うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 鉄の代謝とフェリチン | トップページへ | 鉄の代謝とフェリチン >>
鉄の代謝とフェリチン 

JUGEMテーマ:健康



鉄とフェリチンについて5回シリーズでお伝えしようと予定したのですが、すでに4回目・・少し心配になってきました。
さて前回は、炎症があるときには組織や臓器からフェリチンが漏れ出し血清フェリチンが上昇することをお伝えしました。そこで炎症をどのように評価するかによって、フェリチン値「[貯蔵鉄の増加」か「炎症による影響か」が変わってくることになります。
これまでCRP<0.3mg/dl であれば炎症はなしと判断されていました。ところが高感度CRPという測定方法が知られるようになると、従来の評価では炎症がないという結果でも全身に炎症があることが知られるようになりました。高感度CRPは従来のCRPの1000倍の感度で計測しています。その感度でCRPを測定すると、動脈硬化や心筋梗塞、さらに大腸がんなどのがんとの関係、そしてうつなどの精神症状も従来のCRPでは炎症無しという状態でも高感度CRPでは上昇していることが知られるようになったのです。
そのためオーソモレキュラー(栄養療法)では、CRPは出来るだけ高感度CRPで測定し、さらに炎症と関係する項目をいくつも追加して、かすかな炎症も見逃さないように血液検査項目を選択するようにしました。そうすることによって、フェリチンが上昇しているときに、それが「貯蔵鉄の増加」によるものなのか「炎症」によるものなのか、それとも以前にお伝えした「鉄の利用ができないためにフェリチンだけが上昇」しているのかを正しく評価することができるようになりました。
とくに小腸の粘膜にはフェリチンが存在していることから、腸粘膜の炎症でもCRPは反応することが考えられます。グルテンやカゼインなどによっても腸管粘膜は慢性炎症が引き起こされます。そして実は非ヘム鉄の大量投与も容易に腸粘膜に慢性炎症を引き起こす要因の一つになります。
ついでにSIBO(Small Intestine Bacterial Overgrowth)という病態も紹介しなければなりません。通常小腸は胃酸の影響と食物と一緒に嚥下した空気の影響で、腸内細菌の絶対数がとても少なく乳酸菌の割合が高い環境になっています。ところがSIBOでは、本来大腸などの下部消化管で多く見られる悪玉菌を中心とした腸内細菌が栄養の吸収で重要な小腸に多く住み着いているのです。このSIBOでも腸粘膜は持続的な炎症を示し、栄養の吸収を阻害し腹部膨満感や慢性の下痢などを引き起こします。これらの病態では、いずれもフェリチンは本来の貯蔵鉄の量を反映することなく炎症によって高値になってしまいます。オーソモレキュラーを学んだ方々は、このような状態を「炎症によってマスクされたフェリチンの上昇」と表現することが多いので覚えておくと良いかもしれません。
| 栄養療法(オーソモレキュラー療法) | 15:00 | - | - |