うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ― はじめてのオーソモレキュラー栄養療法 ― 増刷決定!

みなさん昨日の『主治医が見つかる診療所スペシャル』ご覧になっていただきましたでしょうか?

約一年ぶりにスタジオゲストとしてテレビ出演し2人の芸能人の方の糖負荷検査の結果を見てコメントさせていただきました。

   

  

テレビでもお話ししたのですが、糖質というとどうしても血糖値だけの問題だと思われがちですが、中性脂肪やコレステロールのバランスをよく保つためにも、なるべく控えた方が望ましいです。

  

  

さて、先月主婦の友社さんから出版した

オーソモレキュラー 栄養療法の漫画本がなんと2週間で増刷がかかったそうです。

たくさんのみなさんに読んでいただけてとても嬉しく思っています。

  

  

Amazonでは現在品切れ中とのことですが入荷間近ですので、もうしばらくお待ちいただけたらと思います。

   

  

既に読んでくださった方、ぜひAmazonレビューもお願いできたら、今後の参考になりますのでよろしくお願いします!

  

 

Amazonは予約受付中です。

以下のリンクからご予約ください。

  

『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ― はじめてのオーソモレキュラー栄養療法 』


https://www.amazon.co.jp/dp/4074316978/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_hVm1CbD7

| 出版情報 | 08:54 | - | - |


オーソモレキュラー 漫画本ダ・ヴィンチニュースでご紹介頂きました

先日主婦の友社さんから発売したオーソモレキュラーの漫画本ですがダ・ヴィンチニュースで詳しくご紹介頂きました。


下のリンクから読めますのでどうぞご覧ください。


https://ddnavi.com/review/538490/a/ 

  

患者さんをはじめ、既に読んで下さった方達から沢山嬉しい感想を頂いています。

1人でも多くの方に読んで頂けると嬉しいです。

  

  
※マンガでわかるオーソモレキュラー 好評発売中です。(5月17日発売)

『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ― はじめてのオーソモレキュラー栄養療法 』


https://www.amazon.co.jp/dp/4074316978/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_hVm1CbD7KEMDM

  


 

| 出版情報 | 09:26 | - | - |


明日発売の初のオーソモレキュラー漫画本、目次とイラスト公開です!


5月17日、明日金曜日に発売になる

『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ― はじめてのオーソモレキュラー栄養療法 』ですが、先日の告知から沢山の方にご予約を頂いていると出版社の方からお伺いしました。

ご予約下さった皆さん、ありがとうございます!

   

  

さて今日は漫画の一部を雰囲気だけでもご紹介したいと思います。

    

   

  

漫画の中の溝口先生と先日お話ししたフクロウくん、主人公の愛ちゃんです(笑)

自分は眉毛がやはり濃く書かれていて、特徴掴んで描かれていると思うのですがどうでしょうか?

  

  

目次は以下になります。


パート1からパート5に別れていて

それぞれ漫画と解説から構成されており

とても分かりやすく、読みやすくまとまっています。



  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【目次】


パート1 

このだるさ、疲れの原因は? 

オーソモレキュラーを知ろう! 


パート2 

「栄養バランス」の常識を変えよう! 

では、何を食べればいいの? 


パート3 

パパの花粉症も子どものアトピーも改善した! 

そのわけは? 


パート4 

子どもの「困った! 」行動も食べ物で変わるって本当? 


パート5 

妊娠のカギは年齢よりも栄養! 

2人目不妊の克服法とは?? 


大柳珠美さんのお肉レシピも紹介。 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

  

いよいよ明日金曜発売です。


ご一読くださった方、ぜひ感想をレビューなどで聴かせて頂けると嬉しいです!

  

Amazonの予約はこちらからどうぞ。


『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ― はじめてのオーソモレキュラー栄養療法 』


https://www.amazon.co.jp/dp/4074316978/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_hVm1CbD7

| 出版情報 | 17:46 | - | - |


5/17(金)オーソモレキュラー栄養療法の漫画版が出ます

5月17日(金)に主婦の友社からオーソモレキュラー 療法の漫画版が発売になります!

