うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

新宿溝口クリニック

オーソモレキュラー栄養療法<br>導入医療機関一覧

医師・歯科医師向けセミナーのご案内

関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。

「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
携帯からアクセス
qrcode
<< 就職、おめでとう! | トップページへ | 子どもの『心の病』を知る >>
”突き詰めてしまう”という特徴
JUGEMテーマ:健康


※注意: 今日のブログの内容にある減薬などは、必ず主治医の指導のもとで行なってください。     

精神科専門医にも、うつ病と統合失調症には明確な境界はなく連続した病態である・・・ということをお話されている方もいらっしゃいます。

オーソモレキュラー療法で患者さんを診ていると、それこそうつ病も統合失調症も明確な区別はありません。
複雑に関係している栄養障害のパターンは、この二つの診断を受ける患者さんたちには共通しているものが多くあります。

そのひとつが血糖調節の障害であり、もうひとつがナイアシンを含めたビタミンB群の不足です。
そして、多くの患者さんに共通する特徴に、何事にたいしても”突き詰めてしまう”というものがあります。

外来でこの治療に取り組んでくれている、20歳代の男性の患者さんが居ます。
統合失調症の診断で、長年にわたり投薬治療を行なわれていました。
糖質制限と、栄養素の補充を行い病態の改善にともない投薬のコントロールを行なってきています。

先日の外来でも調子が良く、投薬の調整を行ないました。

○1ヶ月間で、1錠3mgのエビリファイを10回服用してください

このような飲み方です。
この1ヶ月間の服用量を1日で服用している患者さんもいらっしゃいます。
通常のエビリファイの使用量を考えると、専門の先生には信じられないほどの少量の投与量になります。
この患者さんには、今後も検査データと症状の変化をみながらさらに減薬を進めていきますが、この量まで少なくなると1回の減薬量は、それまで服用したいた量の10%以内に調整します。

この患者さんにも減薬の許可を出すことができるようになったのは、先ほどお伝えした”突き詰める”感がなくなってきているからです。

今、この患者さんは自分の経験も生かしたいために精神保健福祉士の資格をとるための勉強をしています。
幻聴、幻覚、妄想などの症状に苦しまれてきたことと、それらの辛い症状から開放され自分の将来を冷静に判断することができていることがうれしいのでしょう。
さらに、このところ”突き詰める”感がなくなり、自分のペースを乱すことなく日常生活を送ることができています。

※注意: 今日のブログの内容にある減薬などは、必ず主治医の指導のもとで行なってください。 

”突き詰める”感が残っているときに、患者さんの希望に合わせて減薬をしていくと、多くの場合にはうまくいきません。あってはいけない話なのですが、何度も患者さんへ辛い思いをさせ自分も強く反省することがありました。

本日、この春に資格試験を受け春から就職が決まっている別の患者さんからメールをもらいました。
この内容に”突き詰める”感がなくなった自分の感覚がとてもよく表現されています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

栄養療法を始める以前は、何か疑問に思うと
エンドレスで答えが見つかるまで
頭が突っ走って考え続けていたのを
(明らかに栄養素不足でした・・)

自分で
程よく脳みそをコントロールでき
メリハリをもって考えられるようになったことと


前から前向きな性格で
大学の教授からも
「時に前向きすぎる姿勢が自分を苦しめるようだ」
とのコメントもいただいておりましたが

それが
無理なく
本当に楽しみながら
前向きでいられること

そして
何かあっても
立ち直りのスピードが断然早くなったこと


人生の積み重ねもあるかもしれませんが


人生そのものが
明るく楽しくなっていること
が挙げられると思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

前向きさに、深刻さが無いですね。
春から社会人、これから辛いことも多くあるでしょうが、軽さのある前向き姿勢で乗り切ってください。

本日は、同級生とは一緒の日に卒業はできなかったけど、補習を受けてレポートを出して数日遅れで卒業することができました〜〜という高3の女の子も来てくれました。
その患者さんも、ジェイゾロフトを減薬中です。
薬では、なにも改善しなかったのです。
家族は、最初から栄養療法をしていればこんなことにならなかった・・・とお話されていましたが、結果としてOKです。
この先、きっと食べ物によって起こる様々なトラブルを回避するすべを高校3年生で知ることができたのですから。
| ひとりごと | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |


コメント
コメントする
※ 投稿コメントは基本的にブログ内にて公開されます。非公開を希望される場合には、本文にその旨をご記載ください。個人情報(本名・メールアドレス)などの記載がある場合は、コメントの内容に関わらず非公開となります。
投稿者様側での編集・削除は行えませんのでご注意ください。削除依頼をいただいてもすぐにご対応できない場合があります。
また、個人的な症状の判断やお薬などの処方についてはお答えできません。
詳しくは、2013.1.23の記事をご覧ください。





この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック