うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際
医療法人回生會 新宿溝口クリニック 医師・歯科医師向けセミナーのご案内
うつ病、パニック障害、発達障害からがんの治療まで海外で広く実践されている「薬だけに頼らない」オーソモレキュラー療法を紹介します。投薬治療が中心のうつ病や統合失調症などに多くの実績があり発達障害にも応用されています。高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの治療に新しい可能性を提供します。

院長よりご挨拶
溝口 徹

溝口 徹(みぞぐち・とおる)
自分にとって必要な栄養素を知ること。そして、その栄養素を十分に摂取すること。正しく、十分な栄養素が、自分の心と身体を、より良い状態に改善させます。
精神疾患の診断を受け、多くの薬を用いて対症療法の治療をされている方が多すぎます。最適な代謝が、脳内の神経伝達物質の分泌を適正化します。その結果、薬が必要であった症状の多くが改善することを、分子栄養学的なアプローチでは多く経験します。
このブログでは、日々の診療で経験する多くの患者さんの経過や、その背景にある学術的な作用を、できるだけわかりやすく伝えてゆきます。本来の自分らしさ取り戻すために、少しでも役立てていただければ嬉しく思います。

詳しいプロフィール

おすすめ書籍
スーパードクターズ!  いま、糖質制限がすごい!  ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK)
スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ (ぴあMOOK) (JUGEMレビュー »)
宗田哲男 藤澤重樹 新井圭輔 今西康次 溝口徹 水野雅登 門脇晋 小幡宏一 長尾周格 三島学
クリニック関連ブログ紹介

がん治療 栄養療法で毎日を元気に、穏やかに生きる。
がん治療
「がん治療」のブログは本ブログ「うつ病からがんの治療までオーソモレキュラー療法(栄養療法)の実際」に統合しました。2012年末までの投稿は「がん治療」ブログでご覧いただけます。

健康と栄養
健康と栄養
22年の実績のある栄養療法カウンセラーが子供の健康と栄養を語ります。

オーソモレキュラー療法
糖質制限のセレクトショップ
リエンゲージメント
携帯からアクセス
qrcode
鉄の代謝とフェリチンについて

JUGEMテーマ:健康




少し前にフェイスブックに寄稿した鉄の代謝とフェリチンの記事が好評だったと聞いています。このブログでも同じでよいのでアップして欲しいと言われたので、フェイスブックで既にお読みの方も多いと思いますがアップさせてもらいます。長文になるので何回かに分けてアップしますね。

ことの始まりは先日発売されたムック本『糖質制限がすごい!ケトン体生活のススメ』の出版を企画された方からフェリチンについて教えて欲しいといわれたことでした。
フェリチンについて説明する前に、鉄について説明しないとならないので退屈かもしれませんがお付き合いいただくことになります。

自分が実践しているオーソモレキュラー療法では、それぞれの栄養素を必要な組織や部位に必要十分に存在させることが基本になります。特に鉄は治療効果を上げるためにとても重要な栄養素になります。そして誤解されている代表的な分子なのです。
人の身体が最適に機能するためには十分な鉄は必須の栄養素です。でもこれは人間だけでなく、実は地球上のほとんどの生き物にとっても同様のことでした。自分がこの治療に出会って鉄を詳しく調べてみると、本当に知りたい情報は医学の教科書にはありませんでした。本当に欲しい情報は、農芸化学の書物に書かれていました。
良い野菜を作ったり、木々をたくましく育てるためには鉄が必要なのです。ところが、鉄が豊富な土壌であれば良いのかというと、そうではないのです。土に鉄が含まれていることは必要条件なのですが、その土にいる細菌などの微生物のバランスが大切だというのでした。
さらに調べてみると、植物を含めて地球上のほとんどの生き物には鉄が必須元素であり、そして生き物は生存のために鉄の奪い合いをしていることを知りました。このことは土壌で繰り広げられる微生物と植物の関係だけでなく、人間と人の常在菌でも同じであることを知りました。その延長にフェリチンが存在するのです。
| 栄養療法(オーソモレキュラー療法) | 09:00 | - | - |


