うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

新宿溝口クリニック

オーソモレキュラー栄養療法<br>導入医療機関一覧

医師・歯科医師向けセミナーのご案内

関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。

「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
携帯からアクセス
qrcode
今年の桜は・・・

JUGEMテーマ:健康

 

毎年この季節は嬉しいお知らせを頂きます。

桜も満開になり、気持ちも明るくなるのですが、今年はちょっと違いますね!

 

そんなこの頃ですが、今日は家にこもりながらたまった雑用でもこなそうと考えています。

 

先日の外来では、数年間この治療に取り組んでくれている中学生の男の子が通信簿を持ってきてくれました。

初診時には、うつ病に使う薬が処方されていました。いまはお薬はなくなっています。天候やそのほかの要因で朝に起きることが出来なくなることもありますが、遅刻をしてでも学校に行けるようになり保健体育を除いては、とても優秀な成績でした!!

控えめな表情ですが、嬉しそうに通信簿を見せてくれて本当に嬉しかったです。もうちょっと頑張ろうね!

 

そして患者さんというか、小学生のときから取り組んでくれていたのでもうベテラン。なんと4年生の大学を卒業しこの春から晴れて一流商社へ就職が決まりました。入社式がなくなり残念ですが、この状況が落ち着いたら世界を飛び回り活躍してもらいたいと思います。

 

このところ毎年恒例になっていたのが、ONPとONEの講座が3月に終了し晴れて行うディプロマ授与式でした。

東京タワーそばにある芝パークホテルで行っていたのですが、今年は残念ながら中止です。自分の気分がいつにもなく沈んでいるのはコロナ感染症によるものだけではなく、このディプロマ授与式が中止になってしまったことが大きな原因なんだろうな・・・と昨晩思いました。

 

思い返せば、このブログも15年以上にもなると思います。

一人でも多くの方へ栄養のもつちからと人の体のすばらしさを知っていただきたくコツコツと情報を記してきました。そして6年前から基礎から深く学ぶ機会を提供することを始めました。それがONPとONE講座です。

医師にもすこし難しい内容ですが、医療専門職の方や一般の方々にも理解していただけるようテキストも作った半年間のカリキュラムです。

 

ディプロマ授与式では、カリキュラムを終了し卒業試験に合格した皆さんとともに時間と場所を共有する機会です。

それが自分にとってこの季節になくてはならないものになっていたようです。

毎年、この授与式の日はとても天気が良くて芝パークホテル近くの増上寺に足を運び桜の見物をしていたのです。

写真は昨年の授与式後に立ち寄った増上寺での一コマです。

今回の講座では、ディプロマ授与式だけでなく後半の通学講座も中止になってしまいました。

通学講座では、認定ONPの先輩が勤務している会社へお弁当をお願いしていたのですが、それも中止になっていたのです。

昨日、そのお弁当を作っていた認定ONPの方からメッセージをいただきました。

受講中の皆さんへの深い思いが詰まった献立でした。

写真ともにいただいたメッセージを紹介しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全て手作り

卵焼き以外お砂糖は使わず、生の国産食材を使いました。

糖質量は33.3g

季節、ストーリーをもたせました

 

オーソモレキュラーへ関わる方へ「食べる楽しみ」「糖質を制限しても美味しく食べられる」

ことを伝えたい、和食のプロとつくりました!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな素敵な思いも届けることが出来なかったのがとても残念です。

早く、この状況が好転し人々が明るく楽しく往来をたのしめるようになることを願うばかりです。

 

今回の感染症を機会に免疫にいかに栄養が関係しているのかを知っていただくことにもなればなぁ・・・とも思います。

| ひとりごと | 14:10 | - | - |


振り返る

 

 

 

ふとブログを書き始めたのはいつ頃だったかふと気になり振り返ってみると、2005年から書き始めていました。

かれこれ15年も書いているようです。

さらにこの頃の2月にはどんな事を書いていたかと思い見てみると

2月1日に「名誉ある賞!」というタイトルでブログを書いていました。

 

内容は、当時73歳の患者さまが膝に大量の水がたまり大好きなテニスが出来なくなっていた所、辻堂のクリニックを受診して頂き栄養療法を取り入れ見事にまたテニスができるようになったのです、さらに所属しているテニスクラブから、年間最多利用の賞をいただいた事を報告してくださった事への感謝の気持ちを書いていた内容でした。

 

年齢を重ねると昔とは変わっていく体の変化を感じる方は多いと思います。

多くの方が『年齢によるもの』どこかに痛みがあればそれらに関連する日常的にしていた『運動を控えなさい(止めなさい)』そして『お薬を飲んでください』と言われてしまう事が殆どかと思います。

そして多くの方が「歳だからしょうがない」となってしまいがちです。

 

自分より年上の方は特にお薬に信用を寄せている方も多くまた日々の食事を変えたり、サプリメントを飲むなどは受け入れにくい方が多いのも現実です。

そんな中、これまでの治療に疑問を持ち新しい方向に目を向けそして受け入れてくださった柔軟さに敬意を表します。

 

なぜ今日はこんな事を書いているのかというと先日、ご年配の方が通りがかりにクリニックの看板を見て気になったのでとクリニックにお越し下さった方がいらっしゃったのです。

自分は診察中だった為その方とはお会い出来なかったのですが、スタッフに栄養療法と書いてあったから気になってとお話ししてくださったようなのです。

きっと何かお悩みを抱えていて今の治療では満足のいく結果が出ていらっしゃらないのではないかと思います。

その日はスタッフに質問などをして帰られたそうなのでいつかお会いできるのを楽しみしている今日この頃です。

 

日々沢山の方にお会いし思うのですが新しい事を受け入れるのに年齢などは関係ないと改めて感じます。

そんな事を感じる事があり今日のブログとなりました。

自分も常に新しい事や色んな方の話を受け入れられるよう柔軟にしていないといけませんね。

 

※前回レビューを書かせていただいた「花粉症は一週間で治る!」が13刷目の重版が決定いたしました!

累計2万6000部になったそうです。沢山の方のお手元に届いていること大変嬉しく思います、読んで下さった方々本当にありがとうございます。これからも頑張ります。

 

 

 

 

| ひとりごと | 16:09 | - | - |


第一回目通学講座に行ってきました。

JUGEMテーマ:健康

19日日曜日、自分が代表理事を務めている

オーソモレキュラー栄養医学研究所のONP養成講座の第一回目の通学講座でした。

 

2019年10月に今期の養成講座がスタートし皆さん忙しい中、

講義動画を見てオーソモレキュラー栄養療法を学んでいます。

普段は講義動画とテキストを使っての講座ですが、1月2月3月と各一回づつ通学講座があります。

 

普段、受講生の皆さんとはあまりお会いできる機会がないので

お会いできるのを楽しみにこの日を迎えました。

 

通学講座では実際の検査データを使って栄養の過不足や体の状態を読み取っていきます。

限られた時間の中で多くの事をお伝えしたく、つい話すスピードが速くなってしまいました。

 

通学講座でもお伝えしたのですが一番大切な事は、

会話の中に沢山の栄養の不足を読み取れるヒントが隠されているという事です。

決してデータだけに囚われないで欲しいのです。

 

通学講座では実際のカウンセリングに使いやすいフレーズなども盛り込んでいます。

 

栄養療法が急速に広まっている今だからこそ皆さんにきちんとした情報をお伝えしていきたいと思います。

 

 

写真は通学講座の一枚です。

マイクを持って会場をうろうろし皆さんから

当てないで欲しいと視線を感じつつ(笑)質問をしたりして答えていただきました。

 

次の通学講座は2月2日です、また皆さんに嫌がられると分かりつつ(笑)うろうろしたいと思います。

 

それでは今日はここまで

 

 

 

 

 

 

| ひとりごと | 00:00 | - | - |


ぞくぞくと届いています。

JUGEMテーマ:健康

 

 

この時期は、代表理事を務めているオーソモレキュラー栄養医学研究所の認定を受けている方々の更新の時期です。
今年も沢山の方に更新していただき嬉しく思っています。
毎年、更新の課題は変わるのですが今年は、自分の著書や理事を務めてくださっている姫野先生、大友先生の著書の読書感想文・最近注目した栄養に関するトピックについての感想文でした。
おもわず笑ってしまうものから、ご自身やお子さんの変化、そして栄養療法に出会う事で自分に責任を改めて感じてしまった事など読んでいるこちらも涙ぐんでしまうものまで。
皆さんの沢山の気持ちが詰まった課題を読んでいて改めて、
2019年の1月のブログに書いていた目標、
『2020年にはこの考え方(栄養療法)が日本で一般的になっていること』を達成する為に力がはいりました。
こうして日々医療業界の中でアウェイな環境の中働いている自分はみなさんの言葉がとても励みになります。
今年はさぼりがちだったSNSにも積極的に発信していこうと思っています。
スタッフからインスタにツイッターに色々と言われすでにお手上げ状態ですが
こちらも2020年の目標としてあげようと思います。
それでは今日はここまで。
| ひとりごと | 19:01 | - | - |


