うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
【腸の健康がお肌と心の健康を保つ】



92日は長野でたかはしクリニックの高橋嗣明先生と管理栄養士の大柳珠美先生と講演会でした。

   

当初、申し込み人数は630人位の予定でしたが、たかはしクリニックさんが中心となり呼びかけてくださり、700人くらいの参加者と沢山の方にご参加頂きました。

   

  

自分は、腸の健康についてお話しさせていただきました。

   

  

腸の役割はざっくり言うと

  

・消化吸収

・排泄

・免疫の調整

 ですが、『腸脳皮膚相関』と言う言葉があるくらい脳機能と皮膚とも深い関係にあります。

       

    

体内から毒素を排泄する割合は

便から75%、尿から20%、汗から3%、爪から1%、髪から1%であるため、便からの排出がデトックスには最も重要なのです。


     

  

また免疫を担当する細胞は約70%が腸の周辺にあり、腸内細菌と免疫は強い相関関係にあります。

   

   

免疫機能の低下の1つに、アレルギー反応が挙げられますが、花粉症やアトピーの人にヨーグルトの摂取が推奨されるのは、乳酸菌など発酵食品の腸内環境への効果を期待してのことです。

   

  

ヨーグルトだけでなく野沢菜などの漬物、納豆や味噌なども積極的に摂ることで腸の免疫もアップするため、発酵食品は自分も積極的に取り入れている食材です。

   

  

次に腸内環境を語る上で、腸内細菌について少し簡単にお話ししましょう。

   

  

腸内細菌は善玉菌、日和見菌、悪玉菌の3つに分かれ、その割合は2:7:1になります。

つまり善玉菌でも悪玉菌でもない、その環境次第で悪玉にも善玉にもなり得る日和見菌が圧倒的に多いのです。

つまり腸内環境を健康に保つことが

日和見菌に悪い働きをさせないためにも非常に大切になります。

    

  

また腸内細菌は、アレルギー、肥満、がんや

自閉症とも深い関わりがあることが以下のことからも分かるでしょう。

   

・アレルギー患者にはラクトバチルスやビフィズス菌などの善玉菌が少ない

 

・正常児は肥満児の2倍のビフィズス菌があるが、悪玉の黄色ブドウ球菌は肥満児に多い

  

・大腸がんの原因は日和見菌の1つバクテロイデスと正の相関関係を示す

 

・自閉症患者には善玉菌のビフィドバクテリウム(ビフィズス菌)は少なく、日和見菌のクロストリジウムが多い

  

   

また最近では腸内細菌が人間の食欲に影響し、細菌自体の繁殖に適した栄養素をとるように人間が欲するようになっており、必要とする栄養素はその細菌種ごとに異なるという非常に面白い報告も出てきています。

  

   

ここでアトピー性皮膚炎で受診された患者さんの例をご紹介したいと思います。

  

  

その主訴はアトピーだけでなく、体調不良、不安感などのメンタル症状、疲れやすいなどでした。

そこで『4R消化管アプローチ』を従来の栄養療法に加えてみたところ、目覚めも良くなり、疲れやすさの軽減や、精神症状の回復、皮膚の症状の改善など大幅な改善が得られました。

   

  

4Rとは、『除菌・補填・植菌・再生』を指し、

腸内細菌叢のバランス・消化酵素の産生・分泌・消化管粘膜などの状態は様々な疾患と大きく係わっています。

そしてその状態には非常に個体差があるため、4R消化管アプローチは検査結果に応じたテーラーメイドのアプローチになります。

   

  

この4R消化管アプローチに加えて、腸内環境を正常に保つために、プロバイオティクスの積極的な摂取、ストレスの軽減、麻薬のように左右するグルテン・カゼインの摂取を控えることも大切です。

  

  

善玉菌であるプロバイオティクスは


”存橋櫃寮榁紂侵入の阻止

腸管上皮細胞に作用し、粘膜バリアーの強化

B瞭發房茲蟾まれ、免疫細胞に作用(粘膜免疫の制御)

という作用を持ち、免疫アップに非常に重要であるため積極的な摂取をお勧めします。

   

   

心とお肌を綺麗に保つためには

まず腸を整えること。

腸の粘膜を保つため、ビタミンDや鉄をしっかり摂取することが大切です。

  

   

そして腸内細菌のバランスを保つために

食物繊維、プロバイオティクス、ストレスの軽減、甘いものを控えること。

  

  

そしてシミ・シワ対策としてビタミンCや鉄の摂取をこまめに行うこと。

また肌のターンオーバーを円滑にさせるために亜鉛やビタミンAの摂取も大切になります。

   

  

このように腸を整えることが心と肌の健康に繋がることを、今回セミナーにご参加くださった皆さんに少しでもお伝え出来たのなら嬉しいです。

  

 





   




   


   





   






 




| 一般向けセミナー報告 | 08:21 | - | - |


【「発達障害」におけるオーソモレキュラー栄養医学の臨床応用】


8月5日(日)有楽町にて、オーソモレキュラー.jp主催『オーソモレキュラーは世界の健康と元気と美を創る!』でオーソモレキュラーに携わる8人の先生方と一緒に、700人を超える参加者の皆さんの前でお話しさせて頂きました。


自分は「発達障害」におけるオーソモレキュラー的アプローチについてお話ししました。


発達障害には、自閉症・アスペルガー症候群、ADHD(注意欠陥多動性障害)・学習障害などがありますが、通常医療ではストラテラやエビリファイなどの薬剤を使った対処療法が行われているのが現状で、症状を投薬で抑えるだけで根本的に改善させる方法はないという考え方です。
  

   

