うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< サプリメントの価格について | トップページへ | サプリメントの成分表示 >>
サプリメントの違いについて・・その他
JUGEMテーマ:健康

サプリメントについてお伝えするときに、値段のことを話題の中心にするのは、書く自分もあまり気持ちが良いものではありません。読まれる方には、お伝えしたい本質をご理解頂いている方もいらっしゃれば、値段のことに注意が向き他の内容が読めなくなる方もいらっしゃるかもしれませんね。

栄養療法は、クリニックからのサプリメントがなければダメなのか??
NO! ノー! NO!! です。

このブログをお読み頂き、膨大な情報を実践されることで栄養療法は可能ですよ!!
クリニックで提供しているサプリメントを使わなくても可能ですよ!!
事実、講演会などでお会いする皆さまの中には、ブログの情報を実践したことによって症状が劇的に改善し、減薬などが可能になったとお話を聞くことが多くあります。

先ずは、お食事の注意点だけでもしっかりとやってみてはどうですか??
クリニックから提供するサプリメントは1つの手段であって、それがなければならないということではありません。
新宿のメンバーとして治療される場合には、クリニックから提供するサプリメントをご利用いただいています。八重洲の患者さんは、保険内で対応したり、自分でサプリメントを選択されている方もいらっしゃるのです。
そのようなやり方にしているです。ご理解いただければよいのですが・・・・。

今日は、診察室での出来事をひとつ。

若いママが来院されました。
最初にクリニックを受診してくれたときには・・・
やっとハイハイしだした自分の子供を、かわいいと感じるのだが、かわいがれない。
叩いてしまいそうになる。
イライラし、泣き声がわずらわしく、自分で世話することができない。
過食を抑えることができず、体重が増えた。
感情は激しく動き、泣きさけぶこともある・・・・

根気良く栄養療法に取り組まれ、9ヵ月後より明らかな改善傾向を自覚することができるようになりました。自分のお子さんと一緒に居られる時間も増えてきます。いろいろなしぐさなどで心からかわいいと感じることができるようになります。

そして1年3ヵ月後となる今回の受診時の診察室での会話です。

ママさん「とても落ち着いています。」(自然な笑顔で・・)
溝口  「良かったですね。お子さんと公園とかデビューしましたか?」
ママさん「苦手な人がいるときには、無理に行かなくても良いんだって、思えるようになって・・・とても楽に楽しく公園にも行っています。」

他にもいろいろとお話を聞きながら、現在の病状を判断しました。
そしてそろそろその方の診療を終えようと思い・・

溝口  「他に何かありますか?」
ママさん「・・・・・・本当にありがとうございました。」(目を潤ませながら・・)

最後の言葉が無くても充分に感動していたのですが、駄目押しされてしまいました。
マタニティーブルーとか、産後うつとか・・いろいろと病名のようなもが着いています。
それらの症状とコレステロールの低値の関係は指摘されているのですが、栄養アプローチは推奨されていません。治療は抗うつ剤を中心とした薬物療法です。

今日ご紹介した患者さんが、栄養療法を選択し実践したことは、自分の症状が改善しただけでなく、小さなお子さんの成長にどれだけの大きな意味があることでしょう!!

薬による治療では決して得られない治療効果です。
普通の医療では得られない、この治療にたずさわることによって感じることができる喜びの質なのです。
| ひとりごと | 23:36 | comments(10) | trackbacks(1) |


コメント
私は以前、サプリメントの価格などに関して問い合わせたことがある者です。その折は丁寧に回答してくださり、ありがとうございました。

サプリメントと向精神薬を比べた場合、向精神薬は安価だと思われがちです。
しかし向精神薬の服用は、大抵長期化してしまい、それでは結局、沢山のお金をかけることになってしまうのではないでしょうか。
栄養療法の考え方からすれば、薬物療法を中心にそえた対症療法は、問題の本質からかけ離れた治療ですから、長期に渡ってしまうのは当然・・・。
ホッファー先生も著書の中で、向精神薬の使用を、急性期の症状をコントロールするためにだけ認めておられました。

それに比べて栄養療法は、今回の記事で先生も書いておられるように、日々の生活の中で、自分自身で実践することができます。
自分自身に合ったサプリメントを用いれば、より確実な効果も期待できるでしょうし、副作用もありません。
効果はゆっくりと現れてくるため、根気がいるかもしれませんが、長い目で見ればこちらの方が確実です。

