うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 帰国しました | トップページへ | 世界一の美女になるダイエット >>
動的平衡
JUGEMテーマ:健康

昨日、一冊の本を買いました。

「動的平衡」生命はなぜそこに宿るのか
 福岡伸一著  木楽舎

著者は青山学院大学の教授で、テレビなどにも良く出られているのでご存じの方も多いと思います。
これまで、”生物と無生物のあいだ”や”できそこないの男たち”など、おもしろい本を書かれています。

今回の動的平衡という著書は、ブログの大きなテーマの一つであるオーソモレキュラー療法の概念を理解するためにとても役に立つ考え方です。

自分なりに解釈してお伝えすると・・・

・私たちは、基本的には外見は変わらずにいる
・でもその身体を構成している分子は、急速に変化し続けていて、一時たりとも同じ状態であることはない
・この内側の急速な変化があることが、私たちが生きているということであり、食べ続けなくてはならない理由である

このことは、オーソモレキュラー療法である、分子(栄養素)を最適な量摂取することによって身体が変わる(病気が治る)ということを理解する助けになります。

またこの動的平衡という考え方は、どんなに上手くいっていないときでも、実は私たちの身体は常に変化し続けていて悪い状況を継続しようとしてはいないことも含んでいて、私たちにある種の希望を与えてくれます。

この治療を取り入れてくれているドクターには、アトピー性皮膚炎と診断された生後3ヶ月の乳児の治療で、一切ステロイド軟膏を使わず、お母さんに栄養療法を行うことで母乳を変化させ、見事に数ヶ月で完治させている方もいらっしゃいます。
口にする食べ物(栄養素=分子)によって、私たちの身体は想像以上に早く変化します。

明日は、1年でも楽しみにしている日本大学芸術学部での講義です。
脳と栄養について話してくる予定ですが、この動的平衡という概念と生命と栄養と・・・その辺についてもお伝えしてこようと思っています。

| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 09:47 | comments(6) | trackbacks(0) |


コメント
先生、皆さん、こんにちは。

ちょっと最近私はダイエットがんばりすぎです。
休まねば〜〜と思うのですが。
寝ててもエネルギーすごい消費します。

何か瞑想しながら「燃焼!!」って感じに唱えながら体の気になる部分さするのですが結構しまってきました。
体重変わってないのに体脂肪率が2パーセント減りました。
5日くらいかな???

体重も結構落ちてやってないとむしろ太るので…
適度にやろうと思ってます。

やりすぎは栄養欠損起こして調子悪くなるし、そのダメージは肉食べなきゃ治んないってところが…最近は野菜や魚でもO.K.になって来ましたが。
あまりにもたんぱく質の吸収が悪かったのだと…

最近その原理で点滴のときもいろいろ瞑想しながらイメージで自然治癒力高めてます。

って言うかワンピースって言う漫画に出てくるPC9のクマドリってキャラがつかってた生命帰還って技に似てると思いました。分かるかな…??
ぶくぶくに太った跡に生命帰還で一気にスリムになったりかみのけの先まで自由に動かしたり(これはできませんが)なんか自分は特技ができてしまったような…

というか最近右脳が開きっぱなしで左脳の使い方忘れた…状態になってます。これはすぐ暗示がかかるのである意味危険です。楽なんですけどね。


それとマイカル系列のトップバリューにカロリーゼロのサイダーみたいなのが出ました。90円以下で買えると思うので、飲める人は探してみて下さい。
ちなみに私は飲める自信がないです。

今日もちょっと古着屋に入り浸ってました。クーラー効いてなかったのでつらかったです。BIG JHONの結構かっこいいデニム100円で手に入れました。でかいのでずりパンで穿こうと思います。

最近本当に高校生くらいの時の体型に戻ってきたんですよ〜〜〜。
問題なのは筋肉がないってことくらいですが。ピッタリしたTシャツ着れる様になりました。

うれしいです。

それではまた〜〜〜。

あ、そうそう。
アレルギー除去食始めてから野菜切ってゆでたり焼いたり…肉、ゆでたり焼いたり…いたってシンプル料理になりました。そこまでまじめにしなきゃいけないのかなぁといろいろ疑問ですが、体調によりますよね??
お母さん緩めてあげたいけど私には力がない…どうしたらいいのやら…。

| みおーん | 2009/05/08 4:48 PM |
うう!PC9ではなくCP9でした。(あまり関係ないけど)