この発達障害に対して、オーソモレキュラー栄養医学では全く違う見方をします。

オーソモレキュラーではこれらの障害を「特徴的な代謝による偏った発達」と解釈し、食事と栄養で滞っている部分の発達を促すアプローチを行います。
  

   

発達障害におけるオーソモレキュラー的な治療法は

々皀織鵐僖の糖質制限およびIgGアレルギー除去食の実践
(発達障害の患者さんに96種類のIgGアレルギー検査を実施すると、かなりの割合で乳製品・小麦・卵などでアレルギー反応が高値で出るので、これらを除去することが大切になります)
  

  

∈侶豬覯未ら不足している栄養素の補充
(ビタミンB群、ヘム鉄、イノシトール、マルチビタミンミネラル、ビタミンCなど)


D夏發よび腸管粘膜の機能回復のために必要な栄養素の補充(グルタミン、ラクトフェリン、オリーブ葉エキス、ビタミンDなど)


い海梁召砲DHA、ナイアシン、プロバイオティクスなども治療に有効なサプリメントとしてその状態に応じて使用


このように発達障害は決して治療が不可能なものでは無いのです。
  

   

クリニックにも発達障害と診断されたお子さんたちが沢山来院されますが、オーソモレキュラー療法をしっかり実践することで、支援学級から普通級への復帰を果たしたり、知的障害手帳の返納をして、社会生活を送れるように改善できた患者さんたちを沢山見てきています。


自分がいつも皆さんにお伝えするのは
このように「今日からの食事で未来の自分を変えることができる。」ということ。


ご一緒した8人の先生方もそれぞれの専門分野からオーソモレキュラー栄養医学についてお話しくださいましたが、今回のイベントを通してオーソモレキュラーというものが1人でも多くの方にご理解頂けたのなら、とても嬉しく思います。


ご参加くださった皆様、本当にありがとうございました!
またこのような機会があれば色々とお話しさせて頂けたらと思います。

| 一般向けセミナー報告 | 18:30 | - | - |


『心と身体は食事で変わる』
沖縄2日目は、新垣形成外科&あらかき美容医学研究所20周年講演会にて総勢200人近くの方の前でお話させて頂きました。

このようなお祝いの場でのセミナーなので何をお話ししようか迷いましたが、今回は『心と身体は食事で変わる』をテーマにお話しさせて頂きました。

飽食の時代と言われ栄養失調などないという考えの中、新型栄養失調の蔓延は非常に深刻な状態です。

「新型栄養失調」とは、若い女性や高齢者に多くみられるもので、そこには低アルブミンを特徴とするタンパク質の不足がはっきりとみられます。

都道府県別平均寿命で沖縄県は過去男女ともに1位だったにも関わらず、2010年には男性は30位、女性は3位とランクダウンしています。
そして65歳未満働き盛り世代の死亡率においては男女ともにワーストランキング入りしている現状です。

そこには「貧食」が原因として挙げられます。

貧食とは、カロリーは充分なのに食物繊維が減り、タンパク質が減り、うつやアレルギーを増やしている食事を指します。
これが現代の食における問題点なのです。


現代食は精製された食材が非常に多いのですが、これらの食材は血糖値を大幅に上げてしまいます。

ご存知の方も多いと思いますが、血糖値が上がると分泌されるホルモンは

・インスリン(血糖を下げる・脂肪を合成) 

これだけです。

インスリンの不適切な分泌などによって血糖が急激に低下したときには、抗インスリンホルモンである・・

・アドレナリン(交感神経を刺激しイライラ、どきどきなどの不安感、筋肉のこわばりを起こす)
・コルチゾール(ストレスに対抗 アレルギー阻止)

などが分泌され低血糖状態になることを防ぐように働きます。


つまり血糖の乱高下が起こると、これらのホルモンが1日に何度も分泌されるようになります。その結果としてこれらのホルモンが不足し、うつ、アレルギー、糖尿病などに繋がっていくのです。


沖縄は女性の自殺率が低い県でした。
ところが2010年には全国4位に急上昇しています。沖縄県女性の平均寿命が短くなってきてから遅れること数年の変化です。この原因を断定することは不可能ですが、なにかしら栄養面の関与を疑ってしまいます。

血糖値の乱高下による気分の変動はときに衝動性を伴います。
海外の低血糖の研究が犯罪心理学から発展したことからも理解することができます。


クリニックに来院する患者さんが訴える不安・緊張・イライラや意識の低下、抑うつ、動機、頭痛、手足のしびれなどは血糖値の乱れが原因のことがほとんどです。

心の安定のためには「タンパク質」がすべての基本です。
脳内ホルモンの材料はタンパク質です。
タンパク質から分解されるアミノ酸を材料として重要な神経伝達物質が合成されるのですが、そこには鉄やビタミンBをはじめ多くの栄養素が必要になります。

このことを精神科の先生は知らないため、不定愁訴で心療内科・精神科を受診した場合には栄養状態には着目されず、いとも簡単に投薬治療が始まってしまうのです。

心と身体を健やかに保つためには高タンパクで食物繊維と脂肪、そして鉄やビタミンBを多く含んでいる低糖質な食事が基本としてベースにあります。

そういった意味でも沖縄の人たちが昔から愛食してきた豚肉は非常に健康食であり、理想的な食材なのです。

自分が常々思っていることは「今日からの食事で、未来の自分を変えることが出来る」ということです。
この講演を聴いて下さった沖縄の皆さんの食卓が変わっていくことを心から願っています。

最後になりましたが、新垣先生本当におめでとうございます!
これからも沖縄でオーソモレキュラーを通して、たくさんの患者さんたちを健康に導いて頂けたらと思っています。





JUGEMテーマ:健康



| 一般向けセミナー報告 | 10:10 | - | - |


| 1/1PAGES |