1日○○グラム摂ればよいですよ〜と言うことができないのです。

厚生労働省のホームページでも、従来のタンパク質湿容量の算定は高カロリーの状態で算定されたものであり、実際に必要な量よりも少なくなっていることが書かれています。

そこで重要なことは、この患者さんのタンパク質代謝を評価すること。
つまり検査することで、その時の患者さんの状態を正しく評価します。

人間ドッグや健康診断では、総タンパクやアルブミンなどでタンパク質代謝を評価するのですが、アルブミンが低下するのはタンパク質代謝に重度の問題があるときです。

オーソモレキュラーの効果をしっかりと得るためには、微妙なタンパク質の代謝を評価することと、その問題点について積極的にアプローチすることが重要なのです。

タンパク質は消化吸収するために多くの過程が必要な栄養素です。
そのため胃腸障害があると吸収率が下がるだけでなく、未消化のタンパク質がさらに腸のトラブルを引き起こすことにもなりかねません。

自分の腸が積極的なタンパク質代謝の改善に耐えられるかどうかの目安として、300gのステーキを美味しくいただけるかどうかかな、と思っています。

その量のステーキでお腹が張ったり、ガスが臭ったり、便通が悪くなるようであれば、お腹のサポートをしながら栄養療法をしなくてはならないかもしれません。

※次回のベーシックセミナーは9月10日(日)に
福岡で開催となります。(講師:飯塚 浩先生)
お申込期限:2017/9/6(水)
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.mssco.jp/seminar/

JUGEMテーマ:健康



| 医療セミナー報告 | 19:31 | - | - |


【7/9(日)オーソモレキュラー療法 ベーシックセミナーレポートその 〜鉄代謝について〜】
ベーシックセミナーでは、患者さんの栄養状態を少ない検査項目でいかに把握して臨床へ応用するかをポイントにしています。

そのなかでも重要な一つが鉄代謝の理解です。

一般的には貧血があるかどうかで鉄の不足を評価しますが、それでは何もわからない・・・いや貧血があるかどうかはわかりますが、本当に鉄が足りているのかどうかはわかりません。

そこで従来の赤血球数(RBC)、ヘモグロビン(Hb)、ヘマトクリット(Hct)とそれらから計算で得られるMCV,MCH,MCHC、さらにフェリチン、血清鉄、UIBCなどから鉄代謝を把握します。

これらを理解すると、
フェリチンがやや高い値の時に本当に鉄が十分なのか。
それとも鉄が十分にあるのに、使えていないのか。
それとも別の理由でフェリチンが上昇しているのか。
などを評価判断することができます。

そしてさらに、実はこれらのデータだけでも、鉄代謝だけでなくタンパク質代謝やビタミンB群の不足状態も予想することが出来るようになります。

この部分については、ベーシックセミナーでは少しだけ触れましたが、詳しくはアドバンスセミナーで扱います。

鉄とフェリチンの記事を、FBに過去5回シリーズで掲載しましたが、まだ読まれていない方は過去のブログをご一読頂けたらと思います。

鉄の代謝とフェリチンについて
http://orthomolecule.jugem.jp/?eid=1285
鉄の代謝とフェリチンについて
http://orthomolecule.jugem.jp/?eid=1286
鉄の代謝とフェリチンについて
http://orthomolecule.jugem.jp/?eid=1287
鉄の代謝とフェリチンについて
http://orthomolecule.jugem.jp/?eid=1288
鉄の代謝とフェリチンについて
http://orthomolecule.jugem.jp/?eid=1289

次回はタンパク代謝についてのセミナーレポートを書こうと思います。

※次回のベーシックセミナーは9月10日(日)に
福岡で開催となります。(講師:飯塚 浩先生)
お申込期限:2017/9/6(水)
詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.mssco.jp/seminar/

JUGEMテーマ:健康



| 医療セミナー報告 | 19:22 | - | - |


【7/9(日)オーソモレキュラー療法 ベーシックセミナー開催@東京・品川】
7月9日日曜は、年に2回開かれているオーソモレキュラー療法のエントリーセミナーであるベーシックセミナーで講師をしました。
このセミナーは2003年からずっと継続しているので、もう何回やったことでしょう。

最初は、小さな集会室のようなところでしたが、いつの頃からか会場も大きくなりました。

今回も全国から大勢の医師・歯科医師のみなさんが参加してくれました。

そして会場には認定ONPの方々も!

ONPのみなさんは、がっちりと栄養療法の基礎を勉強されてきたので、医師・歯科医師向けのセミナーに参加してもらえます。
もしかしたら、セミナー初参加のドクターよりもすでに知識も経験も豊富です。

