うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 尿の色とビタミンB | トップページへ | 8月の一般講演会についてのお知らせ >>
不妊治療と尿の色

JUGEMテーマ:健康


前回のブログで尿の色調の変化についてお伝えしました。
そのブログを読まれていた患者さんと診察中にとても興味深い会話ができたので紹介したいと思います。

その患者さんは、不妊治療をされていました。不妊治療の担当医からは、あまり状態がよくないので妊娠は難しいだろうと・・・そして「栄養療法を併用して妊娠体質を作る」ことにしたのです。
不妊治療への栄養療法にかぎらず、ほとんどの患者さまへビタミンB群はサプリメントで補うことをするのですが、この患者さまもビタミンB群をサプリメントで摂取して尿の色が黄色の蛍光色になったことに驚いていました。
そしてしばらく栄養療法を継続していたところ、なんと妊娠が成立!!先日の受診時は妊娠12週でした。少し前から尿の色が透明になっていたことに気がついていたときに、先日の尿の色調の変化についてのブログを読み、もしかしたら妊娠によってビタミンBの消費が格段に増えてしまい透明になったのではと気づき診察で報告してくれたのです。

妊娠初期に最も重要な栄養素は何ですかと質問されることがよくあります。自分は間違いなくビタミンB群だと答えます。妊娠初期には脳や腸が形成されますが、それらは神経の集合体。つまり大量のビタミンBが必要なのです。胎児は腸内細菌が居ないので、必要なビタミンBはすべてお母さんからの供給に依存しています。
栄養療法を行っているとビタミンB群が十分な状態で妊娠されると、つわりがほとんど起こりません。もしかするとつわりはビタミンBの不足を示す症状かもしれません。そしてビタミンB群がたっぷり供給された赤ちゃんはとても穏やかで良く眠って育てやすいのです。
妊婦さんへの正しい栄養指導が行われたら、産後うつも激減するし育児ノイローゼも減るでしょう。そしてなにより健康な赤ちゃんの発育につながり、アレルギーをはじめとする多くの乳幼児のトラブルの予防になるものと思っています。

| 不妊症 | 08:42 | - | - |