うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

新宿溝口クリニック

オーソモレキュラー栄養療法<br>導入医療機関一覧

医師・歯科医師向けセミナーのご案内

関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。

「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
携帯からアクセス
qrcode
<< 鉄の復習 | トップページへ | 糖質制限中の主食 >>
春から幼稚園
JUGEMテーマ:健康


自閉症と診断されていた男の子。
この治療を始めて約1年が経過しています。

山あり谷ありですが、確実に改善傾向がありこれまでの保育園の先生も周りの親御さんも、そして両親も確実な成長を実感しています。

今日も診察室では、動物のイラストがかかれたシールを使いながら僕とも会話が成立。
この春から晴れて普通の幼稚園への入園が決まったそうです。

集団の中でもパニックもほとんどなくなり同年代の友達との関係もできてきています。
以前は、保育園から友達が自宅まで遊びに来ることはなかったのですが、最近は多いときには6〜7人の友達が遊びに来る。
ただ本人は、その友達と一緒になって遊んでいるというよりは、きてくれたその環境を楽しんでいるという雰囲気らしいのです。

人と関わりたいのに音や刺激に対して非常に敏感で、感情のコントロールがつかない状態だったのが、食事を変えてビタミンB群やラクトフェリンなどをしっかりと補給することで、穏やかさが全面にでてくるようになっています。
優しい笑顔で余計なことは話さないし、きっとそのことは同年代のお友達にも安心感を与えてるのではないかとおもいました。

今日の診察中もパパとママがいいよっていったところにシールを貼ってねとお願いしたら、しっかりとうなずいて診察室でははがしてもどこかに貼るようなことはありませんでした。

| 自閉症 | 12:48 | comments(5) | trackbacks(0) |


コメント
うつ病、キレやすい、夜になると死にたくなってしまう
ような状態です。

先生の書かれた本を読みたいのですが
食事療法の内容(食べ物の種類)が
具体的に一番書かれている本はどれでしょうか?
全部読みたいのですが金銭的なことがあり
まずは1冊、先生の本が欲しいんです。
OK食材、NG食材、みたいに
具体的に細かく書かれている本が欲しいです。

もう1つ質問させてください。
先生のブログを読んで、砂糖、炭水化物、カフェイン
がよくないのは分かったので
避けた生活を心がけるようになったのですが
今日、朝食に焼き芋を半分食べたんです
結構大きい芋でした。
それを食べてもう数時間たちますが
夜になったら貧乏ゆすりがひどいんです
イライラ気味です。
砂糖、米を減らしていたらずいぶん良くなっていたのに
芋で・・・?!とまさか!な思いなのですが
芋も炭水化物だし、良くないんでしょうか?

| rino | 2012/03/05 1:20 AM |
rinoさん、こんにちは。横からすみません、溝口クリニックの患者です。
このブログの初めの頃の記事には「質問を受け付けます」という記載があり、コメント欄で先生がお答えになる方針を取っていらっしゃいましたが、年月が経つにつれ、先生も大変お忙しくなられたので、ある時期から方針を変更されました。現在はコメント欄には登場されないことになっています。
現在私が読んでいる溝口先生の著書「図解でわかる最新栄養医学 うつは食べ物が原因だった!」に「甘い菓子類は当然、控えたい食品の筆頭にあげられますが、意外に糖質が高いのがイモ類です。一日の摂取量の目安は『3僂領慇擇蝪韻鎚』。これはイモ類すべての合計ですから、安心して食べていい量は限られます。」との記述がありました。ご参考までに。お邪魔しました。

溝口先生、こんにちは。娘はあれからステッパーを日課に組み入れて毎日10分づつ続けておりますが、一時期は「強迫観念や不安」が起こる時間が長くなりました。他の条件は一緒だったので、たぶん運動が影響して脳の状態が揺れたのではないかと思いますが、最近は症状の起こる時間が短くなってきたので、運動に慣れてきた感じがあり、ホッとしています。
小さいお子さんの患者さんたちの改善や生活保護を受けながら自立なさる患者さんの改善の記事等を大変嬉しく思いながら、いつも読ませていただいております。
| 鍋つかみ | 2012/03/05 6:16 PM |
鍋つかみさん返答ありがとうございます
先生からの返答はないんですね><

さっそく紹介してくださった本
私も注文しました
早く読みたいです☆

芋の糖質もやはり
影響があるんですね・・・
これからは芋にも気をつけようと思います><


| rino | 2012/03/05 11:57 PM |
横から失礼します。
芋は良くないですよ。
糖尿の治療法の1つ、江部先生の糖質制限の本を読むともっと厳密で、よくわかります。糖尿の母にコロッケはだめだと言い聞かすのに随分しつこく言ったものです。
| 八雲荘 | 2012/03/10 10:02 PM |
先生。ご紹介ありがとうございます。
主人に任せきりの受診にて、どうしただろうか。。。。と心配してましたが、こんなやりとりがあったのですね。子供にもですが、主人の息子への取り組み、安心しました^^(なにせハンバーガーとおにぎりを平気で一緒に食べさせる父なので・・・)
先週から高熱の息子。聴覚過敏や脅迫症的な言動を言ってちょっと心配してます。早く熱が下がってほしいです。
| 母です | 2012/03/12 11:17 PM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック