うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
<< 妊娠体質 | トップページへ | ある小学生のお子さんの経過 >>
大人の発達障害 その2
JUGEMテーマ:健康

先日にお伝えした勉強会で大人の発達障害が、統合失調症を始め多くの精神疾患として診断治療されていることなどについてお伝えしました。

今日は、正しく発達障害と診断された時の治療や、この問題に含まれている問題点についてお伝えしたいとおもいます。

診断については、非常に微妙なニュアンスをどのように医師が判断するかが重要な診断のための要因なので、ここでは詳細は避けます。
さて、職場でトラブルを繰り返す・・・集団での違和感・・・様々な症状?を、専門家の医師が大人の発達障害であると診断が確定されたとしましょう。
その時の治療では、一般的に環境を整えることの重要性などが小児の発達障害と同様に強調されます。欧米では、発達障害の専門医が企業へ出向き、発達障害を疑われる社員に対して働きやすい環境を作る作業に関わっているそうです。そして環境を整備された社員は、自分にとって働きやすい環境が整備され、もともと持っている優れた集中力などを発揮して素晴らしい仕事をすることが多いそうです。

日本ではこのようなとりくみを行っている企業は非常に少なく、発達障害を診断できる医師が少なくとても遅れている分野です。
先日の勉強会では、大人の発達障害の患者さんへの治療ではやはり薬物療法が中心になりました。

そのポイントについて

・非常に少量のメジャートランキライザー(統合失調症で主に使われる薬剤)が効果的
・こだわりが強く、強迫性の症状が強い時にはSSRIの大量投与が効果的

などがありました。

ところが、強い思い込みが妄想と思われ統合失調症と診断され通常量のメジャートランキライザーが処方されている患者さんが多くいらっしゃいます。その副作用とおもわれる焦燥感などについてマイナートランキライザーが処方され、反応性のうつ症状についてSSRIを始めとする抗うつ剤が処方されてしまっていることも珍しくありません。

もし初診時に、発達障害による反応性の精神症状であることが正しく診断されていたら、ほとんど副作用の影響が無い程度の少量のメジャートランキライザーで十分に落ち着いた日常をおくれたかもしれません。
このことは、長期間にわたる治療が必要な分野ですから、患者さんの人生を左右することであると言えるでしょう。

そしてさらに、多くの精神科、心療内科医に低血糖を始め多くの栄養障害が精神症状の原因となることが理解されるようになったら10歳代20歳代で薬漬けになることを避けることができるのです。
| 発達障害 | 20:49 | comments(2) | trackbacks(0) |


コメント
幻聴幻覚・ひきこもり・他者と遮断・自傷行為・物を破壊する
破滅願望。。。高校2年頃に症状が出て、統失と診断され、
薬の副作用に悩み、医師に伝えても聞く耳持たれずで、一生
薬を飲むように!と強く強要され、言われるがまま4年服用しました。

医師と疎通が合わなくなった為、セカンドオピニオンで
転院しました。そこでやっと、本当の原因の大人発達障害である事が解りました。

苦しい離脱症状と闘い抜き、薬を辞めるようになってから
初めて落ち着きが継続するようになりました。

大人発達障害がベースの統合失調症症状と、
脳の病気である統合失調症の双方の具体的な事柄がよくみてみれば、違う事等、双方比較をしてみて、
具体的に違う事を調べてみて、納得しました。

医師への指導。企業への認知指導足りません。
後、厚生労働省にも。
自立支援20000枠なくなるみたいですね。

もっと、個人の声を出していきましょう。

| 杏 | 2014/04/18 12:14 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/11/13 4:29 PM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
http://orthomolecule.jugem.jp/trackback/954
トラックバック