初期のベーシックセミナーでは、できるだけ多くの血液検査項目の栄養代謝的な意味をお伝えしようとカリキュラムを組んでいましたが、数年前から方向転換をしました。

実際の臨床により役立つ内容をエントリーセミナーで提供しようという意図です。

そこで僕が選んだのが

・鉄代謝
・タンパク質代謝
・糖代謝

この3つの分野に絞り込んでしっかりと内容を作りこむことにしました。

これらの代謝は、通常の保険診療で行える検査項目でも、そこそこ評価が可能であることと、これらを正しく評価し補正すると多くの患者さんの病態が改善するからです。

ベーシックセミナーはWeb版もあります。

そのWeb版をすでに受講された先生にも今回ご参加頂いたのですが、その先生がWeb版より面白かったです・・・と声をかけて下さって嬉しかったです。

リアルなセミナーでは、ご参加いただいた先生方とのやり取りもできます。
雰囲気によって話す内容も変わります。

Web版ではカメラに向かってひたすら話をするので、疲労度倍増です。

次回このページで、セミナーの報告を
‥澗綣
▲織鵐僖代謝
E代謝
の流れで、皆さんにも少しだけお伝え出来たらと思います。

※次回のベーシックセミナーは9月10日(日)に
福岡で開催となります。(講師:飯塚 浩先生)
お申込期限:2017/9/6(水)
詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.mssco.jp/seminar/



JUGEMテーマ:健康

| 医療セミナー報告 | 18:35 | - | - |


【7/3(日)抗糖化・抗酸化〜糖化・酸化ストレスへの理解と栄養アプローチ セミナー報告】
先週の日曜日、糖化と酸化をテーマにしたセミナーが品川にて開催されました。

今回のセミナーには糖化の分野では、まさに第一人者である同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンター/糖化ストレス研究センター教授の米井嘉一先生をお迎えしました。

米井先生は、自分も評議委員を務めている日本抗加齢医学会の創設時からのメンバーで、アンチエイジングの分野ではご自身の研究データから臨床データにいたるまで豊富な知見をお持ちの方です。

昨日は、ランチタイムもご一緒することができ、講演も含めて多岐にわたる多くのお話を聞くことが出来ました。

感想ですが、米井先生ご自身が魅力的でした。
講演はユーモアに富んでいて、そしてランチタイムや質疑応答などでも他人の話をとても良く聞かれていました。
糖化については、ご自身の興味から自然にスタディされている様子を知ることが出来ました。

セミナー内容ですが、米井先生は『糖化』と『酸化』を明確に区別されており、その結果として『抗糖化』と『抗酸化』についての違いも明白でした。

特に印象に残ったのが、生活習慣の『糖化』への影響です。
飲酒や喫煙が糖化を促進すること、そして睡眠がとても強く糖化と関係することに驚きました。

メラトニンはAGEsの架橋の分解を促進します。
つまり、寝るべき時間にしっかりと暗い環境で十分に眠ることは、その日のうちに出来たAGEsを消してくれるということです。

前回の副腎疲労のセミナーでも早寝早起きの睡眠リズムの重要性がとても印象に残っていましたが、抗糖化という切り口でも、睡眠を見直すことになりました。

JUGEMテーマ:健康



| 医療セミナー報告 | 16:25 | - | - |


【6/18(日)副腎疲労セミナー開催レポート】
今月18日、副腎疲労の分野では日本で最も知識と経験が豊富なスクエアクリニックの本間良子先生と龍介先生のご夫妻を講師にお招きし、副腎疲労をテーマにしたセミナーが開催されました。

本間先生ご夫妻からは、龍介先生ご自身の副腎疲労から回復された経過なども含め、様々な慢性疾患の根底に存在する副腎疲労について、とてもわかりやすく話をしていただきました。

約4時間の講演時間をご夫婦で分担され、ところどころで夫婦仲の良さを感じるやりとりがあり、講義の内容だけでなくとても良い雰囲気のセミナーになりました。

お二人の講演でとくに印象に残っているのは、夜にしっかりと休む(眠る)ことの重要性です。

それは副腎の活動の日内変動に合った生活習慣であり、副腎由来のホルモンだけでなく生体のホメオスタシスにとって重要な臓器、組織、ホルモンなどの修復と翌日のストレスがいっぱいの活動を乗り切るための準備になります。

実際に本間先生ご夫妻は早朝から活動するとのことでした。
そのために本間先生のご自宅にはお化粧のため明るさが必要な洗面所を除いて、家には蛍光灯が無いそうです。

副腎疲労をさけるためには、自然のリズムに逆らわないこと、そして食事が何よりも大切であることを強調されていました。

自分の分担分としては、ストレスを受けたときの身体の変化についての基礎的なことを話しました。

ストレスを受けるときには様々な反応が起こりますが、その中でも中心的な反応が副腎皮質からのコルチゾールの分泌亢進です。

コルチゾールは、他の多くのホルモンの感受性を低下させるため、ホルモンの作用が弱くなります。

つまりストレスがかかると、人の身体は多くのホルモンによる作用が弱くなり、余計なことには労力を使わず、ストレスに対抗することに集中するように仕組まれているのです。

この場合、当然インスリンの作用も減弱するので、ストレスがかかった時に糖質を摂ると、驚くほどに血糖値が上昇してしまいます。

また糖新生の抑制も減弱するので、空腹時血糖も上昇し、糖新生のために筋肉が減ってしまうという結果にも繋がります。

これが普段糖質制限をしていても、急に空腹時血糖が上昇したり、食後の血糖値が高値になったりする理由のひとつでもあるのです。

今回のセミナーは、100人以上の医療関係者の方々にお越しいただきましたが、副腎疲労に対して皆さんの知識が深まってくれたのなら、自分もとても嬉しく思います。



JUGEMテーマ:健康

| 医療セミナー報告 | 18:22 | - | - |


| 1/1PAGES |