妹が今朝、調子悪くて救急病院行きになって一応大丈夫だそうでした。最近かなり調子悪いです。

私は手の包帯勝手に取りました。一応きれいになっていたので。親がもうめんどくさいからいいでしょ??ということになって…
でも一応良かったです。

今日は気圧が低くて湿ってて激頭痛いです。

採血の結果フェリチンが36くらいしかなかったのですがこれってこの数値にしてはがんばってる方なのかな???
今度聞いてみます。体すごくだるいんです。

何か私も調子悪いです。

| みおーん | 2009/05/09 8:11 AM |
先生おはようございます。

この前そちらのカウンセラーさんにお電話させてもらったのですが、急に調子が悪くなった(頭痛がするようになった)という件で植物性のたんぱく質を栄養欠損が起こってただけみたいでした。食べたら楽になりました。
カウンセラーの方お名前分かりませんがありがとうございました。

最近すごくたんぱく質を消費する体になってるみたいでもっとよくたんぱく質摂らないとだめかも〜〜と思い出しました。

上記の変な能力バイオフィードバックって言うらしくってたんぱく質をすごく消費するらしいのです。どれだけ消費するかというと点滴で体に入ったたんぱく質を点滴が終わったらもうすでに消費してる…というような感じです。
もう点滴の最中しかやらないほうがいいのかなぁとおもいました。次の日寝込むから。

だだ、何もしてなくてもたんぱく質すごく消費します。
すぐ栄養欠損おこします。

あと、前に壁が何か圧力かけてくる〜〜〜とかいうこと言って閉所恐怖症???といっていたら「いちいち病名付けないの!」と先生おっしゃってましたがそのとき私が言いたかったのはその圧力の関係で部屋とかが違ったりとある場所がだめだったりとかすると患者さんが調子悪くなるのはそういうのが原因ではないかと思ったからです。壁の素材とかも結構関係あると思うし…何かうまく言えなかったのですが…

今週はドクターカウンセリングですがよろしくお願いします。

一応栄養欠損の件以外ではかなり良くなってます。

体調がひどく落ちなくなってるのはいいことだと思います。
それでも人が怖かったりしますが…
| みおーん | 2009/05/11 8:41 AM |
溝口先生こんばんは

まだ退院できずにいますが、朝日新聞に先生のコメントと低血糖症が、柏崎先生のコメントとともにのっているのを読みました。

低血糖症・副腎疲労症候群と精神疾患の関係がもっと世に知られると、患者としてもやりやすいのになあ、とふと思いました。

ビタミンC 点滴打ちに行きたいです。
| 中○亮○○ | 2009/05/11 9:01 PM |
先日 出先の自販機で 大きく「ナイアシン」入りと書かれたの炭酸飲料を発見しました
缶には 
よッシャ
もう ひとがんばり
また 週がはじまる
など いろいろと かいてあります

 
| | 2009/05/12 12:39 PM |
溝口先生 はじめまして
看護師をしているtomoと申します。

江部先生のブログで糖尿病を勉強していたところ、
自分の症状にも当てはまる「低血糖症」を知り、
目からウロコな内容に新鮮に驚きつつ、
こちらでも一から勉強させていただいております。
さらに、「新しい創傷治療」の夏井先生・・・

どの先生も共通して「体の中で起こっていること」に
きちんと目を向けて、患者さんにある症状をしっかりと
診るてくださっている・・・。
周りになかなか受け入れてもらえなくても、
信念を持って進んでおられる。

看護師として今は実際に指導できる立場にないのですが、
いつか、先生方の治療法が臨床で普通に行われる日を信じて、
私も日々勉強しています。

先生もどうか、お体ご自愛されて
悩める患者さんたち(私も含め・・・)のために
頑張って下さい。
陰ながら応援しています。

では



| | 2009/05/12 10:27 PM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/779
トラックバック