   

タイトルは

『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係ツライ時は食事を変えよう はじめてのオーソモレキュラー 栄養療法』です。

    

昨年からずっと企画が進んでいたのですが、漫画家あらいぴろよさんのおかげでとても面白い、そして分かりやすい本になっています。

   

主人公は30代のママ。

オーソモレキュラー栄養療法を学んで自身だけでなく、ご家族、周りの友人ファミリーなどみんなが元気になっていく様子を通じてわかりやすくオーソモレキュラーを紹介する本になっています。  

  

もちろん自分も漫画のキャラクターに溝口先生として登場します(笑)


詳しくは本書を読んでいただけたら分かるのですが、体調不良の主人公の愛ちゃんがオーソモレキュラー に出会うのはフクロウに溝口クリニックを教えてもらい溝口先生のところを訪ねるというストーリーなのです。

   

なぜフクロウなのか?

それは、自分がフクロウ大好きだからです(笑)。

ぴろよさんが打合せで自分の部屋に来てくれたときに、部屋中フクロウだらけであることに気づかれキャラクターとして登場させることになったのです。  


こんな感じでとても面白い、でもオーソモレキュラー を一般の方に理解してもらえるような読み応えのある本に仕上がっているので、ぜひご一読いただけたら嬉しいです。

   

そして皆さんからのレビューもお待ちしています。


Amazonのご予約はこちらから出来るそうです。

今週金曜発売予定です。


https://www.amazon.co.jp/dp/4074316978/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_hVm1CbD7KEMDM

| 出版情報 | 08:28 | - | - |


花粉症は1週間で治る!10刷りになりました。

今年も花粉が猛威を振るっていますね。

クリニックにも花粉症で悩む沢山の患者さんが来院されています。

   

時期的なものでしょうか、花粉症の本がこの2ヶ月あまりで、重版を重ねて一気に10刷りまでいきました。8刷りから、出版社の方で帯も新たに変えてくださったようです。    

      

花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患で苦しい思いをされている方には是非この本をご一読頂いて、食事と栄養を見直してもらえたらと思います。

それでも良くならなければクリニックにご来院頂けたらと思います。

  

しつこいようですが、栄養状態の改善で花粉症は治ります!

  

https://www.amazon.co.jp/dp/4865811397/ref=cm_sw_r_li_dp_U_qQAGCbDF0BAPA



| 出版情報 | 08:34 | - | - |


『「うつ」は食べ物が原因だった!』の全面改訂の最新版が発売になりました

2009年に青春出版社から出版された『「うつ」は食べ物が原因だった!』は過去出版した本の中でも増刷に増刷を重ね、発行部数が最も多いものです。

今回、出版社から全面改訂で最新版を作る依頼を受けました。    

        

    

15年前に栄養療法専門クリニックを開院して以来、オーソモレキュラー で鬱が改善した人は約4000人にも登っており、沢山の患者さんが社会復帰を果たしています。

  

  

うつが起きる原因につながる5つの要因としては

’召留浜槁埖(脳内神経伝達物質の原材料不足)

腸の不調

E質の摂りすぎ

で召遼性炎症

ゥ曠襯皀鵑留洞

が挙げられます。


  

これらは全てうつ症状を伴うので病院に行くと簡単に対症療法として精神薬が処方されてしまいます。その結果、断薬が難しくなってしまうのが現状です。


  

本書ではこれら5つの要因について、1つずつ詳しく解説するとともに、脳と腸の関係、うつにならない・うつを改善させるために行うべきアプローチ法を具体的にお伝えしています。

   

  

身体にとって不自然なものはなるべく使わないというのがオーソモレキュラーの考え方です。

対症療法にしか過ぎない精神薬には副作用がありますが、栄養素は補っても副作用はなく、人間の身体に必要な栄養素が満たされたら、必ずうつは改善するのです。

栄養で身体が満たされる過程においてはサプリメントを補うことも非常に大切になります。

     

  

前回の出版から10年弱となりますが、新しい知見を沢山盛り込み、「うつ」についてさらに深く落とし込んだ一冊となっています。

  

前作をお読みになって下さった方や

ご興味のある方は是非ご一読頂けたらと思います。


  

【最新版】「うつ」は食べ物が原因だった! (青春新書インテリジェンス) 青春出版社 


https://www.amazon.co.jp/dp/4413045599/orthomolecule-22




| 出版情報 | 08:00 | - | - |


『最強の栄養療法「オーソモレキュラー 入門』が増刷になりました。

先週、今年3月に光文社新書から出版した『最強の栄養療法「オーソモレキュラー 」入門』が増刷されたとの嬉しいニュースが舞い込んできました。


一回ごとの印刷部数が多いので、まだ三刷目ですが、沢山の方に読んで頂いるうで、とても嬉しいです。

  

  

これはオーソモレキュラーを勉強する上での入門書として皆さんにお届け出来たらと思い、執筆にも時間を費やし出版した思い入れのある本です。


リクエストが多いので、いつか応用編も出せたらと思っています。


  

これからオーソモレキュラーを知るであろう人にも是非手にとって欲しいので、今後も長く世間に出ていて欲しい一冊です。

   

『最強の栄養療法『オーソモレキュラー」 入門』

まだの方は是非読んで頂ければと思います。


https://www.amazon.co.jp/dp/4334043429/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_J7kdCbBHJ7MJG  

   

| 出版情報 | 15:14 | - | - |


新刊が少し立ち読みできます。

  

   

土曜日に発売になった新刊の立ち読み版リンクが出来たそうです。

  

  

本の内容も少し読めますので、ぜひご覧ください!


  

『医者が教える日本人に効く食事術』

立ち読み版

http://ul.sbcr.jp/GK-zoE5g


  

★Amazonはこちらから

https://www.amazon.co.jp/dp/4797397233/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_mMdWBb5ND7P3B

| 出版情報 | 08:54 | - | - |


新刊の食事術本 第5章について

月曜日から新刊のご紹介を章ごとにトピックとして取り上げてお話ししてきましたが、いよいよ今日は最終章についてです。

   

  

第5章は『健康で長生きするための日本人の食事術』

  

  

日本人は平均寿命は世界の国別に見ても長いのですが、残念ながら健康寿命との差がかなりあります。

   

  

この介護を必要とせず、自立した生活が出来る健康寿命を少しでも伸ばすためにも、わたし達の身体の中に入るものを選択することはとても大切なことです。

   

   

認知症、がん、糖尿病、心筋梗塞その他諸々の病気を防ぐのに大切なことは高たんぱく・低糖質な食生活が基本になりますが、そのほか日本で簡単に手に入る様々な食材や食べ合わせや調理法の選択で糖質制限プラスαの効果が得られるのです。 

この章ではそのヒントをお伝えしています。ぜひ生活に取り入れてみてください。  

   

   

また肉食を勧めると、欧米人に比べて日本人の腸は長いからたんぱく質を摂取するのに向かないのでは?と仰る方もいます。

   

  

しかしそれは大きな誤解です。

詳しくは本書を読んで頂きたいのですが、欧米人と違うのは腸の長さではなく腸内細菌なのです。

   

   

健康長寿を目指すなら、腸内環境を整えることがいかに大切か。

この章でそのことが皆さんに伝わればと思っています。

 

  

いよいよ明日発売です!

Amazonはこちらから。

     

『医者が教える日本人に効く食事術 SBクリエイティブ 』

https://www.amazon.co.jp/dp/4797397233/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_mMdWBb5ND7P3B 

   

| 出版情報 | 07:05 | - | - |


新刊の食事術本 第4章について

第4章は『日本人の「心」に効く食事』というタイトルです。

   

日本ではもっともうつになりやすい年代が

30-40代と言われており、自分のクリニックにも沢山の方が来院されます。

女性の場合は、60-70代で再びうつを訴える方が増える傾向があります。

      

   

うつの原因はセロトニン不足にあります。

セロトニンは男女差が大きく、男性は女性のセロトニンの1.5倍もあるため、セロトニン不足でうつになりやすいのは女性が多いことがここからもご理解頂けるでしょう。

   

   

セロトニンを理解する上で、セロトニンの遺伝子の特徴を理解しておく必要があります。

なんと日本人とアメリカ人には違いがあるのです。

   

詳しくは読んで頂けたらと思うのですが、

このセロトニン輸送体遺伝子の違いをしっかり理解出来ると、日本人がセロトニン不足によりうつを発症しやすい理由がお分かりになることと思います。

   

   

以上のことからも日本人は特に食べ物に注意を払い、セロトニンを補う必要があるのです。

そのために取るべき食事や食材は何かについても具体的に述べてみました。

    

   

本章を通して『食べ物が体と心を作っている』ことを皆さんに再認識して頂き、正しい知識を持って、口に入れるものを選択して欲しいと願っています。

     

  

Amazonの予約はこちらからどうぞ。

10月20日(土)に発売です。

       

『医者が教える日本人に効く食事術 SBクリエイティブ 』

https://www.amazon.co.jp/dp/4797397233/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_mMdWBb5ND7P3B

  



| 出版情報 | 08:51 | - | - |


| 1/2PAGES | >>