うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 本日の外来 | トップページへ | 嬉しいたよりです >>
ステロイド依存を読み終えて・・
先日のアトピー性皮膚炎の講演会でご一緒した皮膚科の医師から2冊の本を頂きました。

ステロイド依存〜ステロイドを止めたいアトピー性皮膚炎患者のために(つげ書房新社)
アトピー性皮膚炎とステロイド離脱(医歯薬出版株式会社)
どちらも国立名古屋病院皮膚科の深谷元継先生の著書です。

上は一般の方向けにかかれたもので、下はどちらかというと医学書です。というか医歯薬出版からですので、医学書ですね。
今回は、一般の方や患者さま向けに書かれた『ステロイド依存』を読んでということです。

ステロイド剤は、炎症性疾患の病態を劇的に改善させます。
それは、本当に劇的です。自分もアトピーでしたので、子供の頃は皮膚科に行くのも面倒だったので、薬局で”フルコート軟膏”を購入して、肘・膝・首・顔に塗りまくっていました。2〜3日べっとり塗ると良くなってしまうので驚いていたものです。

今、こうして医師になり、しかも分子整合医学を勉強すると、ステロイドの作用と言うものを栄養と絡めて理解することが出来るようになり、炎症性病変を根本的に治癒させるものではないことが明白になりました。
しかし、皮膚科の医師の多くはアトピー性皮膚炎はステロイドを使わないと治らない!!と主張する方が大多数です。皮膚科学会も治療のガイドラインを作って、一般向けの書物を作成し、ステロイド治療を推し進めています。

この2冊の著者である深谷先生は、国立病院の皮膚科医師でありながら勇気ある方だと思いました。著書の中でアトピー性皮膚炎に関して
      『皮膚科医は裸の王様になってしまった。』
と書かれているのです。(多剤併用を繰り返す精神科医も同様ですが・・・)

著書は、22名の患者さまのステロイド離脱を、写真と経過を併せて淡々と記しているものです。写真が主なので、深谷先生の主観や評価などが入るものではなく、とてもフェアな書物でした。

その書のあとがき部分で、次のような記載がありました。ちょっと長くなりますが、栄養アプローチでも共通するところがありますので・・・
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

あなたの、かけがいのない、大切な身体に関することを、たとえ自分一人では判断に苦しむ場合があっても、他人に決めさせてはならない。たとえ親でも良くない。(医師であっても良くない。←溝口 注)
一つ一つを、自分自身で決断しなさい。そのための情報は包み隠さず教えてあげる。その中から自分に適したものを、最後には直感でいいから選びなさい。 〜略〜 情報提供が医師の義務であるように、自己決定は患者の権利であると同時に義務なんです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

この季節、僕の外来では必ず繰り返される質問があります。

『クリスマスケーキは食べて良いですか?』

この質問には、答えたくありません。
患者さまへデータを元に情報の全てを提供しています。そしてこのブログでもくり返しくり返し、何が大切で何が増悪因子なのかを・・・・

自分の身体と心を大切に思うとき、自分の行動は責任をもって選択していただくことをお願いいたします。
  
  大切に思えば、食べないという選択も可能でしょう。
  あるいは、年に1回だけ、がんばったごほうびに少量を食べるという選択もあるかも しれません。

それがきっかけで多少症状が増悪しても、私たちは治療のためのお手伝いはいたします。
今年もあとわずかです。
この1年、本当に厳しい治療にお付き合いしていただいた多くの患者さまとご家族に深く感謝します。

  
| アトピー性皮膚炎 | 19:09 | comments(2) | trackbacks(0) |


コメント
先日、3ヶ月目のサプリメントが届きました。
ヨーグルトと一緒に服用したり、牛乳で飲む込むなど、工夫しながら何とか、消化しております。

このブログにおいて、ダイエットコーラの話がありました。同様の質問ですが、カフェインレスのインスタントコーヒー(もちろんブラックで)飲むことについて、大丈夫なのでしょうか?

もうひとつの質問ですが、タバコの喫煙の関係です。
「タバコは、カフェインと同じように、ニコチンまた副腎を刺激し、アドレナリンを放出する。これによって心臓の鼓動が速まり、血圧と血糖値が上がる。」とある書籍に記述してありました。

このブログにおいて、低血糖症と喫煙について、述べていないのですが、改めて意見を聞きたいと思います。
| xzantia | 2006/12/21 9:03 PM |
ダイエットコーラもカフェインレスのコーヒーもタバコ・・・全て基本的にダメです。

飲み物は、『水』 ではダメですか?

地球上の全ての生き物の中で、水以外の飲み物のを飲んでいるものを知りませんし、コーラもカフェインもニコチンも動物へ与えれば死にます。

冷たいように思われるかもしれませんし、責任回避と感じられるかもしれませんが、ご自分で判断いただき口に入れるようにしてください。

コーラもカフェインもニコチンも摂取しないで治療されている多くの患者さまとご家族がいらっしゃるのも事実なのです。
| 溝口 | 2006/12/22 9:28 AM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/356
トラックバック