千葉県での講演会報告

JUGEMテーマ:健康

11月23日 千葉駅直結の駅ビル内のホールで一般の方々向けの講演会が終わりました。

この講演会は、公役社団法人千葉県柔道整復師会が主催する無料講演会です。

 

毎年2月に行われてきました。本年2月にも自分か演者として招かれ講演をしたのですが、その前日には大雪が降り参加できなかった方々も多くいらっしゃいました。そのようなことが、何回かあったため11月に日程を変更した最初の講演会です。

 

今回も地域新聞などを用いて効果的に告知していただたために、およそ3日で定員に達し多くの皆さまへお断りすることになったそうです。

前回2月の講演会では、大雪後にも関わらず参加いただいた皆さまがとても熱心に聞いていただき、さらに講演後に書店さんが驚く程本が売れました。

今回も同じビル内の書店さんに特設コーナーを作っていただきました。

(写真が横になってしまいました!!)

 

今回は、メインのタイトルが ”脳と腸”

サブタイトルは、”腸から整える中高年の心と体”

 

2時間以上の長時間をいただいたので、いろいろな資料を準備し楽しんでいただけるよう話をさせていただきました。

 

2月の講演会に参加いただいた、見覚えのある皆さまもいらっしゃりとても楽しくリラックスした講演会になったと思います。

 

最後の質疑応答も時間切れになるほど活発。

サイン会でもサインをしながら質問責めにあいました・・・が楽しかったです。

 

講演会の内容、機会を見つけてご紹介出来たらと思います。

 


 

| ひとりごと | 00:14 | - | - |


熊本出張レポート

JUGEMテーマ:健康

 

グルテンを20%含ませると美味しい玄米パンはできました。

そして倉庫、工場、製造ラインの全てを新調し、いっさいの小麦成分の混入がない施設も作りました。

最後に残った問題は、『味』でした。

 

小麦アレルギーやグルテン不耐症の存在をしった中九州クボタの皆さんは、自信をもってお勧めできるグルテンフリーのパンやパスタを作り上げることに情熱をもっていました。

 

パスタを美味しく仕上げるために相談していたのが、新宿にあるイタリアンレストラン、オステリア ヴィンチェロのオーナーシェフである齋藤さんでした。

ヴィンチェロは自分も以前からよく行くとても美味しいイタリアンレストランです。齋藤シェフは、知る人ぞ知るイタリアンの有名シェフで本国でも有名です。年に数回イタリアに行きワインや素材を仕入れてきています。

齋藤シェフから、パスタやピザの本場であるイタリアでもグルテンフリーはひろがりつつあることや、田舎のホテルのレストランでもグルテンフリーの料理あります・・・という表示があるほどになっているそうです。

ただ、グルテンフリーの代替となるピザ生地やパスタの味が悪いため、グルテンフリーをたのむとピザ、パン、パスタが出ないイタリアン料理になるだけだそうです。

シェフと社長さんとヴィンチェロの齋藤シェフ、中九州クボタの西山社長と

 

本場を知っている齋藤シェフが関わり、なんども何度もダメ出しが繰り返され、やっと美味しいグルテンフリー玄米パスタができあがりました。

熊本では、中九州クボタが作ったトマトで齋藤シェフがソースを作り、できたての玄米パスタを作って熱々のパスタを作ってくれました。その味は、本当に美味しかったです。すごいトマトの生命力とパンチの効いたソースとそれに負けない玄米パスタです。

クボタの社員の皆さんにも食べてもらったところ、皆さん本当に感動していました。

シェフのトマトパスタ中九州クボタで作られたトマトとパスタによる料理 美味!

