うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< うつと鉄欠乏 | トップページへ | ベテランのメンバーさんから >>
今日の勉強会
本日も勉強会

先週末は、分子整合医学の基礎を勉強する本講座を主催しました。多くのドクターがこの本講座を卒業され、分子整合医学の根本を学ばれたのです。
そして、今日は分子整合医学への窓口になる、血液検査データの読み方の勉強会を主催しました。検査データの読み方については、医師向けの雑誌に連載を行っていますので、今回の勉強会には、初めて僕の講演を聞かれるドクターが大勢いらっしゃいました。

ところが、参加されたドクターには、すでに5時間の糖負荷検査を既に実践されている方などもいらっしゃいました。その先生は、一般向けに書いた僕の本をお読みになり、統合失調症にたいする5時間糖負荷検査の重要性を感じられたそうです。驚くような検査結果で、投薬によってもなかなか効果がでない患者さまとご家族へ新しく治療法の提案ができると喜ばれていました。

この先生からも、なかなか治療効果をあげることができない患者さまとそのご家族へ、何かしら役に立つことを提供したいという、患者さま重視の本来医師が持つ姿勢を感じました。

食事の変更やサプリメントで精神疾患が治るはずがない!!

という立場にいらっしゃるドクターには、何の副作用もなく安全な治療法で、改善の実績があるものであっても、投薬のみの治療から新しい可能性を試すきっかけはないのでしょう。新薬ができれば、それに飛びついて、新しい薬漬けを作ることを繰り返されるのかもしれません。

今日も定員40名のセミナーが一杯になりました。
初めて参加されたドクターにも、僕のブログや本を元にいろいろ試されている方も多くいらっしゃいます。
確実に、変わり始めていることを感じた今日の勉強会でした。
| ひとりごと | 16:23 | comments(3) | trackbacks(0) |


コメント
こんばんは。分子整合医学の勉強会が盛会だったそうでなによりでした。先生のクリニックにお世話になるようになっていつも思っていたのは、会ってお話を聞いてもらいたい、的確な助言をいただきたい、電話では思っていることの半分もお話出来ない様な感じがしていました。東京は遠いですね。
ですから、サプリメントは先生のところでいただいて近くに分子整合医学を少しでも勉強してある先生のところに通院したいなと切望しております。5時間の糖負荷検査もしたいのですが、、、
少しでもこの医学をされる先生が増えることを、祈っています。大変でしょうが頑張ってください。
| うさぎのはは | 2006/11/23 7:48 PM |
こんにちは
遠方の患者さまには、直接お会いできないことでご迷惑をおかけしております。
お電話でのカウンセリングでは伝えきれないものが多くあると思います。

しかし、実際にはお電話だけでもとても経過が把握できることを体験しています。お電話で伝わる雰囲気は、とても患者さまやご家族の状況をあらわしていることがあります。
どうぞ、よろしければお電話でのカウンセリングを頻繁にご予約いただくか、担当カウンセラーへお気軽にご相談ください。

勉強会へ参加されるドクターで、この治療についてある程度のレベルになられたところには、どんどん紹介していくつもりでおります。
| 溝口 | 2006/11/23 11:09 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/11/25 9:15 AM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/337
トラックバック