うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 過敏性腸炎と診断されていた・・・ | トップページへ | 【7/9(日)オーソモレキュラー療法 ベーシックセミナー開催@東京・品川】 >>
【7/3(日)抗糖化・抗酸化〜糖化・酸化ストレスへの理解と栄養アプローチ セミナー報告】
先週の日曜日、糖化と酸化をテーマにしたセミナーが品川にて開催されました。

今回のセミナーには糖化の分野では、まさに第一人者である同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンター/糖化ストレス研究センター教授の米井嘉一先生をお迎えしました。

米井先生は、自分も評議委員を務めている日本抗加齢医学会の創設時からのメンバーで、アンチエイジングの分野ではご自身の研究データから臨床データにいたるまで豊富な知見をお持ちの方です。

昨日は、ランチタイムもご一緒することができ、講演も含めて多岐にわたる多くのお話を聞くことが出来ました。

感想ですが、米井先生ご自身が魅力的でした。
講演はユーモアに富んでいて、そしてランチタイムや質疑応答などでも他人の話をとても良く聞かれていました。
糖化については、ご自身の興味から自然にスタディされている様子を知ることが出来ました。

セミナー内容ですが、米井先生は『糖化』と『酸化』を明確に区別されており、その結果として『抗糖化』と『抗酸化』についての違いも明白でした。

特に印象に残ったのが、生活習慣の『糖化』への影響です。
飲酒や喫煙が糖化を促進すること、そして睡眠がとても強く糖化と関係することに驚きました。

メラトニンはAGEsの架橋の分解を促進します。
つまり、寝るべき時間にしっかりと暗い環境で十分に眠ることは、その日のうちに出来たAGEsを消してくれるということです。

前回の副腎疲労のセミナーでも早寝早起きの睡眠リズムの重要性がとても印象に残っていましたが、抗糖化という切り口でも、睡眠を見直すことになりました。

JUGEMテーマ:健康



| 医療セミナー報告 | 16:25 | - | - |