うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
花粉症は1週間で治る!10刷りになりました。

今年も花粉が猛威を振るっていますね。

クリニックにも花粉症で悩む沢山の患者さんが来院されています。

   

時期的なものでしょうか、花粉症の本がこの2ヶ月あまりで、重版を重ねて一気に10刷りまでいきました。8刷りから、出版社の方で帯も新たに変えてくださったようです。    

      

花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患で苦しい思いをされている方には是非この本をご一読頂いて、食事と栄養を見直してもらえたらと思います。

それでも良くならなければクリニックにご来院頂けたらと思います。

  

しつこいようですが、栄養状態の改善で花粉症は治ります!

  

https://www.amazon.co.jp/dp/4865811397/ref=cm_sw_r_li_dp_U_qQAGCbDF0BAPA



| 出版情報 | 08:34 | - | - |


4/7(日)医療セミナーに登壇します(参加募集要項)


4月7日、東京駅近郊にて『栄養の最適化による慢性疾患へのアプローチ〜最強の栄養療法オーソモレキュラーの臨床導入』にてオーソモレキュラー の基礎と応用編について、一気にまとめてお話しさせて頂くことになりました。

そして今回のセミナーは、ウェブ配信されるため遠方の方やお忙しい方にも参加いただけたらと思います。


午前・午後の合計4時間かけて、血液データの見方と不定愁訴へのアプローチ法や、個々の症状に対するオーソモレキュラー 的アプローチについてお話ししたいと思います。


内容的には医師向けセミナーですが、医師の先生方だけでなく、医療従事者、その他栄養と健康に関心のある皆さんもご参加できるようです。

   

また、質疑応答時間もあるとのことなので、オーソモレキュラー を実践するにあたり日頃の疑問を色々質問していただけたらと思います。


   

今回はインターネット配信もあるので、パソコンやスマホの先でライブ動画を見ている方々も意識しながら楽しんで話をしたいと思います。

  

ただ会場の席は限られてるそうですので、お早めにお申込み頂けたらと思います。

  

  

これからオーソモレキュラー を学びたい方はもちろんのこと、現在、オーソモレキュラー を学んでいらっしゃる方、実践されているにもご満足いただけるようなお話を出来たらと今から準備していくつもりです。


  

お申し込み先は、医療技術セミナースキルアップまでよろしくお願い致します。

  




| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 09:14 | - | - |


明日の朝、皆さんにお目にかかれるかも・・

JUGEMテーマ:健康


先週、TBS「ビビット」に、「新型栄養失調」というテーマで生出演してきました。その内容は、前回のブログをご覧ください。前回は、生放送の生出演だったので、事前のお知らせが出来なかったのですが、ご覧いただいた方がちらほら声をかけてくれました。ありがとうございます。

これもご縁でしょうか。映像で皆さんにお目にかかる機会が続いています。次は、明日。3月5日(火)同じくTBSの朝の情報番組「あさチャン」です。朝5時25分から8時までの早朝番組なので、これまた皆さん忙しい時間かと思いますが、7時20分頃から、よろしければチャンネルを合わせてみてください。映像でチラリと栄養の情報をお知らせできる、かもしれません!

http://www.tbs.co.jp/asachan/
| その他お知らせ | 19:31 | - | - |


TBS「ビビット」に生出演してきました

JUGEMテーマ:健康


以前から取材を重ねてくれていた「ビビット」さんに、今日生出演してきました。朝8時からの番組なので観た方は限られてたかなぁ〜。
ちなみに自分の出演は朝8時50分から約15分間でした。


今回は『新型栄養失調』という概念がテーマでした。
新型栄養失調は、病名でもなく、一般的に同意がある定義もありません。ですが、血清アルブミン値が基準値内であっても低値であることは一つの目安になります。つまり、タンパク質の不足状態が『新型栄養失調』の大きな側面であることは確かです。

取材では、クリニックを利用している患者さんが協力してくれました。このような時に協力してくれる患者さんがいることがとても嬉しいですし、感謝の気持ちでいっぱいです。顔を出さない出演にしても、貴重な時間を使って協力していただけるのです。

患者さんは取材時に、過去の辛かった症状についてインタビューを受けることになりました。
初診時の症状は、カルテを遡ってみるととても重症な症状ばかりでした。受診する診療科によっては、自律神経失調症とされるかうつ病とされるか・・。そんな症状でしたがコツコツと栄養療法を継続いただき、今では元気に仕事をこなしています。なんと先日聞いた話によると、フルマラソンに出場するほど体力もついているとのこと。そこまで改善しているのです。

今回も貴重な機会になりました。
テレビを通して、食事や栄養の重要性についてお伝えできたなら嬉しく思います。

PS:こちらは、事前収録の模様です

| その他お知らせ | 16:50 | - | - |


2月17日(日)はベーシックセミナーでした

JUGEMテーマ:健康



本日は、通い慣れたAP品川でベーシックセミナーでした。
このセミナーも何回やったことでしょう・・・2003年に新宿にオーソモレキュラー専門クリニックを立ち上げる前後から医師向けのセミナーを始めているので、我ながら良くやっているなぁ〜と思います。

それもこれも、新しく興味をもっていただき、セミナーへ足を運んでいただくドクターがいること。そして基本的に同じ内容であっても何回も参加してくれるドクターが大勢いること。さらに5年目に突入したONP講座の現役生や卒業生が、より深く勉強することを希望して参加してくれるようになっているからです。

今日のセミナーは医師、歯科医師、認定ONP、現役ONPのみなさん合わせて100名を超える参加者になりました。
貴重な日曜日に、心より感謝申し上げます。


同じテーマで同じ資料を使っても、毎回少し話す内容や強調することや、テキストに載っていない周辺の話題などを伝えることになるので、こちら側も始めてみないとどんなセミナーになるのか分かりません。

今回は、ベテランの先生方や認定ONPの方々も多かったので、Q&A方式も取り入れ参加いただいた皆さまに、考えて答えてもらう機会を多く作りながら話を進めていきました。

また、オーソモレキュラー療法の創始者の一人であるカナダのホッファー先生との思い出話や、高濃度ビタミンC点滴療法(IVC療法)のプロトコルを作り上げたリオルダン先生の講演の裏話なども交えることもできました。



ホッファー先生は、日本の医師が、カナダやアメリカの堅物医師と違って広い心をもってオーソモレキュラーを受け入れてくれることを望まれていました。

リオルダンが皮肉を込めて話をしていた、
「専門家は、その分野で自分の知らない新しいことを受け入れない」
という表現は、本日参加いただいたドクターにはあてはまりません。

さらにここ数年、まさにホッファー先生が期待した通り、多くのドクターがオーソモレキュラーを基礎にした様々な分野の栄養アプローチに取り組まれるようになり、心強い限りです。
ますます多くの医師から情報が提供され、食事の変更や栄養素を用いての病態改善、疾患の予防、より良い健康状態からアンチエイジングまで行われるようになるとよいですね。

以前から自分の中で意図していた、
”2020年にはこの治療法が日本の医療の常識になっている”
も現実味を帯びてきました。

現在受講されているONP,ONEの皆さんも、完了の4月に向けてのカウントダウンが始まりました。
今回は少し卒業試験を変えようと思っています。決して難しくするというのではなく、より臨床で応用するために有効になるような内容も盛り込みたいと思っています。
2020年の目標を達成するためには、ONP,ONEの皆さんの活躍と協力が不可欠です。頑張って下さいね。


| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 23:33 | - | - |


<< | 2/247PAGES | >>