うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< ちょっと一息です | トップページへ | 大阪に行ってきました >>
昨日はケトン体ダイエットのセミナーへ参加しました
昨日は、“ケトン体が人類を救う”の著者で有名な宗田先生のセミナーへ参加してきました。
そのセミナーでは、栄養療法に精通されている歯科の小幡先生も演者でした。
もうお一人の演者が、北九州にある三島塾の三島学先生でした。
じつはこの三島塾は、新宿に通院中のお子様の患者さんのご家族から教えてもらい、以前から注目していたのです。
昨日は直接ご挨拶をすることができ、さらに今後の協力のお願いもできて貴重な機会でした。

三島先生は今月に“糖質制限が子どもを救う”というタイトルで書籍を出版されるそうなので、それも注目ですね。

さて宗田先生の講演では、いつものことですがユーモアと現代医学への皮肉たっぷりの楽しいトークですが、内容はとても深いです。
妊娠中のお母さんの変化については教科書的な事象として知られていますが、ポイントはその変化の解釈です。
そして胎児の代謝については、教科書的なことが全く間違いである可能性が大というか、間違いですね。

妊娠糖尿病の特徴は、血糖の上昇に応じてインスリンが分泌されているにも関わらず血糖が下がらない。なのでインスリンを注射してもなかなか血糖のコントロールができないことです。
これは、精神症状でお困りの方々へ糖負荷検査している自分とすると、脳のトラブル中の血糖コントロールの特徴とそっくりです。

糖尿病という確立されている病気の診断と治療でも、糖質制限やケトン体の代謝から見ると間違っていることだらけです。

昨日のセミナーから、またいろいろなヒントをいただきました。

そうそう、昨日のセミナーを主催して宗田先生をプロデュースしている方は、ずーっと以前に患者さんだった女性です。とてもお元気で、パワフルにセミナーを運営されていました。
世の中を変えるのは女性なんだなぁ〜とつくづく感じたのでした。

JUGEMテーマ:健康



| ひとりごと | 09:01 | - | - |