うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 【国際オーソモレキュラー医学会初日〜『オーソモレキュラー医学の歴史』〜】 | トップページへ | 国際オーソモレキュラー医学会世界大会2日目『血液検査データの活用〜精神疾患領域における応用〜』について >>
国際オーソモレキュラー医学会2日目 ランチョンセミナー『ω3系脂肪酸の可能性』
国際オーソモレキュラー医学会、2日目の今日はランチョンセミナーで、ω3系脂肪酸の可能性についてお話しさせて頂きました。



オーソモレキュラーで重要なのは多価不飽和脂肪酸で、これは基本的に身体の中で合成できないので非常に重要な必須脂肪酸になります。


多価不飽和脂肪酸について一般的に言われていることは、ω6とω3の比率を見直そうという考え方ですが、この分類だけではオーソモレキュラー的にはまだ物足りません。


ω6があまり身体に良くないと言われる理由は、炎症促進作用のあるアラキドン酸に変換されるからですが、ω6の代謝経路にも炎症抑制効果のあるジホモγリノレン酸が存在します。
つまり、ω3、ω6の分類だけで見るのではなく、それぞれの脂肪酸の役割を考えて、個々の疾病にアプローチしてほしいのです。



事実、ω6系に含まれるγリノレン酸はアトピー・喘息・PMSへの応用も数多く報告されています。


そして実際には亜麻仁油やエゴマ油から体内に摂取されたαリノレン酸は体内におけるEPAへの変換が低く、またEPAからのDHAへの変換率も低いため、病態に応じてはDHAとしての摂取が大切になります。
DHAとEPAは血流脳関門や血液網膜関門の通過に大きな差があるので、EPAの効果を期待するならEPAを、DHAの効果を期待するならDHAを取る必要があるのです。


クリニックでは、EPAは炎症が主な増悪因子にある疾病に用い、それ以外は DHAを使用しています。
DHAを多く含む組織は、脳、網膜、精液、母乳ですが、「栄養素の効果はその分子を含む組織、臓器でより高く得られる」というオーソモレキュラーの基本原則に基づくと、これらに関わる疾患において効果が出やすいということになります。



また近年クリニックでは、従来のDHAより効果があるものとして、酵素処理されたuDHAを使用しています。
これは細胞膜の組成を変えることで炎症を抑え、細胞に備わっている抗酸化・解毒作用を増強するという非常にオーソモレキュラー的なアプローチ法です。


実際クリニックではuDHAの投与および身体の栄養状態の補正を行うことで以下のような病態改善が得られています。


ー閉症児:会話能力の向上および運動機能の発達
△Δ追造杷知症を併発した男性:認知症が改善・脳の機能も回復
I塲ッ棒 : 精子の量、数率、奇形率が大幅に改善
と劇的な改善傾向が見られる臨床が増えています。


以上、ランチョンセミナーではω3系脂肪酸の可能性についてお話しさせて頂きましたが、口にしたものが細胞の膜の組成を少しずつ改善していき、病態改善及び身体の状態を整えていく。
これはまさに自分が目指している「オーソモレキュラー的」な考え方だと言えるでしょう。

JUGEMテーマ:健康



| 学会報告 | 13:20 | - | - |