このように対費用効果を考えると、サプリメントは一概に高額とは言えません。
生涯に渡ってかける金額で考えても、一体どちらが高額なのでしょう?
もちろん人それぞれですから、一概には言えないのですが・・・。

私は精神科医療に携わる関係者や、病に苦しんでおられる方々、またそのご家族に、栄養を用いたアプローチがもっと理解され、その恩恵に多くの方が与かれることを願っています。

将来、分子栄養医学を用いた治療にも、保険が適用されるといいです。
そうなるように、私も頑張らなければ。

これからも有益な情報を、よろしくお願いします
| M.M | 2008/08/06 10:43 AM |
私は4〜5年前から軽いうつ症状(だと思います。病院に行ったわけではないので)があったのですが、1年位前にに先生のブログに出会い、自分なりに先生のブログを読んで食事と甘い物に気を付けて市販のサプリを取る様になってから、以前の晴れの日も気が晴れない、誰と会っても全然楽しめない、いつも暗い靄の中に過ごしている日々から開放されてきました。食べていても急激に落ちてしまった体重も徐々に元通りになってきて、物事も集中して考えられるようになってきたました。

先生の昨日のブログに書かれていたサプリの内容の違いを見ると先生の所のサプりを飲みたいのですが、遠方に住んでいるのと、やはり費用的なことも関係して今の私には難しいのですが、市販のサプリでも効果があったので、先生の提唱されていることは「正しいなぁ」私は実感しています。

このブログに出会えたこと、先生の日々のブログの更新に感謝しています。そして、身体の栄養バランスの大切さ、それが脳に与える影響を身に沁みて感じています。
| コロ | 2008/08/06 11:00 AM |
一般病院で5時間糖負荷試験を実施してもらい、反応性低血糖症と診断された桜と申します。

最近私は新宿溝口クリニックのサプリを処方していただきました。

今まで市販のサプリで、このブログで読んだことや、本で勉強した知識だけで、食事内容や回数を変え、7ヶ月間栄養療法を実践してきました。

昼間の眠気も改善され、肌もトラブルが減り、手足の冷えも治り、一見順調に回復しているようでしたが、
先月急に、39度の熱が10日間続いていしまい、一般病院で肝臓・腎臓・心臓・感染症などなど、沢山調べても、一切原因不明でした。

そこで、先月溝口先生に初めてご相談したのですが、
急なことですし、まだクリニックの血液検査の結果も出ていませんでした。
そんな時に、ドクターカウンセリングで、
『えーっと、今の僕にすぐ出来ることは・・・
 よし、今までの病院のデータで判断できる範囲でサプリを 処方しましょう!』
と言っていただけたこと、とてもありがたかったです。

クリニック処方のサプリを3日間飲んだら、発熱はおさまり、1週間飲んだら、甲状腺機能低下症の検査数値も
また安定してきました。

今まで、素人判断で、市販のサプリを闇雲にザラザラ大量に飲んで、それで改善を維持している感じでした。
それに比べたら、クリニックのサプリは、分量は少量で、
ハッキリ効果がわかります。

確かに高価ですが、これだけハッキリ違いがわかるので、
十分な価値を感じています。


でもまた逆に、市販のサプリと食事の改善だけでも、
症状はかなり改善すると言うことも家族で経験しています。

と言うのも、
私の弟は、切れる・暴れる・死にたがる・・・などの症状ですが、本人は『俺は病気ではない』と言い張るので、
検査も治療も出来ない状態でした。
よく観察してみると、明らかに低血糖症の病態なのです。

そこで、両親と相談の上、今年1月から
『頭痛の治まるビタミンだよ』と本人を騙して、市販のサプリメント(ナイアシン・ヘム鉄・亜鉛・ビタミンBとC)を飲ませています。

そして、食事は玄米ご飯に肉魚卵などのタンパク質中心に変えました。砂糖やブドウ糖は避けています。

これだけで、半年で暴れなくなりました。
表情まで明るくなり、新しい服や帽子を買ってみたり、
今まで何年も、しなかったことを、積極的にするようになってきました。

ただし今度は、好調になってくると、
元が『自覚のない病人』ですから、
食事の間隔があいてしまったり、『サプリはもう要らない』と言ったり、飲んだふりをして隠したりして、
そのたびに、やはり、イライラし始めたり、頭痛がしたり
また悪化するのです。
周囲は気が気ではありません。


でも、こんなことでクジケテは居られません。
次の手です!

