うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 国際オーソモレキュラー医学会2日目 ランチョンセミナー『ω3系脂肪酸の可能性』 | トップページへ | ISOM殿堂入りのご報告 >>
国際オーソモレキュラー医学会世界大会2日目『血液検査データの活用〜精神疾患領域における応用〜』について
国際オーソモレキュラー医学会世界大会2日目のランチョンセミナーに続き、午後のシンポジウムの自分のテーマは『血液検査データの活用〜精神疾患領域における応用〜』についてでした。


座長は当クリニックの土曜日外来を担当されている飯塚先生で、自分は演者として登壇しました。



精神症状の原因には、血糖が乱高下する血糖調整障害が原因になることがあります。日本では低血糖症と言われることがありますが、血糖値が低いことが問題では無く、正常の調節が出来ないdysglycemia と海外では言われることがあります。


本セミナーでは精神疾患の二人の患者さんの経過を通して精神疾患へのオーソモレキュラー的アプローチについてお話ししました。


.僖縫奪障害29歳 男性:


5時間糖負荷検査を実施したところ、インスリン過剰分泌と遅延分泌による反応性低血糖症と判明したため、タンパク質を中心とした糖質制限食を実践してもらい、不足栄養素であったプロテイン・ビタミンB群・ナイアシン・ビタミンE・EPA /DHA・ビタミンCを血液データに基づき摂取したところ、22ヶ月後には不定愁訴がなくなり、断薬へ。



抗精神薬を服用している52歳うつ病の女性:


基準値では問題のない血液データだったのですが、このデータをオーソモレキュラー的に見ると
・ALT /AST値からビタミンB群の不足
・LDH値から乳酸代謝の不足
・BUNとコレステロール値からタンパク代謝の低下がありました。


そのためタンパク質の摂取を増やし、ビタミンB群やナイアシンなど不足している栄養素を補充することで、減薬及び意欲の復活や家事をこなすことが可能になるほど生活力が改善。


この2人の患者さんの採血データからも精神科領域においてはALT /AST及びLDH、そしてBUNの評価が非常に大切であることが分かります。


また神経伝達物質を作る過程でビタミンB・鉄・ナイアシンが足りないと、ギャバ、ドーパミン、セロトニン、メラトニンの体内生成がうまくいきません。


ビタミンB、鉄、ナイアシン。
この3つの栄養素は精神疾患には必須の栄養素と言えるでしょう。


そしてビタミンBの中でも、B6はドーパミンやギャバなどの神経伝達物質の変換に非常に重要な役割をしており、B6不足はさまざまな不定愁訴の原因になります。



このビタミンB6・ナイアシン・タンパク代謝の低下により起こる症状は、
・疲労
・筋肉のこわばり
・抑うつ、集中力の低下
・刺激に対する敏感さ
・睡眠トラブル

などがあります。
また糖新生の交感神経依存による症状としてイライラ、焦燥感、攻撃性の亢進も起こります。


以上2つの症例を通して血液検査データから栄養状態を把握することの重要性をほんの触りだけですがお伝えさせていただきました。



生前、ホッファー先生は『精神患者のゴールは「tax payer(納税者)になることだ』と仰っていました。


投薬によって症状を抑えることが治療で、結果として社会復帰できない患者さんが多い日本の現状を考えると、ゴールの設定が基本的に異なっていることを感じています。


JUGEMテーマ:健康



| 学会報告 | 13:26 | - | - |