うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 妊娠の為に必要な栄養アプローチ〕饂劼旅鎧晴渋从 | トップページへ | 新R25でグルテンフリーについてのインタビューを受けました。 >>
妊娠の為に必要な栄養アプローチ⇒饂劼竜’修鮃發瓩

前回のブログで、卵子は大量のミトコンドリアを有していてATPを産生しているとお話ししましたが、

  

このATP産生には

・TCAサイクルによるATP産生

・電子伝達系によるATP産生

があります。


  

実はこのTCAサイクルを回すにはあらゆる種類のビタミンB群が必要であり、電子伝達系によるATP産生のためには、十分なヘム鉄が必要なのです。

  

  

つまりビタミンBや鉄が不足すると、当然のことながら、ミトコンドリアはうまく機能しないのです。

  

 

つまり卵子の働きや、その質を高めるためには抗酸化アプローチとしてビタミンEやコエンザイムQ10はもちろん必要なのですが…

それ以前に、まずはミトコンドリアをちゃんと機能させるために十分なビタミンBとヘム鉄を補充することが何よりも大切なのです。

  

  

ビタミンBのサプリメントは、すべてのビタミンB群を含むコンプレックスタイプのものを。

鉄は活性酸素が発生する無機鉄ではなく、ヘム鉄で摂取して下さい。

フェロケルなどのキレート鉄は決してお勧めしません。


  

そしてその上で、天然ビタミンE(同族体を含んだものを選ぶこと)と併用してコエンザイムQ10を摂取するのが、オーソモレキュラー的に見た卵子の機能と質を高めるための基本の栄養素になります。

  

  

妊娠希望でクリニックに来院される患者さんには、検査データからこれらの栄養素の不足をチェック、その他妊娠に向けて大切な検査項目である甲状腺やDHEA -sやビタミンD濃度なども追加で検査しています。 

その検査結果を踏まえて、クリニックでは食事指導と適切なサプリメンテーションを指導しています。

   

  

クリニックの患者さんの中には、す不妊治療でうまくいかずにオーソモレキュラーを併用したところ、46歳や48歳など40後半で妊娠された方も多くいらっしゃいます。

  

  

オーソモレキュラーはこのように細胞や組織、臓器に必要な栄養素を至適濃度に持っていくことで、それらが持つ機能を向上させる治療法なのです。

   

| 不妊症 | 08:38 | - | - |