最近では、実家で食事を作る母と相談して編み出した裏技
『ナイアシン強制摂取法』があります。

ナイアシンアミドなら効き目は弱くても、顔面紅潮等が出ないので、弟用にアメリカ製のをネットで購入していますが、
それを、毎日味噌汁に混ぜるのです!

幸い味はあまり変わらないので、知らずに飲んでます。
(赤味噌はダメです。ナイアシンはきれいに溶けないので白く沈殿してしまいます。白味噌か合わせ味噌ならOKです)

ナイアシンカレーには、ヨーグルトとチーズをあらかじめ
入れています。(白いのは何?と聞かれた時の予防策です)

ナイアシンハンバーグに、ナイアシンゴーヤチャンプル、
ナイアシンヨーグルト、ナイアシンクリームチーズケーキ(甘みはエリスリトールです)に、ナイアシンパンプキンスープ・・・
メニューも増えてきました。

ナイアシンは溶けにくいですが、乳鉢で細かくして混入しています。
でも一応水溶性なので、スープのように飲み干すようなものが良いようです。
熱には案外強いようなので、少々加熱しても効き目は
あるらしく、最近は弟もまた安定しています。

本人が病気を理解して、治療に取り組めるまで、
市販のサプリで家族ぐるみで頑張るしかありません!

実際に実践してみて、市販のサプリと家庭での食事療法だけでも、両親も私も、夜明けは近い!と感じていますので、
取り急ぎお知らせしました。
(長文ですいません)
| 桜 | 2008/08/07 12:34 AM |
桜様。

弟様すばらしい進歩ですね。

桜様の努力が実を結びつつあってブログを読んでいる私たちまで嬉しい気分です。

つい嬉しくなって朝食前にコメントしてしまいました。
さあ、私も朝食に力入れますね。

| おお母 | 2008/08/07 7:16 AM |
おお母さま

いつも激励していただいて、本当にありがとうございます。


最近、弟の改善が好調だったので、家族は今までの疲れもあって、つい気が緩んでいました。

多分本人も、体調がいいのでもうサプリはいいか、と、
思い始めているのだと思います。

今朝もナイアシンハンバーグとナイアシンパンプキンスープと、ナイアシンカレーが、クール宅急便で運ばれています。

朝1便で実家に着けば、母が昼の食卓に出してくれます。
(暑い中運んでくださる宅急便屋さんにも感謝!感謝です)


たとえ、料理で効き目が半減しても良いのです。
少しでも多く、病気の自覚のない弟の体に入れば。。。

もうじき弟の誕生日です。
また、市販のケーキを買って食べてしまわないように、
今日はナイアシンクリームチーズケーキを作ります。

暑いとどうしても食欲も落ちますね。

さて、少しでも食べてもらえるように、
今日も頑張って美味しいものを作ります!
| 桜 | 2008/08/07 8:31 AM |
桜様の行動力と忍耐強さ!
本当に勇気をもらいます。
私も頑張らねば・・・と奮い立ちます。
ありがとうございます。

さて、我が家の息子も、ほんの少し改善の兆候が見えてきたのかもしれません。
1.暴れる回数が減ってきた。
2.少し表情が穏やかになってきた感じがする。(主治医か  らも同じ言葉を言われました)
3.調子の良い日は、ゲームやデッサンをすることがある。
4.今日、ほんの短い時間ですが、ゲームを買いに一人で出  かけました!(何ヶ月ぶりでしょう!)

今月に入って、私も主人もこのように感じています。
本人は、「毎日つらい。栄養療法をしても、何も変わらない」と訴えますが、せっせとサプリは飲んでいます。
まだまだ、先は長そうですが、忍耐強く頑張ります!

頑張りましょう!
| クローバー | 2008/08/07 5:30 PM |
クローバーさま

それです、それ!

