うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 新刊の食事術本 第4章について | トップページへ | 新刊が少し立ち読みできます。 >>
新刊の食事術本 第5章について

月曜日から新刊のご紹介を章ごとにトピックとして取り上げてお話ししてきましたが、いよいよ今日は最終章についてです。

   

  

第5章は『健康で長生きするための日本人の食事術』

  

  

日本人は平均寿命は世界の国別に見ても長いのですが、残念ながら健康寿命との差がかなりあります。

   

  

この介護を必要とせず、自立した生活が出来る健康寿命を少しでも伸ばすためにも、わたし達の身体の中に入るものを選択することはとても大切なことです。

   

   

認知症、がん、糖尿病、心筋梗塞その他諸々の病気を防ぐのに大切なことは高たんぱく・低糖質な食生活が基本になりますが、そのほか日本で簡単に手に入る様々な食材や食べ合わせや調理法の選択で糖質制限プラスαの効果が得られるのです。 

この章ではそのヒントをお伝えしています。ぜひ生活に取り入れてみてください。  

   

   

また肉食を勧めると、欧米人に比べて日本人の腸は長いからたんぱく質を摂取するのに向かないのでは?と仰る方もいます。

   

  

しかしそれは大きな誤解です。

詳しくは本書を読んで頂きたいのですが、欧米人と違うのは腸の長さではなく腸内細菌なのです。

   

   

健康長寿を目指すなら、腸内環境を整えることがいかに大切か。

この章でそのことが皆さんに伝わればと思っています。

 

  

いよいよ明日発売です!

Amazonはこちらから。

     

『医者が教える日本人に効く食事術 SBクリエイティブ 』

https://www.amazon.co.jp/dp/4797397233/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_mMdWBb5ND7P3B 

   

| 出版情報 | 07:05 | - | - |