『治す食事 患う食事』 の紹介

JUGEMテーマ:健康



ゴールデンウィークも終盤、みなさまはいかがお過ごしですか?
前半はカナダ出張でしたが、後半はとても過ごしやすい天気の日本で過ごせました。
5月2日、クリニックに本が届いていました。

『食材別・症状別の大事典 治す食事 患う食事』 (医道の日本社

英文のタイトルが 
“Foods that Harm Foods that Heal”

この原著は、アメリカのReader's digest編集部から出版され全世界で700万部以上のベストセラーです。
世界的なベストセラーといっても120の食材に関する情報と、87の病気に対する栄養的な知見を記した食材と健康にかんする百科事典のようなもので、和訳されたもので381ページにもなる分厚い本です。
この本の監訳を頼まれ、かなり長期間にわたって編集担当の方とやり取りをしました。
たとえば、脂肪酸と脂肪の違いとか、炭水化物と糖質の違いとか・・・原著の英語表現の区別が不明確であったりして難渋しました。
380ページの著書なので、和訳されたものをチェックするだけでも大変な作業。栄養の知識をもった知り合いにも助けてもらいながらどうにか完成させることができました。
実際に出来上がった本を手に取ってみると感慨もひとしお。

内容については当然ですが原著に忠実にしているため、自分が主張している糖質制限やケトン体の有効性などについては触れていませんし、それとは異なる記載もあります。それでも「うつ病=Depression」の部分では、糖質制限が推奨され気分の“ハイとロー”やイライラとの関係なども記されています。
この本は、ちょっとした不調のときにどのように食事に気を付けたらよいのか調べたり、ブームのように垂れ流される栄養の情報を選択するときに、エビデンスに基づいたスタンダードを知るという使い方をするのには適したものと思います。一家に一冊ですね。

今日は連休に挟まれた土曜日です。
お子様や遠方から来院される患者さんが多いと思います。
診察時間が短くなってしまうかもしれませんが、満足していただけるように頑張ります!
| その他お知らせ | 09:00 | - | - |


オーソモレキュラー学会(ISOM)報告です

JUGEMテーマ:健康



久しぶりのブログ更新です。
いまは、カナダのトロントからの帰りの飛行機で書いています。
今回は、46回目のオーソモレキュラーの国際学会でスピーチをしてきました。50分間の持ち時間で英語のスピーチなのでとても緊張したのですが、まあどうにか終えることが出来ました。

自分はエブラム・ホッファー先生のメモリアルセクションでのスピーチを依頼されました。ホッファー先生は、オーソモレキュラー療法の創始者のひとりで2009年にお亡くなりになるまで、この分野のリーダーとして多くの情報を発信してくれていました。自分は幸いにも直接ホッファー先生にお会いし、メールなども介して直接指導してもらうことができたので、今回のスピーチはとても光栄な機会でした。
スピーチの資料をつくるために、過去のメールを読み返したりツーショットの写真を整理したりすることで、ホッファー先生からの熱い熱いメッセージを強く感じました。

学会開催中の夕食では、レセプションにも参加しました。幸いにもホッファー先生の息子さんである、ジョン・ホッファー先生のとなりに座り、お父さんであるエブラム・ホッファー先生の思い出話をすることもできました。ジョン・ホッファー先生は、今回の学会ではトップバッターとしてビタミンCの臨床応用について、とても興味深い話をされていました。
新宿のクリニックでは、うつ症状や統合失調症の患者さんの症状が急性に増悪するときに、高濃度ビタミンCの点滴療法をすることが多く、その作用機序として今回のホッファー先生の講演がヒントになったことを伝えました。とても興味を持ってくれ有意義なディスカッションができたのですが、最後に言われたことは英語で論文にして発表しなさい・・・でした。これはお父様のエブラム・ホッファー先生にも何回も言われたことです。
英語で医学論文として発表することで、それを読んだ医師が患者さんの治療に応用する。そうすることで、薬物療法でしか対応できず、しかも辛い症状が継続している患者さんの改善の可能性を提供するからだ・・・と、力強く主張されていました。

50分間のスピーチを終えると多くのドクターから、握手とともに良い講演であったと言われたのですが、英語での出版物はあるのか?と聞かれました。有名なボードメンバーの先生からは教科書を作ったほうが良いとアドバイスされました。
さてどうしたものでしょう・・

時差ボケで眠れない帰りの飛行機は、仕事がはかどりました。昨日までの締め切りだった本のゲラのチェックも終わり、このブログに取りかかることが出来ました。
月曜の夕方に帰国で翌日から仕事ですが、その後少しGWで休めそうです。
5月も6月も大きなセミナーが準備されています。多くのドクターや一般の方々に、この治療とその効果のすばらしさを伝えることの大切さを再確認したカナダの学会でした。
| 栄養療法(オーソモレキュラー療法) | 06:00 | - | - |


出版のお知らせ3件です
低血糖症を中心に正面から取り上げた本が出版されました。

糖尿病ではなくても食後の血糖が上昇することで、将来的な脳梗塞や心筋梗塞などおおくのリスクが上がることが注目されていますが、食後高血糖のあとに反応性に血糖が低下することはあまり知られていません。

その反応性に血糖が急激に減少することのほうが、今現在のさまざまな精神症状を含めた不定愁訴の原因になっています。
今回の本では、実際の患者さんの経過を多く紹介し、さらに実際に取材に応じてくれた患者さんの談話も紹介されているので、これまでと違った印象の本になったと思います。

◎疲労も肥満も「隠れ低血糖」が原因だった!
 「肉からたべる」と超健康になる
 マキノ出版

http://www.shinjuku-clinic.jp/book/1322.html

そして京都にある あいこ皮膚科クリニックの柴亜伊子先生からご著書をいただきました。
タイトルが

◎きれいな肌をつくるなら赤いお肉をたべなさい。
 青春出版
 発売日:4月5日

http://www.seishun.co.jp/book/18729/

これまたお肉をたべろという内容です。
あいこ先生は、みずから栄養療法を実践しています。そして多くの患者さんの皮膚を含めたトータルな美を目指して食事とサプリさらにレーザーやスキンケアなどを駆使されています。

本ではスキンケアについても、さすが美容皮膚科の専門の先生と感じる内容です。
栄養とお肌に興味がある女性には必読です。


そして最後の紹介するのが、これです。

◎スーパードクターズ! いま、糖質制限がすごい! ケトン体生活のススメ

体裁:A4オールカラー80P
本体:880円
発行:ぴあ株式会社
発売日:4月3日

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4835632729/exiles-22

各分野専門の医師と歯科医師のグループがフェイスブック上にあります。
その中に、自分も参加させていただいています。
共通する概念は、糖質制限による各専門分野における効果です。
内容豊富なカラーのムック本で、なんと880円・・・自分の本より安い!!

糖質制限の第一人者の江部先生からも素晴らしい文章をいただいているものです。
ただ単純なダイエットのための糖質制限ではなく、皮膚科・眼科・産婦人科・歯科・内科・・・各専門のドクターが自分の分野で糖質制限の有効性について述べています。
それってとても画期的なことです。

今日紹介した3冊の本、ぜひともお読みください。


JUGEMテーマ:健康



| ひとりごと | 10:00 | - | - |


今年の春も
3月になり冷たい風にも春の訪れを感じるようになってきました。この季節は卒業や入学など、子供たちにとって少し特別な時期になります。発達障害などと診断されたお子さんの親御さんにとっても、この季節は特別なものかもしれません。

毎年のようにこのブログでも、嬉しいお知らせをしていますが今年も同様でした。そんなお子さまの変化について紹介させていただきます。

7歳の男の子。2歳前に自閉症と診断され療育を受けていました。2年前に初めてクリニックを受診してくれてから栄養療法を継続してくれています。偏食やこだわりなどが徐々に改善し療育でも同世代の友達と徐々に関係も作れるようになってきていました。昨年から少しサプリメントの組み合わせを変更したところ言葉の面での発達が顕著になりました。2月にお母さまが検査結果を聞きに来てくれたときには、知的障害の診断から外れ証明書を返上したことを報告してくれました。タクシー代などの公的補助が受けられなくなったけど、証明書の返上は栄養療法を始めたときからの目標だったことをお話ししてくれました。
お子さんの改善もとてもうれしいことですが、同じ子供を持つ親としてお母様の報告やうれしそうな表情に感動してしまいました。


JUGEMテーマ:健康



| 発達障害 | 10:00 | - | - |


<< | 2/244PAGES | >>