 

できあがったパンは、常温ではすぐに劣化し栄養的にも支障があるため冷凍保存の商品になりました。

パスタも同様で水分量の調節が最終段階になっているそうです。このままだと美味しいのですが、水分量が多く劣化が早くなってしまうとのこと。ギリギリの最終調整段階です。

 

すでにヴィンチェロさんでは、玄米パンとパスタをつかった完全美味グルテンフリーコースがサーブされているので、ご希望のかたは予約してみてください。その際には、溝口のブログで知ったと伝えて下さいね。

 

それにしても今回の出張では、いろいろなことを経験しました。

中九州クボタさんの情熱と真面目さ、働くスタッフの皆さんの姿勢。

そしてシェフとして味が良くなければ身体に良くても食べ物として認めないというシェフの考え・・・・

日帰りでしたが充実した出張になりました。

 

| ひとりごと | 22:35 | - | - |


熊本出張レポート

JUGEMテーマ:健康

 

玄米80%、グルテン20%で、美味しいパンを作ることは出来ました。

ところが、小麦グルテンが健康にとって負担になることを知りました。さらに小麦のアレルギーはときに命に関わる重大な問題であることを中九州クボタのスタッフの方々は認識しました。

 

グルテンフリーという表示は、海外では10〜20ppm以下であるときに許可されています。

グルテンによって影響が生じるのは、10ppm以上であることが多いため、最近では10ppm以下をグルテンフリーとすることが増えてきました。

ここで下町ロケットのモデルにもなったクボタさんは、良い意味での”くそ真面目”ぶりを発揮します。

どんなに倉庫や工場を清掃しても、製造ラインの機械を洗浄しても、100%グルテンフリーの玄米パンや玄米パスタの原料を作ってみると、10ppm以下であっても必ずグルテンが検出してしまいます。市販されているグルテンフリーのパンやパスタも抜き打ちで検査すると、やはり基準値以下であってもグルテンが含まれていることが分かったのです。

 

そこでクボタさんの対応は・・・・

倉庫、工場、製造ラインの全てを新しく作ってしまったのです。

これが2018年のことでした。

小麦を入れたことがない倉庫倉庫です

厳格な衛生管理でした久々厳格な衛生管理

管理部長の井上さんが説明してくれました管理部長の井上さんが説明してくれました

 

その後、スムーズに100%グルテンフリーのパンやパスタが作れたのか・・・苦難の道のりだったそうです。

玄米を粉末にして米粉にして原材料にしようとしたところ、粉にする過程で高熱になる過程もあり、その結果として酸化が急激に進んでしまいました。これではせっかく玄米がもっている栄養面での優れた性質を失ってしまいます。

次に考えたのがペースト状に加工することでした。

つねに水とともに玄米を粉砕することで、温度を45度以下に保つことが可能になりました。

ところがペースト状になるため抵抗が強く、有名なドイツ製の機械でも対応ができません。いろいろ調べたところ、食品加工とは全く関係のない業種の粉砕機を用いることで8ミクロンの粒子までサイズを小さい玄米粉を含んだペーストができました。

一般的な上新粉で30ミクロンなので、この玄米ペーストに含まれる玄米粉がいかに小さいか分かります。

 

これでやっとパンやパスタの材料となる玄米ペーストができあがりました。

ところが、美味しいパンやパスタをこの材料が作ることが出来ないのです。

 

この先は、また次のブログで紹介します。

 

 

 

| ひとりごと | 21:38 | - | - |


熊本出張レポート

JUGEMテーマ:健康

 

下町ロケットというテレビドラマでは、トラクターを作る真面目な企業が取りあがられていました。

そのドラマのスポンサーにもなっていましたが、トラクターのクボタがモデルになっているようです。

 

今日は、日帰りで熊本にある中九州クボタさんを訪ねてきました。

中九州クボタさんは、真面目にお米や野菜などを作っています。

中九州クボタの西山社長さんから、なぜトラクターのクボタがお米や野菜を作ることになったのかお話をお聞きすることができました。

 

輸入小麦によるパン食の普及によって、日本のコメ消費量が激減し半分以下になってしまっている。その結果、使われない水田が石川県の面積以上になってしまった。以前は、毎年秋になると黄金色に色づいた瑞穂の風景がどこでも見られたのに、今は見ることができない。

もし美味しい玄米パンがつくれれば、使われる水田が増えるのではないか・・・。

そのために熊本玄米研究所を作り、美味しい玄米パンの制作にとりかかかりました。

その当時は、コメの消費量を増やすことが目的だったため、玄米80%・グルテン20%でパンを作り、とてお美味しいパンができあがりました。

そしてグルテンによる健康への影響が知られるようになり、完全グルテンフリーのパンやパスタの制作に取り掛かります。

 

 

| ひとりごと | 23:09 | - | - |


ビタミンAって?

JUGEMテーマ:健康

8月2日にビタミンって??

