うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< ADHDと言われたお子さんの経過 | トップページへ | 血糖の調節と肝臓の機能 続き? >>
ADHDといわれたお子さんの経過
JUGEMテーマ:健康

血糖調節障害を伴っていたので、8歳の男の子ですが糖質制限を始めました。
同時に、必要な栄養素も補充しました。

甘いものを止め、糖質制限をすると、すぐに症状に変化が現れます。
家では食事のコントロールができるのですが、学校では給食があるため糖質制限が困難でした。
明らかに給食の摂取で多くの症状が出るため、学校と相談し許可を得て弁当による昼食に変更しました。
効果は明らかでした。

お子様への栄養補給だっため、使用した栄養素も粉タイプを用いて、少しでも飲みやすい容易工夫したのですが、その栄養素の味が合わなくなり錠剤タイプへ変更するほどです。

症状の改善は、

・毎日白いソックスのまま家に帰るようになった・・・・学校で上履きを履いている
・学校から電話は一切掛かってこない
・筆圧が増し、字がしっかりと書かれる
・成績があがった
・学校からの連絡事項も伝えられ、物忘れが減った
・教室で1〜2名しかもらえない very good の特別なハンコをもらってくる

お母さんも、先生も驚くような変化でした。

今回の外来で、治療前の症状を改めて伺い、そのままであったとしたら・・・・多くの場合には・・・

・スクールカウンセラーから医療機関の受診をすすめられ・・
・ADHDの診断が下され
・コンサータなどの投薬が行なわれた

ことになっていたことでしょう。
その後の多くは、多剤併用の投薬治療になることが多いです。

ところが、この患者さんには後日談が・・・
おじいちゃんの家で、お菓子を食べてしまったのです。
この行為で8歳の男の子を責めることはできません。
ここまでが、こころから承認すべきことでした。

そしてお菓子を食べた翌朝に、久しぶりの頭痛と吐き気と嘔吐に襲われました。
これまでの治療経過があるので、きっと今回の影響は長引かないことと思います。

ひとつ大人?になって、また自分の選択で治療に取り組んでくれるものと思います。

| 発達障害 | 22:48 | comments(1) | trackbacks(1) |


コメント
次回話そうと思っていたのですが
もうお知りになられていたのですね(笑)



それ以来
裏切られたことで悲しいやら悔しいやらでバカみたいに大泣きしました


あたしのやってきたことって何だったのか分からなくなりました


食事やサプリメント最近は給食まで頑張ったのに…

頑張っていたのはあたしだけ?


色々か気持が混乱して
落ち込みました



そして
体調も悪化です



イライラする
大泣きするし
子供の顔をみると話す元気もなくなる
話しかけないで欲しいと思うくらいに


育児ノイローゼ入りました



とにかく
イライラしたらB


うつうつしたらプロテイン


子供の治療はもう辞めようって思いました


もうすべてダメになったんだ




でもこの治療をしている仲間に支えられました


だいじょぶだと思える声をたくさんもらいました

でもまた
そのあと体調が悪くなりもうムリになってここに来たら、

まただいじょぶだと思えました



糖質の影響をしっかり分かった子供は
今までよりもっと食事の大切さを理解して

自ら治療に励めるようになっているはず


そう思えたらまた元気になれました


自分がやり始めてすぐに糖質を抜けてしまったので
糖質を摂りたくなる子供が理解出来なかった


でもそういう子供を受け入れなきゃ


上がったり下がったりする自分の体調を受け入れるのと同じで子供のことも受け入れなきゃですね


今日は学校から帰ってきたら
子供とニコニコ話してみようと思います


気力がいるけど…



頑張らなきゃ



ありがとうございます


これからもよろしくお願いします












| ぶーふぅ | 2010/09/21 10:32 AM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/945
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2010/09/21 12:42 AM |