うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

新宿溝口クリニック

オーソモレキュラー栄養療法<br>導入医療機関一覧

医師・歯科医師向けセミナーのご案内

関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。

「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
携帯からアクセス
qrcode
<< 『Crude(天然)なPrecursor(前駆体)』である理由 | トップページへ | タンパク質と脂肪酸組織 >>
募集開始

JUGEMテーマ:健康

代表理事を務めている一般社団法人の養成講座が募集開始しました
養成講座にはプロフェッショナルと一般の方でもしっかりと学べるエキスパートの二種類を用意しています。
どちらも栄養のプロを育成するために作った養成講座です。
最近では、TVだけでなくネットからも健康や栄養に関する多くの情報が溢れています。
これらの情報には科学的に疑問を持たざるを得ないものも多くあるのですが、一番、懸念を感じるのは、栄養量に個体差がある事を考慮されていないという事です。
実際には、栄養の必要量には大きく個人差があり、欠乏症の症状が出ていなくても栄養が足りていない事で起る症状があるという事です。
オーソモレキュラー栄養療法では『人は食べ物でできている』という考えがベースにあります。
この事は誰も否定ができない事実であり、自分の身体は食べ物によって構成され動かされています。
そしてこれは未来の自分をつくる事にも繋がり、自分にとって最適な食事へ変える事は、未来の自分を変える事ができることを示していると思っています。
おかげさまでこの養成講座を受講してくださる方も年々増え、初めは医療従事者の方に向けて作った養成講座ですが、一般用のエキスパートを作ってからは、エステやスポーツトレーナー、そして家族の健康を守りたいと主婦の方まで広い方が受けて下さるようになりました。
特に仕事で生かそうと思っている方には、患者さんやお客様から、「疲れがとれるサプリメントを紹介してほしい」と言われたら、何をお勧めしますか?そして、「それはどうして疲れがとれるのですか」と聞かれたときに、作用機序を説明する事ができますか?
患者さんやお客様は、人の健康に関わる医師・看護師・薬剤師そして健康に関わっている職業の人達を、栄養の知識が豊富だと思っています。ところが、自分の大学時代の講義を振り返ってみても、食や栄養に関する講義は乏しく、現代の栄養に関する膨大な情報を正しく評価し、専門家としてアドバイスする事は中々困難な事だと感じています。
オーソモレキュラー栄養療法で用いる主役はもちろん食事とサプリメントなので、医師だけでなく人の健康に関わる様々なチームが必要になります。
栄養素のもつ薬理作用を理解することにより、適切な指導が可能となるのです。
実際、私がカナダのビクトリアにこの治療を確立したホッファー医師を訪ねたとき、必要な栄養素の作用や予想される変化については、サプリメントを販売する薬局の薬剤師が説明していました。
この養成講座を受講してくださる多くの方が、従来の投薬や治療法そして溢れている健康法に疑問や限界を感じた方だと思います。
身体に吸収された栄養素がどのように作用して病気の改善に役立っているのか、オーソモレキュラーを学んでいくと、人の身体が本来持っている精密なホメオスタシスが介在する事に気づかされ、感動する事でしょう。
沢山の事を学んで欲しい気持ちからプロフェッショナルはもちろんエキスパートもテキストはどうやら中々の内容のようです(笑)
今年も沢山の方に頭を抱えて頂き栄養の素晴らしさと向き合ってもらいたいと思っています。
| その他お知らせ | 08:20 | - | - |