というタイトルで、ビタミンという単語が生れた経緯についてお伝えしました。

発見の歴史から、ビタミンA⇒B⇒C⇒D⇒E と見つかった順番で命名されました。ところが、その後にそれぞれが単一の物質でないことが分かります。そのときに、ビタミンという名称を止めれば良かったのですが・・・いまでも使われていることが誤解の根本だと思っています。

 

昨日、オーソモレキュラー療法の実践医でもある、ひめのともみクリニックの姫野先生がレギュラーで登場されている『主治医が見つかる診療所』を見ていました。

 

たしか、夏を乗り切るために重要な栄養素は、ビタミン”エース”という呼称でビタミンA・C・Eが紹介されていました。

そしてそれらの栄養を多く含んでいる食材として、パプリカが紹介されていました。

 

パプリカに含まれるビタミンA??

きっとβカロチンのことでしょう。

 

ビタミンAと呼ばれる栄養素としては・・・

 

・βカロチン

・レチノール

・レチナール

・レチニルエステル

・レチノイン酸

 

おもに緑黄色野菜に含まれるβカロチンは、体内に吸収されるとビタミンAに変換されるのでビタミンAに含まれることが多いのです。ところが、βカロチンには単独で重要な作用があり体内でのビタミンAへの変換は少なく海外の栄養学の教科書などではビタミンAに含まれていません。

 

一般的には、レチノールを狭義のビタミンAとし、それ以外のレチナール、レチニニルエステル、レチノイン酸まで含む場合には、広義のビタミンAとしています。

 

おもに魚の内臓や魚油に含まれているのがレチノール、レバーなどの動物性食材に含まれているのがレチニルエステルです。

レチニルエステルは、ビタミンAとしての活性がないエステル体で、体内でのレチノールの貯蔵形態になります。

 

体内では、レチノールが一部活性を有し、おもにレチナールとレチノイン酸が生物学的活性を有する形態です。

特にレチノイン酸は、強い活性をもっているため副作用がありますが、一般的な食材にはレチノイン酸は含まれていません。合成のビタミンAサプリメントには、レチノイン酸が含まれています。

 

ここまで書いて、ポイントがずれてしまったかも・・・と感じています。

つまり、ビタミンAってなに?

という質問には、すぐには答えられません。

ビタミンAって過剰摂取の危険性や副作用の心配があるのですか???

という質問にも、すぐには答えられません。

 

これらの質問に、みなさんならどのように答えますか??

 

この先は、また後日。

 

あすから、新宿溝口クリニックは夏休み後の診療開始です。

スタッフもきっとリフレッシュして元気に出勤してくれるでしょう。

患者さんとご家族へ全力でサポートさせていただきます。

令和元年の後半もよろしくお願いいたします。

| ひとりごと | 16:09 | - | - |


今日のランチ

JUGEMテーマ:健康

外に出るランチは、いつも一人です。

今日は行きつけの焼き肉ブラックホールでハンバーグランチを食べていました。

ライスなしキャベツ大盛+ダブルおかわりキャベツ+トッピングはもう一つハンバーグです。

今日はさらに目玉焼きを追加トッピングでした。 ほぼ食べ終えて、メンバーカードを持っている人だけのサービスドリンクのウーロン茶を飲んでいたときに。。。

   

 「先生〜〜!!」 と偶然にも40歳代の女性がお店に来ました。 この女性は、2006年8月が初診なので、12年間クリニックの栄養療法を続けてくれている方です。

栄養療法やオーソモレキュラーなんて全く知られていなかった12年前から治療を継続してくれているので、患者さんと言うより同志という感覚です。 


こちらの女性、席に着くなりメニューも見ないで注文開始 ダブルハンバーグ ライス、デザートなし ジャガイモも外してね! ソースは卸しポン酢をダブルでね。 ・・・・通過ぎる、常連だなとすぐに分かりました(笑) ダブルハンバーグ    

   

ハンバーグダブルをモグモグと食べる患者さん。 12年前よりも明らかに元気で若返ってます。

  

お肌もとてもキレイ!! クリニックが自費診療に移行したことへの意見や感想を聞かせてもらいました。

そしてもともと得意だった英語の達人になろうと、英語の厳しい塾へ通い始めたとのことでした。 

   

12年前、心身ともに不安定・・・お肌もくすみ・・・頻繁に点滴が必要な状態だった方とは思えません。 あの頃だったらダブルハンバーグはあり得なかったでしょう。 すっかりと元気にキレイになって、自分の人生を楽しんでいる様子が伝わりました。

| ひとりごと | 19:52 | - | - |


| 1/39PAGES | >>