私の弟も、一番最初の改善の兆候は、
暴れる回数が減り、ほんの少し表情が穏やかになりました。
きっと息子さんも、段々良い変化が出ますね。

ありがたいことに、このブログの中には、本当に沢山の改善のヒントがあり、いつも助けられています。

私も(暴れないだけで、強迫神経症が出る)同じ低血糖症ですから、同じ病の人の生きにくさや苦しみはよくわかります。
そして、暴れる家族を持つ苦しみや恐怖もよくわかります。

栄養療法に辿りつけたとき、まだ半信半疑ながら、藁をもすがる思いでした。
今では、どうせやるならトコトン徹底的に頑張ってみようと、母とも毎日話しています。

(栄養療法の副産物で、糖尿病の両親も元気になってきました。すごいことです!)

そして、周囲が焦っても、あくまでも本人のペースです。
焦らずゆっくり見守って、小さなことも褒めてあげて(おお母さんに教わりました)みんなで一緒に頑張りましょう!
| 桜 | 2008/08/07 7:26 PM |
桜様、ありがとうございます!

元気、勇気、たくさんもらいました。
一日一日、大切にのんびり頑張ります。
| クローバー | 2008/08/07 9:08 PM |
1〜2年ほど前、栄養療法を始めて1年くらいたってもなかなかはかばかしくなかった時、辛くて、何でうちの息子には利きが良くないのだろう?とボヤキをブログにコメントしたことがありました。

そのとき、「きっとよくなりますよ。」とお力づけのコメントを頂いた事がありました。その時の嬉しかったこと。

そのとき思いました。

自分の息子が良くなったときには必ずいつか、私もつらい心情の方のお役に立ちたいと。

栄養療法と心理療法、ダブル療法で本当に良くならせていただきました。感謝です。


悪循環はスピードが速いのですがいい循環はスピードはゆっくりです。
ゆっくりゆっくり今を味わいなさいという事だと思います。

そしていい循環はいい循環を呼ぶのです。

桜様、クローバー様、次の励ましが出来るのももうすぐですね。
(桜様はもう充分他の方を励まされておりますが。)

いい循環の「くるくる回る風」起こしましょうね。
| おお母 | 2008/08/07 10:04 PM |
いい循環の「くるくる回る風」・・・素敵ですね。

以前におお母さまに教えていただいたこと、実践しています。

改善に必要なこと
1.充分な質の良い睡眠
2.運動はやりたがらない人はなるべく食後に
3.引きずっているストレスから遠ざける
4.自分が少しでも役に立っていると言う自信を持たせる

アドバイスいただいた頃には、1.はまだまだ、昼夜逆転したり、不安定でしたが、今では毎日、夜眠って、朝7時には起きてきます。リズムが出来てきました。質も段々良くなっているのかも?

2.は作戦を立てました。
運動をしないので、食後すぐに『買い物に連れてって』と
70過ぎの母と出かける様に仕組みました。
(このおかげか、母まで血糖値が良好です。)

3.は、まず、働けている兄、姉(私)が交信しないようにしています。幻聴は『兄貴や姉貴が俺を落としいれようとしている!殺してやる』でしたから。(つらい事です)
でも、少し改善してきたらターゲットが変わってきました。今は不調の日でも、常識的な範囲で、政治問題や事件に関してブツブツ文句を言っています。
そしてこの、『ブツブツ文句を言う』が、バロメーターです。文句を言い出す日は、栄養が足りない、と判断するようにしています。(で、苦肉の策がナイアシン味噌汁なんです。)

4.は、母がカウンセラーです。
『話しかけてきたら、しっかり聞いてやる』『頼りにする』『小さなことでも見逃さず褒める』そして、良いと思う道筋を(押し付けるのではなく)話す。
最近は父とも話しをし、色々な手助けをしてくれるそうです。

おお母さまのアドバイス、効果的なのだと確信しています。


それでも改善に時間がかかるので、時折両親も弱気になることがあります。
『今私たちが諦めたら、誰も彼を救えない!根気勝負だよ〜!!』と、励ましあいながら歯を食いしばって頑張っています。

今日も暑くなりそうです。
まずはこの夏を、ゆっくりゆっくり味わいながら、
みんなで一緒に乗り切りましょう!
| 桜 | 2008/08/08 8:35 AM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/673
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/09/19 7:47 PM |