うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 不眠を解消し、良い質の睡眠を得るために | トップページへ |
嬉しい報告でした!

JUGEMテーマ:健康

先日、久しぶりにクリニックを受診してくれた患者さんです。 30歳の男性 カルテを振り返ってみると、新宿溝口クリニックの初診は2010年でした。 病歴は、18歳のときに統合失調症の診断になり投薬治療が始まっています。 21歳で初診になったときには、学校へ行けず、寝たきりのような状態であると話されていました。 症状は山あり谷ありでしたが、いつでも可能な範囲でサプリメントと食事療法を継続してくれていました。 アルバイトをはじめ、ストレスが増し症状が増悪。。。 恋愛も経験しパートナーとの関係でも不安定なときもありました。 そのような時期には、臨床心理士の先生を紹介し心理的にストレスマネージメントのアドバイスもいただきました。 そしてすべての抗精神病薬を断薬することができ、パートナーともめでたく結婚。 そして本年8月からは、精神障害と認定された方々を対象とした就労支援センターで働いていると話されていました。 これまでの彼の経験のすべてが生かせる職場です。 きっと誰よりもクライアントのつらさを理解することができるでしょう。 以前に感じていた焦燥感のようなものもなくとても落ち着いた雰囲気で、「これなら安心」と思いました。 ホッファー先生に初めてお会いしたとき、食事で同席してくれたご夫婦のご主人も大学時代に統合失調症を発症し、投薬治療では改善なくホッファーによるオーソモレキュラー療法で改善したことで精神障害者の社会復帰のサポートの仕事をしていたことを思い出しました。 彼は”先生のおかげです!”と言ってくれるのですが、いやいや君の努力とあきらめない気持ちの成果です。 きっとこれからのいろいろも乗り越えて、仕事に家庭にいっぱい苦労も喜びも経験してもらえたらと思います。
| 統合失調症 | 11:50 | - | - |