うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

新宿溝口クリニック

オーソモレキュラー栄養療法<br>導入医療機関一覧

医師・歯科医師向けセミナーのご案内

関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。

「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
携帯からアクセス
qrcode
<< 薬がいらない体になる食べ方 | トップページへ | お子さんと一緒の勉強会 >>
不妊治療でのいろいろ
JUGEMテーマ:健康


新宿溝口クリニックの栄養療法では、不妊治療のお手伝いが密かな得意分野です。
いつも感じるのですが、なんとなくブームがあるようです。

このところうれしいニュースが立て続けです。

その中でも・・・・

ある不妊治療中の御夫婦のカウンセリングにて・・。

不妊治療を始めたところ、御主人が無精子症であると言われたそうです。
そして奥さんも妊娠のためにはいくつかの問題点が不妊治療の主治医から指摘されていました。
栄養アプローチは、奥さんを中心に。
御主人には、クリニックの亜鉛をおすそ分けというかんじで細々と飲んでいただいていました。

奥さまの疲労感や様々な症状が改善してきたと同時に、いままでゼロだった御主人の精子が出てきたそうです。
検査するたびに、2匹(?)・4匹・8匹とどんどん増えていきました。
不妊治療の主治医からも、これなら体外で行けるかも知れない・・・・と。

そこで先日のカウンセリングでは、奥さまから御主人の更なる改善方法はないかと相談されました。
もちろんあります。
そこでいくつかのアドバイスをしました。
きっと数も質も改善すると思います。


そして、先日。
40歳代の患者さんで、不妊治療歴は数年を経過しています。
栄養療法を併用し始めて、ちょうど1年を過ぎました。
この間に、実は一度妊娠が成立。
しかし心拍が確認される前に流産してしまったのです。
その時の落胆振りは、一緒に泣いてしまいそうなほどでした。
でも多くの患者さんが教えてくれています。流産したあとは、また妊娠しやすいことを!!
やはりどうしてもそのことを伝えたくて、数ヶ月前のカウンセリングでは、希望を持つように伝えました。

その後、流産の2ヵ月後に行った最初の体外で見事妊娠が成立。
さら今回は、9週まで順調に育っているそうです。
もう少しで不妊治療のレディースクリニックは卒業だと言われたそうです。
つわりがひどくてサプリが飲めないと言われましたが、吐いてもいいから飲んでくれと励ましました!?

そして地方にお住まいの患者さん。
出産されて5ヶ月目で栄養検査の結果カウンセリングでした。
栄養療法をしながら生まれてきた赤ちゃんは、ニコニコほがらかであまり泣きません。夜も良く寝てくれるので子育てにともなう苦痛がとても少ないのです。
おばあちゃんにも、あなたは子育てがとても楽な方よ〜と言われたそうです。
ママになった患者さんから、

『とにかくかわいい、かわいいという気持ちで子育てができて幸せです。』

とうれしいコメントをいただきました。
年齢を考慮するとすぐにでも二人目をと考えているが、検査データでの栄養状態ではどうですか??ときかれました。
いつでもOKな状態でした・・・これはすばらしいことです。


そしてもうお一人。
体の不調の改善を目的に栄養療法を開始。
症状やデータの改善がえられたころに、妊娠が成立。
そして出産し授乳が始まりました。

いろいろな情報から、授乳中のサプリメントの摂取に不安があり、全てのサプリの摂取を中止したところ徐々に体調が不良となったそうです。
そしてビタミンB群とヘム鉄の摂取を再開。
するとご本人の体調は改善したのですが、以前のように尿が黄色にならない。
ところが母乳をのんでいる赤ちゃんの尿は黄色に変化したというのです。
女性の体のすごさだと思います。
自分よりも母乳に優先して栄養素を分布させているのでしょう。
赤ちゃんの尿が黄色くなることは、全く問題ないことや授乳中にしっかりと栄養素を補充することのメリットについてを説明しました。

今日、御紹介した患者さんの経過から、人の身体が持つ可能性の大きさを感じます。
栄養素を補充すると、まず優先的に必要な部位に届けられ機能を向上させます。それが完了すると優先順位が低いところへ分布するようです。
| 不妊症 | 23:21 | comments(1) | trackbacks(1) |


コメント
皮膚は比較的優先順位が低い臓器だと思われます。
表面面積も大きいし代謝も長期間かかります。
やはり大量の栄養素が必要だと思われます。

まず貧血を治すことが前提ですね。
| 栗木 | 2012/08/23 7:49 PM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2012/09/02 5:18 PM |