うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

ご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

オーソモレキュラー療法
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
睡眠薬や抗不安薬が手放せない人へ

先週のブログでASTとALTの低値はビタミンB6の不足を意味するとお伝えしました。

  

今日はビタミンB6についてもう少し詳しく説明しようと思います。

  

神経伝達物質の合成過程には特有の酵素が関与しているのですが、それらの酵素のほとんどは、補酵素としてビタミンB群を必要としています。

特にナイアシンとビタミンB6は、GABA系、ノルアドレナリン系、セロトニン系のすべての経路で必要です。

   


   

つまりビタミンB6が不足すると

・L-グルタミン酸からGABA

・L-ドーパからドーパミン

・5-HTPからセロトニン


の3つの経路における反応が全て阻害されてしまいます。

  

つまりビタミンB6不足によりGABAが上手く作れないので、人は悪夢を見たり、赤ちゃんは夜泣きをしたり、精神症状を含んだ多彩な不定愁訴が起こってしまうのです。GABA合成はとくにビタミンB6への依存が強いことが知られているためGABA不足の症状が強く起ります。

   

  

デパス、ソラナックス、ワイパックスなどに代表される抗不安薬やレンドルミン、ハルシオン、サイレースなどの睡眠導入剤などがなかなか減薬出来ない人は、このように自分の身体でGABAが上手く作れないことが原因であることが多いのです。そのような場合には、ビタミンB6を十分に含んだビタミンB群を積極的に補充して、神経伝達物質のバランスを取りながら充分にGABAを作れるようにしてあげることが大切です。

  

  

空腸から吸収されたビタミンB6は門脈経由で肝臓へ流れ、肝細胞からアルブミン複合体または遊離ピリドキサルとして末梢へ行き、末梢ではALP(アルカリフォスファターゼ)の作用で組織に取り込まれ作用します。

  

ご存知の方も多いと思いますが、亜鉛欠乏時にはALPは低値になり、ビタミンB6の作用は減弱します。

つまりビタミンB6不足が疑われる人はビタミンB6を補うだけでなく、その作用をしっかり効果的に出すために亜鉛の不足も合わせて補うことが

大切になるのです。

そしてビタミンBは、互いに相互作用があり相補的に働くので常にコンプレックス(複合体)で摂取することが大切でしたね。

     

ここはオーソモレキュラー 療法が通常医療と非常に異なる点ですが、病態を改善させる上で『体内における栄養素の潜在性欠乏』への理解が必要になるのです。

| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 11:19 | - | - |


妊娠と栄養のセミナー

5月26(日)は終日、妊娠と栄養のセミナーでした。


以前は、不妊治療中に主治医に内緒で新宿溝口クリニックを受診され、栄養療法を併用しながら不妊治療をされる方が多くいらっしゃいました。

そして実際に、今までなかなか妊娠できなかった方が栄養療法の併用により妊娠することが多くありました。



そしてここ数年、不妊治療を専門にしている先生方がオーソモレキュラーの勉強会に参加してくれることが多くなり、オーソモレキュラー栄養療法を不妊治療に取り入れる施設が増えており、大変嬉しく思っています。

 

 その中でも、福岡の古賀文敏ウィメンズクリニックの古賀文敏先生、品川のはなおかIVFクリニック品川の花岡正智先生、木場公園クリニックの吉田淳先生は積極的にオーソモレキュラーを臨床に取り入れて下さっている先生方です。


 

今回のセミナーではこの3人の先生方にご登壇頂き、ご自身のクリニックにおいて不妊治療にオーソモレキュラーを取り入れた経緯や結果などについてお話しして頂きました。

  

 3名の先生方は、「ただ妊娠すればよい」ではなく、「いかに元気な赤ちゃんを授かり、お母さんが良い状態で妊娠・出産・子育てをすることが出来るか」を治療の目標にされていました。

そこはまさに栄養療法が最も得意とするところです。


   

自分は、これまでの新宿溝口クリニックでの経験から48歳で自然妊娠された患者さんや、43歳・48歳と二人のお子さんを40歳をすぎてから不妊治療と栄養療法の併用で授かり、元気に子育てされている患者さんの経過などを紹介し、妊娠のために特徴的な栄養アプローチについてお話ししました。


  

今回は各クリニックのスタッフの方たちや、認定ONPの方も多く参加され、そして講師の先生方の話がとても面白かったので非常に盛り上がったセミナーになりました。

   

  

晩婚・晩産化の影響で不妊治療をする方は

年々増えていますが、これからも沢山の方がオーソモレキュラー との併用で元気な赤ちゃんを授かることを自分も心から願っています。

   

| 不妊症 | 09:59 | - | - |


私たちのエネルギー源〜ATP産生とビタミンB群の関連性〜

三大栄養素と言えば、皆さんご存知の通り、『タンパク質、脂質、糖質』ですね。

   

  

ではなぜこの3つが三大栄養素と言われるのでしょうか?  

それはこの3つの栄養素からアセチルCoAが作られるからです。

   

  

人が生きていくために必要なATP(エネルギー)はアセチルCoAがTCAサイクルに入ることで作られます。

三大栄養素の中でこのアセチルCoAに最もショートカットで辿り着くのが脂質です。

この脂質(トリグリセリド)の脂肪酸がアセチルCoAに変換されるためにはビタミンB2が非常に重要です。

ここでビタミンB2が足りないと脂質の利用障害が起きてしまうのです。

  

   

そしてタンパク質はアミノ酸がアミノ基転移反応から作られたピルビン酸やケト酸に変換され、糖質や脂質の経路に取り込まれアセチルCoAとなります。糖質も脂質に比べると非常に遠回りにはなりますが解糖系を利用してアセチルCoAを作ります。

これらの過程で必要な補酵素はビタミンB6とビタミンB1です。

   

  

つまり食べたものをアセチルCoAに持っていくためにはビタミンB1、B2、B6が必須のビタミンになります。

   

  

エネルギーの元となるATPの産生で重要な指標となる血液検査項目が肝機能の指標と言われるALTとASTです。

ALTとASTはアミノ基転移反応を触媒する酵素です。


  

ALTはほとんど全ての臓器に分布していますが、ASTよりもかなり低濃度でありビタミンB6と結合していないALTはすぐに消失してしまいます。

ですのでビタミンB6が不足すると、ASTよりALTが先に低下しアミノ基転移反応がうまくいかなくなり、TCAサイクルを回すきっかけとなるアセチルCoAとオキサロ酢酸を作ることが出来なくなってしまい、一生懸命食事を摂ってもATPを産生できないのです。

つまりASTやALTが低い方は、食事をとっても元気がでないのです。

  

  

このようにTCAサイクルを回して、私たちが生きるために必要なエネルギーを産み出すにはあらゆるビタミンB群が必要になるので、ビタミンBは単体ではなく、複合体(コンプレックス)で摂る必要があります。

たまに厳格な糖質制限をして体調を崩してしまう方がいますが、それは脂質とタンパク質からTCAサイクルが回せないためにエネルギーダウンしてしまうことが多いのです。

  

  

そのような場合は解糖系もうまく利用する必要があるので、糖質制限をスタートする時はいきなり糖質をゼロにせず、少しずつ段階を踏んで減らしていくことをお勧めします。

   

  

※マンガでわかるオーソモレキュラー 好評発売中です。(5月17日発売)

『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ― はじめてのオーソモレキュラー栄養療法 』


https://www.amazon.co.jp/dp/4074316978/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_hVm1CbD7KEMDM

  

| オーソモレキュラー療法(栄養療法) | 08:18 | - | - |


オーソモレキュラー 漫画本ダ・ヴィンチニュースでご紹介頂きました

先日主婦の友社さんから発売したオーソモレキュラーの漫画本ですがダ・ヴィンチニュースで詳しくご紹介頂きました。


下のリンクから読めますのでどうぞご覧ください。


https://ddnavi.com/review/538490/a/ 

  

患者さんをはじめ、既に読んで下さった方達から沢山嬉しい感想を頂いています。

1人でも多くの方に読んで頂けると嬉しいです。

  

  
※マンガでわかるオーソモレキュラー 好評発売中です。(5月17日発売)

『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ― はじめてのオーソモレキュラー栄養療法 』


https://www.amazon.co.jp/dp/4074316978/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_hVm1CbD7KEMDM

  


 

| 出版情報 | 09:26 | - | - |


明日発売の初のオーソモレキュラー漫画本、目次とイラスト公開です!


5月17日、明日金曜日に発売になる

『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ― はじめてのオーソモレキュラー栄養療法 』ですが、先日の告知から沢山の方にご予約を頂いていると出版社の方からお伺いしました。

ご予約下さった皆さん、ありがとうございます!

   

  

さて今日は漫画の一部を雰囲気だけでもご紹介したいと思います。

    

   

  

漫画の中の溝口先生と先日お話ししたフクロウくん、主人公の愛ちゃんです(笑)

自分は眉毛がやはり濃く書かれていて、特徴掴んで描かれていると思うのですがどうでしょうか?

  

  

目次は以下になります。


パート1からパート5に別れていて

それぞれ漫画と解説から構成されており

とても分かりやすく、読みやすくまとまっています。



  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

【目次】


パート1 

このだるさ、疲れの原因は? 

オーソモレキュラーを知ろう! 


パート2 

「栄養バランス」の常識を変えよう! 

では、何を食べればいいの? 


パート3 

パパの花粉症も子どものアトピーも改善した! 

そのわけは? 


パート4 

子どもの「困った! 」行動も食べ物で変わるって本当? 


パート5 

妊娠のカギは年齢よりも栄養! 

2人目不妊の克服法とは?? 


大柳珠美さんのお肉レシピも紹介。 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

  

いよいよ明日金曜発売です。


ご一読くださった方、ぜひ感想をレビューなどで聴かせて頂けると嬉しいです!

  

Amazonの予約はこちらからどうぞ。


『まんがでわかる 子育て・仕事・人間関係 ツライときは食事を変えよう ― はじめてのオーソモレキュラー栄養療法 』


https://www.amazon.co.jp/dp/4074316978/ref=cm_sw_r_li_awdo_c_hVm1CbD7

| 出版情報 | 17:46 | - | - |


<< | 2/250PAGES | >>