うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 女性に不足しがちな栄養素〜ビタミンB6の重要性〜 | トップページへ | 2月17日(日)はベーシックセミナーでした >>
昨日は千葉講演会でした

JUGEMテーマ:健康



昨日は千葉にて一般の方々向けの講演会でした。
朝のニュースでは、なんと千葉と茨城だけが大雪注意報!!
千葉では積雪5cm!!

これでは参加いただくみなさんも足元が悪くなり心配していました。
雪は朝のうちにやみ、総武線で電車に乗っていると窓からの景色で徐々に雪も少なくなっているのでホッとしました。
開演が午後2時だったので、大きな影響もなく始めることができました。

この講演会は、公益社団法人千葉県柔道整復師会が主催されている年1回の県民講演会です。
聞くところによると30回ほどの歴史ある勉強会だそうです。
昨年は、「ケトン体が人類を救う」の宗田哲男先生が演者でしたので、糖質制限系が2年連続になりますね。

300名の定員にたいして500名以上の参加希望の連絡があったため多くの方々へお断りをしなくてはならなかった・・・という連絡をいただいいました。
まさか、自分が千葉でそんなに有名で人気があるはずがない・・・と思って会場に入ったのですが・・・

思った通り、自分を知っている方はほとんどいなかったと思います(笑)

今回は新聞広告を使った告知と、

『中高年の心と身体をより健康にする栄養』

というタイトルが良かったようです。
会場は、見事に健康に興味をおもちの中高年であふれました(笑)
80歳をこえた多くの方とも話をすることができ、最高齢は88歳の女性でした。



2時間以上の持ち時間であったため休憩をはさんで2部構成としました。
一部は、中高年の定義について栄養的に自分なりの解釈をつたえました。

厚労省は、45歳以上を中高年としています。
それ以前を壮年。
壮年と中年の違いは、栄養や代謝から考えるとどのような違いがあるのか・・・

私たちの身体は、実はものすごいスピードで入れ替えを行っています。
そして入れ替えをしていることによって、今と同じ状態を将来も継続しようとしているのです。
中高年になると、この入れ替えが上手く行かなくなり、徐々に体型がかわり機能がおちてしまうと考えることができます。
この入れ替えの中心は、タンパク質になります。
そしてタンパク質の体重あたりの必要量は高齢になればなるほど多くなることもつたえました。
つまりおじいちゃん、おばあちゃんには、もう一品お肉を追加ということです。



そして後半は、血糖値スパイクが認知症や動脈硬化に深く関係していて、それは糖尿病と診断されていなくても気をつけなくてはいけないことを、様々な角度からおつたえしました。
今回の講演会の最大の特徴は、主催者からも質疑応答の時間を作ってほしいということだったので、たっぷりと参加いただいたみなさんと質疑応答することができたということです。

手を上げられない方は、匿名希望ということで主催者の方から代わりに質問をいただいたり・・・・この時間がとても有意義で楽しい時間になりました。

書籍販売もおこなったのですが、書店さんが驚くほど購入いただいたとのことでした。
とても嬉しい限りです。
サインを希望いただく方もとても多く、多くの皆さんと直接話をすることができてうれしかったです。

昨日の参加者の皆さん、主催者のみなさんありがとうございました。
なんでも本年11月にはもう一回講演の機会をいただいているとのこと、楽しみにしています。
| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 10:00 | - | - |