うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 砂糖なし焼肉で打ち上げ | トップページへ | 夏休みの外来 >>
自閉症スペクトラム
JUGEMテーマ:健康


昨日は、自閉症と診断されているお子さんのカウンセリングでした。
この治療をすでに約2年間続けているお子さんです。
現在小学校3年生ですから、治療を続けていると言ってもお母さんが根気よく継続してくれていると言う感じです。

始めたときは小学校1年生

会話は、成り立たない状態でした。
コミュニケーションが成り立たないので、人間関係をつくることができません。
それは、たとえ親子でもそうです。
単語1語だけ。。。多くても2単語  視線も合わさないで単純な単語を言うだけ。。。。

今は、電話でもお話しましたが、会話が続けられます。
今年の春以降は、お友達ができるようになり家に連れてくるようになっているそうです。
友達が大好きで、何人も大切な友達の名前を挙げてくれました。

何回もこのブログでもお伝えしていますが、日本では自閉症の場合には衝動性が強い場合などには、それを抑える薬を投薬することがありますが、基本的には治療の対象にはなっていないのが現状です。療育制度などの教育法と環境整備に重点が置かれています。
海外に目を向けると、実に様々な治療法を医師たちが模索しています。
うらやましいと思うのは、確立されていないがために多くの方法がおこなわれているのですが、それらの互いを攻撃するのではなく、方法論や結果をシェアしている状態があるということです。

9月には、子供の脳のトラブルについての本を出版する予定ですが、そこで取り上げている食物アレルギーとの関連もそうです。
この分野は欧米で発達していますので、欧米の食事分化が反映されています。
グルテンやカゼインに対するアレルギーがそうです。

日本の子供たちにアレルギー検査をすると、海外の情報とことなるのが食物アレルギーの分野です。
やはり食べ物の習慣が違うことは、当然ながらアレルギーにも関係することは理解できます。

そして見解がことなりますが、鉄不足と脳の発達障害については鉄不足があるお子さんにはどうしても補正したい分野になります。

実は昨日も成長期に精神科の薬が始まったことによる弊害を体験された患者さんについて、テレビ局の取材がありました。
厚生労働省の子供のトラブルへの方針は医療の早期介入であり、それには早期からの投薬治療という流れが止められそうにないようなのです。

| 自閉症 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |


コメント
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/1025
トラックバック