うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< アミノ酸の吸収 | トップページへ | 脳内アミノ酸濃度のコントロール >>
アミノ酸と血液脳関門
脳内で機能する神経伝達物質は、その場所で合成されます。

つまり血液中のアドレナリンやノルアドレナリン、セロトニンなどの濃度を測定しても、それが脳内の濃度を反映するものではないのです。
脳内で機能する神経伝達物質は、その場所で合成され機能するのです。

そこで、材料であるアミノ酸を血液脳関門を通過させて脳内に充分な量を供給する必要があるのです。
しかし、血液脳関門はその名のとおり、多くの物質にとって関門なのです。つまり制御されているのです。

アミノ酸に関しては、特殊な輸送系である幾つかのアミノ酸トランスポーターが関与します。
あるアミノ酸は決まったトランスポーターを通ってしか脳内に入れません。そしてそのトランスポーターには通過できるアミノ酸が数種類存在しています。
たとえばL系と呼ばれるアミノ酸トランスポーターは、バリン、ロイシン、イソロイシンなどを通過させる関門です。その関門からは、つねに一種類のアミノ酸しか通過できません。要するにバリンが関門を通過しているときには、他のロイシンやイソロイシンは通過できないのです。

この通過させるアミノ酸を選ぶ基準は、血液中の濃度が高いものを通すという決まりになっています。L系の関門をバリンが通過しているときには、血液中にはロイシンやイソロイシンよりもバリンの方がいっぱいあるということです。

この機能を逆手にとることによって、脳内の遊離アミノ酸の濃度をコントロールすることが可能になります。脳内である種のアミノ酸濃度を上げる事によって、多くの作用を期待することができるのです。
| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) |


コメント
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/215
トラックバック