うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 良い習慣を身につけるために  | トップページへ | 砂糖なし焼肉で打ち上げ >>
皆さんへ感謝です
JUGEMテーマ:健康


”うつは食べ物が原因だった”を出版して依頼、数冊の脳の機能と栄養についての著書を出版させていただく機会がありました。

そして今企画が進行しているのが、図解版”うつは食べ物が原因だった”です。
著書にある脳と栄養素の関係や、脳の特徴、うつ病をはじめとする脳のトラブルと栄養の関係についてを、これまでの著書の中にある文章では美味く表現することができなかった部分について、図をもちいることによってより理解しやすいものにするための本です。

甘いものを食べるとホッとするきもちになるのは、血糖値が上がるためではありません。
ただその理由を、ちゃんと説明することはなかなか困難です。

ところが図を多用することによって、これらの難しいこともたやすく理解することができるようになります。

この本の企画が進むうちに、これまでの本との違いをより明確にするために、実際に栄養療法を経験された患者さんたちから生の声をいただき、本へ反映してはどうだろうか?ということになりました。
皆さん、通常の薬物療法を経験されてきた方々ですので、その改善経過の違いなどもお話していただけると思ったからです。

当初は、数名の患者さんへ集まっていただき座談会形式で栄養療法による経過を話していただこうかと思ったのですが、皆さんのご都合がなかなかつかないであろうということで、ご協力いただける患者さんへ皆さん同じ質問をおこない、ファックスで回答してもらことになりました。
その結果を、編集の方がまとめてくれる予定です。

今回も多くの患者さんの顔が浮かびました。

皆さん、この治療に取り組んでいただきすばらしい改善経過を見せてくれている方々です。
そして数名の方へクリニックのスタッフから連絡させていただいたところ、皆さんからファックスによるアンケート取材に協力してくれる返事をいただきました。

このようなときにいつも思いますが、患者さんたちの気前の良さです。
休職中にこの治療に取り組み始め、すでに残業までこなすようになっている方や、日常生活もままならない症状だった方が、仕事まで可能になったり・・・そんな皆さんからのアンケートが直接出版社まで送られているそうです。
どんな内容か楽しみです。

そして、今日は全く同じように・・・ある意味それ以上嬉しいファックスをいただきました。
そのファックスの最後には、

「この3年間、入院しないですごせていることが奇跡です」

つらい幻聴やつよい妄想によってこれまで頻繁に入院治療を繰り返されてきた患者さんです。
投薬を増やしても、根本的な症状が改善することはなく毎日が症状との格闘でした。

この治療に取り組み、そのときそのときで改善傾向を示してくれていました。
食物アレルギーの結果も、さらにワンステップ症状を改善させるために有効な情報でした。

今、家でお母さんの家事を手伝ったり、家でのやることを分担して行なったりしています。
途中何度か症状の増悪傾向などがありましたが、ビタミンCの点滴治療なども併用しながら入院治療をすることなく、この3年間を過ごすことができたという報告だったのです。

アンケートに答えてくれたような休職から残業可能まで回復したのも奇跡ですが、入退院を繰り返し投薬によって反応も乏しくただただ寝て居るような状態から、家事を手伝い日常生活で会話を楽しむこともできるようになっていることも奇跡なのです。




| うつ病 | 23:06 | comments(1) | trackbacks(0) |


コメント
このたび、溝口先生からのアンケートの依頼を受け、協力させていただきました。
アンケートの依頼をスタッフの方から、すごく丁寧に、もしよろしければと言うことで、電話で受けたのですが、自分で協力出来ることは、なんでもしたいと思っているので、すぐに引き受けさせてもらいました。
栄養療法のすごさは、とにかくすごいの一言です。
自分は、2009年12月から栄養療法を始めたのですが、当時、自宅で4人の特定の人にしか会うことが出来ない状況でした。
コンビニに行くのが、せめてもの練習でした。
そんな自分が、今では100人以上の職員がいる職場に戻ることが出来ています。
一般の医療を2001年3月から・・・。いい日と言える日などはありませんでした。
今は、世界で活躍する科学者が治療をすると、こんなふうになれるんだ、と言った感じです。自分としては、溝口先生は、科学者だと思っています。
以前、このブログで、一般医療の薬の出し方は、アート的だと言うことが載っていましたが、栄養療法は、科学的でデータなんですよね。
すごさは、ずっと感じていたのですが、改めて、すごさを感じているので、ネットでのコメントをしない自分が、コメントさせていただきました。
| ひでと | 2011/08/19 1:42 PM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/1023
トラックバック