うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

新宿溝口クリニック

オーソモレキュラー栄養療法<br>導入医療機関一覧

医師・歯科医師向けセミナーのご案内

関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。

「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
携帯からアクセス
qrcode
<< うつ病と糖尿病と低血糖症 | トップページへ | 鉄欠乏・低血糖症 は、多くの不定愁訴の原因である >>
ADHDの子供の半数に食物アレルギーが関与
JUGEMテーマ:健康


興味深い論文の情報がありましたので、少し考察を交えながらお知らせしたいと思います。

これはLancetという医学系ではとても権威ある雑誌に掲載された論文です。
http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(10)62227-1/abstract

ADHDの約半数に食物アレルギーの関与が疑われ、除去食をすることで症状が改善した・・・というものです。
論文では、IgE型アレルギーとIgG型アレルギーとADHDの関係についても比較していますがIgE型アレルギーとADHDとの関連性は見いだされず、IgG型アレルギーが生じていた食材を除去することによって高い確率で症状の改善が得られたとしています。

日本ではIgG型の食物アレルギー検査が保険で行われていないため、多くの医師はその存在すら知らないかもしれません。保険診療でできる医療こそがエビデンスのある治療と勘違いされている方が多くいらっしゃいますので。。。

ホッファー先生はご自分の食事でも多くの食材を避けていました。それはアレルギーのためであると話さされていました。ときに普段避けている食材が入ったものを食べると、その後数時間体調を崩されベッドで横になっていることもありました。
マイケル・レッサー先生は、多くの精神症状に脳アレルギーが関与していると、彼の講演の中で話されていました。最初のレッサー先生の話を聞いたときには、脳アレルギーとはどんな病態なのか・・・なかなか理解することが出来ませんでした。

その後、IgG型の食物アレルギー検査が可能となり治療に応用するようになり徐々にその病態を理解することが可能となりました。
我々医師が理解しているアレルギーという病態は、どうしてもIgE型のアレルギーを想像してしまいます。一般の方々もそばアレルギーやたまごアレルギーなどが知られているので、アレルギーといえばIgE型の症状を想像されるでしょう。

IgG型アレルギーには典型的な症状というものはありません。
今回の論文のように子どもの行動異常や注意欠落などの症状に関係したり,攻撃性に関係したりします。
大人の場合には、抑うつ症状や疲労感などとも関係することが多くなります。
またアレルギーによって幻聴や幻覚が起こっていると判断できる患者様もいらっしゃいました。

ところがこのような事例があっても、現在の比較対照試験によって証拠を証明するという方法論では、どうしても明確な結果がでてこないでしょう。
今回の報告は、ADHDという病態にIgG型食物アレルギーが関係していることを、医療界で認められている方法論で証明したというところに意義があります。
そのことは非常に大きなことなのですが、アレルギーはもっと多くの症状と深く関係しているのです。

| 発達障害 | 01:01 | comments(3) | trackbacks(0) |


コメント
今回の「IgE型アレルギーとADHDとの関連性は見いだされず、IgG型アレルギーが生じていた食材を除去することによって高い確率で症状の改善が得られた」という内容は、とても興味深いものがあります。

わたしは先生の治療のお陰で、朝昼晩の食事の過食はほぼ出ないくらいに治まってきましたが、ナッツだけは、波があり、いまだに度々食べ過ぎることがあります。以前から密かに、私におけるIgG型アレルギーではないか?と感じておりました。

そんなナッツの過食をしてしまった翌日、毎月通う整体調整の先生にまったく別の問題(歯と歯茎の痛み)で相談すると、「どうやら腎臓からこの歯の痛みが来ている。『りんごジュース、にんじん、ピーナツ、ヨーグルト、VC,チーズ、油脂、酢、唐辛子、コショウ、脳外薬、にんにく、アリナミン、リポビタンD』この中に何か思い当たるものはある?」と、聞かれドキっとしました。

ピーナツ。まさに、前日の晩(実際にはその数日前から繰り返し)、一気に100-150gくらい過食していたのです。

そして、そのように一気に過食した後は必ず、おしっこが白く濁ります。わたしはそのおしっこが出ると「あ〜、また食べすぎちゃった…」と、ひとつの目安にしていました。

そんな背景をまったく話してなかったのに、歯の痛み→腎→ピーナツと紐解けていって、確かにわたしがピーナツを過食してしまうときは、
・イライラ
・不安
・恐怖
・できていないことへの自己否定
がという感情がセットになっているのです。

(これは、わたしのケースで、ナッツを食べたら腎臓に影響がでるというお話ではないので、皆様はご心配なさらないでくださいね)

わたしの場合は、ナッツの中でもピーナツが一番この傾向にあります。普段もアーモンド、クルミ、カシューナッツを捕食としていますが、この3つにおいては、現在は上記のような反応は出なくなりました(かつては、どのナッツでもありました)

溝口先生の「脳から『うつ』が消える食事」によれば、IgGアレルギは、

『原因物質がわかれば、ある期間摂取しないでいると治ってしまう。しばらくして、再び原因となる食べ物を食べても、もうアレルギ反応は出なくなることが多い』P.125参照)とあります。


わたしは、このアレルギの検査をしたわけではないので、自分の体の感覚だけで書かせていただくと、

・アーモンド、クルミ、カシューナッツ→もう反応しない
・ピーナツ→まだ反応する

といった、体感があります。


この整体でのエピソードと、今日の溝口先生のブログから、わたしにおけるピーナツはまた、危険度があるということを、たったこの1週間の間で、体験させて頂いてます。これはもしや『ピーナツは、しばらくお預けですよ^^!!』とメッセージを頂いているのかもしれませんね。
| kiseki | 2011/02/23 9:54 AM |
IgG型アレルギーは気になって検査キットで検査してみたことがあります。

高レベルが、卵、大豆(他豆類)、小麦蛋白、乳製品となって、高タンパクな食事法には厳しい結果でした。魚、肉しか食べられないことになります。

そういう場合、どうすればいいのでしょうね。
そんなお話も記事にしていただけたら嬉しいです。
| lulu | 2011/02/23 10:19 AM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/02/26 7:50 AM |
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック