うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 今年の桜は・・・ | トップページへ | Book off で発見 >>
不妊治療と栄養
JUGEMテーマ:健康


新宿のクリニックには、不妊症でお悩みの方が来院されます。
クリニックとしてもあまり情報発信している分野ではないのですが、訪れる患者さんは後を絶ちません。

僕の診察室のパソコンには、”妊娠成功患者さんリスト”というリストがあり、妊娠成功のお知らせを聞くとそのリストへ名前が加わります。

この春は、ちょっとした妊娠ラッシュでした。
クリニックを受診いただくたびに、少しずつお腹が大きくなりママの雰囲気がでてくる変化を見せていただくことは通常とは違った喜びが感じられるものです。

妊娠が成立しないまでも、これまでの不妊治療よりも一歩も二歩も前進した患者さんも多くいらっしゃいました。

『採卵できても、1個で質が悪く受精しなかった状態から、3個も卵子が取れてどれも凍結できる良いものだった』
とか
『体外受精しても、すぐに分割が終わってしまっていたが、戻すことができた』

などなどです。

これらの変化は、それまで行なってきた不妊治療の延長では、なかなか得られない変化です。
妊娠が成立した後の母体の検査データの急激な悪化というか変化を考えると、不妊治療には最初から栄養アプローチを併用するのが良いといつも思うのですが・・・上手く行かない方々しか相談にいらっしゃいません。

そんな中、先日はちょっと質の違った変化の報告をいただきました。
それは、御主人の方の変化です。
つまり、精子の質が著しく向上したというのです。

精液量・精子数・運動率・奇形率 いずれの項目も改善傾向があり、特に重要な運動率の向上と奇形率の低下が著しかったのです。
来院してくれた奥さんには、男性の改善は女性と比較して単純で簡単なものであることをお伝えしました。
御主人は、この変化を聞いてすごく喜ばれたそうです。
やっぱり自然界の雄として、この変化はとてもうれしいことだなぁ〜と思います。

この御夫婦にももうすぐ良い知らせが来るのではないかなぁ〜と感じながら話を聞いていました。

不妊治療は通常の病気の治療とは異なる大変さがあります。
そして栄養療法でお手伝いをしていると、どの病気でも感じられる人間の身体のすばらしさを不妊治療でも感じるのです。条件(栄養状態)を整えてあげると、驚くような成果がでてきます。
根気よく取り組んでいきましょう。
| 不妊症 | 00:56 | comments(2) | trackbacks(0) |


コメント
今回の記事の「不妊」とは話題がずれますが、「妊娠」と関係あることを思い出したのでちょっとお邪魔しました。
私は何とか妊娠はしましたが、栄養状態は悪かったと思います。
定先生の「ビタミンベビーはいつも機嫌がいい」というお話を伺って娘の赤ちゃん時代を思い出し、なるほど〜と納得しました。
娘の幼少期は、一言でいうと「怒り泣きベビー」でした。常に何かを怒って激しく泣いていました。そして昔の写真を見ると、生後3ヶ月の頃の写真にたった1枚だけ笑顔の写真がありますが、それ以降知能が発達するにつれ、ほとんどの写真が赤ちゃんなのに眉間にしわを寄せていて、「あ〜ん?何か文句ある?」みたいな不機嫌そうな顔をしているのです。
こんな状態ですから、娘の成長過程は苦難の歴史でございました。
でも現在は栄養療法と薬物療法と瞑想(幸い統合失調症を発症する前に身に着けていたので、幻聴・妄想がうまくコントロールされている時には使えることが判明)の併用で、いつも穏やかで淡々とした子になりました。
| 鍋つかみ | 2012/04/25 9:08 AM |
磁気過敏で分子栄養療法のお世話になっている者です。
今、蝕のせいで太陽の磁気が狂っているらしく、
私も毎日めまいのする日々で、どうにも正確な行動が
とり難いです。Mg、ナイアシン、VB6、加味逍遥散
ハッカなど色々試して、何とか過ごしています。
皆様方もどうかお大事にお過ごしください。
| nekota | 2012/05/06 8:09 PM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/1066
トラックバック