うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 現代女性の栄養の問題点 | トップページへ | 昨日は千葉講演会でした >>
女性に不足しがちな栄養素〜ビタミンB6の重要性〜

前回のブログで若い女性にカロリー、そしてタンパク質が足りないとお話ししましたが、当然その他の栄養素もそれに伴い不足していきます。


  

その不足する代表的な栄養素が鉄とビタミンB群です。

貧血という診断を受けていなければ貧血ではないわけでは決してなく、日本人の女性はかなりの確率で潜在性鉄欠乏とビタミン欠乏状態にあります。

  

   

鉄欠乏に関しては特異的な症状は乏しいですが、以下のようなさまざまな不定愁訴と深く関係します。


・動悸、めまい、肩こり、頭痛

・皮膚、爪、髪の毛、粘膜のトラブル

・注意力の低下やイライラ感を感じる

・食欲不振

・抑うつ感、意欲の低下  など


  

つまり鉄欠乏で食欲不振になりお肉などがしっかり食べられず、さらに鉄欠乏に…という悪循環に繋がるというわけです。

   

   

話は変わりますが、私たちの気分や感情は脳内神経伝達物質のバランスに左右されます。

興奮系(ノルアドレナリン、ドーパミンなど)と抑制系(GABA)、そしてそのバランスを調整している調整系(セロトニン)の3つのバランスによって安定したり、不安定になったりします。


そのセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン、GABAは全て身体に入ってきたタンパク質は血流脳関門を通り様々な栄養素の助けを得て、それぞれの神経伝達物質に形を変えていくのです。

  

    

このようにタンパク質がそれぞれの神経伝達物質に形を変えていく上で、最も重要とされる栄養素はなにか?

  

それがビタミンB6なのです。

  

・フェルニルアラニン→ドーパミン

・ドーパミン→ノルアドレナリン

・グルタミン→グルタミン酸

・トリプトファン→セロトニン

・グルタミン酸→GABA


つまり、ドーパミン、ノルアドレナリン、グルタミン酸、セロトニン、GABAの神経伝達物質が生成されるためにはビタミンB6が必要不可欠なため、ビタミンB6が不足すると様々な不定愁訴を生み出すということがここからも分かるでしょう。

  

  

そして女性ホルモンであるエストロゲンの分泌はトリプトファンの消費量を増やすため、当然のことながらトリプトファンの代謝に必要なビタミンB6の消費量を増やします。

  

  

その中でも特にビタミンB6不足の影響を受けるのが抑制系伝達物質であるGABAであり、

脳内神経伝達物質のバランスを崩してしまう結果に繋がってしまうのです。


   

つまり女性ホルモン補充療法やPMSの治療においては、何においてもビタミンB6の評価と補充が非常に重要なポイントになります。

  

  

前回のブログで若い女性のカロリー不足が深刻という話をしましたが、タンパク質と脂質不足だと、身体にとって大切なコレステロールを充分に生成できません。

そして人体の免疫維持に大切な役割を果たしているビタミンD3はコレステロールから作られているため、低コレステロールはビタミンD3不足の原因にもなるのです。


  

そしてコレステロールから生成されるプレグネノロンは本来なら男性ホルモンや女性ホルモンの材料となるDHEAを生成するのですが、ストレス下ではコルチゾールの分泌のために作用してしまうのでその結果、DHEAをうまく生成することができなくなります。

  

   

つまり男性も女性も健康なホルモンバランスを保ち、免疫力などを維持するビタミンを生成する力を弱めないためにも、過度のストレスを避け、カロリー不足をしっかり補うことがとても大切なのです。


   

以上、2回に渡り女性の栄養について書いてみましたが、本ブログをご覧の方に現代の栄養不足の現状をご理解頂いて個々の意識と食事を変えていくきっかけになればとても嬉しいです。


   

| 医療セミナー報告 | 14:52 | - | - |