うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< うれしい報告 | トップページへ | メール問合せ返信について(ブログ管理者からの投稿) >>
脳からうつが消える低糖質レシピ 出来上がりました
JUGEMテーマ:健康


『うつは食べ物が原因だった』を発刊してから4年でしょうか・・・その間に図解版”うつ食べ”が出版されました。
今回は、『脳からうつが消える低糖質レシピ』(青春出版)が発売されることになりました。
昨日、見本本が出来上がってきました。

本は現物ができあがるまでは実感がないのですが、実際に手にとってページを開くと嬉しい気持ちになります。
今回は、レシピ本ですのでもちろん自分では書けません。
糖質制限の栄養指導で有名な大柳珠美さんに協力してもらい、脳の機能を上げながらしかも健康的になるレシピを考案してもらいました。

いままでの本を知らずにこの本をはじめて手にする方も想定して、脳の機能と栄養の関係についても記載しています。それらは皆さんには復習になってしまうと思いますが、ちょっとだけ新しい切り口でも紹介しているので本文も読んでいただければと思います。

されレシピですが・・・・料理をしない自分でも、なんか簡単そう〜〜っと感じるものが多いです。
今回はうつ症状を感じる方でも作れることも考えていたので、できるだけ簡単に作ることができるレシピになっています。
実際にはうつ症状が強いときには食べる気持ちすら起こらない状態になることは理解しています。でも少しよくなってきたときに、できるだけ自分の脳や身体にとって良い食事をとろう・・・・という気持ちで食材を選んでもらえたら嬉しいです。

うつや病気と栄養の関係や、食事で病気を治す・・・のようなことを発信すると、食事でうつが治るはずがない・・とか、それにはエビデンスがない・・・とかの批判をいただきます。

食事については、”まずやってみてはいかがでしょうか?”

とお勧めしています。
この食事は、身体にとってマイナスのことはありません。
気分的には好きなものを好きなだけ食べられないのでマイナス?があるかもしれませんが・・。

お薬の場合には、マイナス面を考慮すると”効くか効かないかわからないけど、まず飲んでみてください”とはいえません。

そして今回の本で紹介した内容の食事を実践していただくと、多くの方にうつ症状だけでなくダイエットや肌質の改善など、多くのうれしいおまけがついてきます。

ということで、とりあえず発売直前のお知らせでした。
| ひとりごと | 09:54 | comments(4) | trackbacks(0) |


コメント
本のご出版も結構ですが、
クリニックに問い合わせメールを送っても二ヶ月以上返信がない等
怠慢なのではないでしょうか。
自動返信ありで、それでも連絡がないので
こちらのメールサーバーが問題なのかとメールアドレスを違うものにして
再送しても無視とか
| 匿名希望 | 2013/06/21 9:14 PM |
簡単に作れる・・と言うのが嬉しいです!
毎号ですが、発売を楽しみにしています。

食事を変えるだけでうつが治っていくのは本当ですよね。私も栄養療法なくして今の元気はありません。
ただ、実は栄養療法が効き始めたのはヨーグルトで腸内環境を改善してからです。ジプレキサを服薬してましたから腸内環境は最悪で(便が黒く臭かった・・)食物繊維や発酵食品を摂るだけではダメだったものですからビフィズス菌ヨーグルトを始めてそれで栄養療法の効果がメキメキ出てきました。

先生が乳製品を勧めていないのも良く知っていますが、薬物とは違いますし、自己責任で色々試しております。
そんな若干自己流の栄養療法ですが、本が出版されたらますます食事療法に励もうと思います。
| たんぽぽ | 2013/06/22 2:29 PM |
自分に都合の悪いコメントは公開しないという方針だとは。
私は非公開にしてくださいとは書いてません。
| 公開願います | 2013/06/23 11:42 PM |
レシピ本、購入しました。
どれもこれもおいしそうで、糖質制限が楽しく実践できそうです。
ただ、ハイコストな材料が多いような・・・
でも、ほとんど好きなものばかり載っていて、うれしいです。
体が良くなったら自分で作ってみたいです。
| yoshiko | 2013/07/02 5:55 AM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/1132
トラックバック